デモナータ 7幕 死の影

  • 307人登録
  • 3.92評価
    • (35)
    • (34)
    • (40)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
制作 : 田口 智子  橋本 恵 
  • 小学館 (2008年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903272

デモナータ 7幕 死の影の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2.6

  • 後半部分の戦闘が悲劇としか言いようがない。失うものはあれど、得られるものはあったのか…。主人公ベックの勇敢な姿が救いどころ。

  • ベラナバスらとともにデモナータへ向かったグラブズ。
    この7巻では屋敷に残ったベックとダービッシュのお話。
    ビルEを失くしたダービッシュは、ベックがビルEの記憶を持っていることを知ってからは、彼女を見るのではなく、その中にいるベビルEの話ばかりを聞いていた。それがベックを悲しませているとも知らず。
    そして、ベラナバスの生い立ちが語られている。

    この巻では戦いの場面が多い。でも読んでいて飽きることがない。
    悪魔との戦いなので、描写がとても気持ちが悪いから、場面を想像とかしたくないんですが、
    作者の表現力の力か、すいすい浮かんでくる。
    え、どうなるの?っていうところで終わっている。続きが気になる

    この「デモナータ」シリーズには、チラシみたいなのがついてるんです。読者からのお便りみたいな。それに、ダレン・シャン氏の新作の予告が!
    大人向けの小説で、「大人の貴方だけに読んでほしい」だってさ。読む読む!!
    でも、このデモナータだって、読者は10代が多いようですが、えげつない内容ですよ・・・・

  • 落ち着いた日々も束の間。
    また、恐ろしい戦いの日々が始まります。

    シャドウとの直接対決が…!!!

  • 「シャドー」って一体何者なの!!?


    まさかの、死、そのもの!!!!!


    続きが気になる・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • あー そういやベラナバスって… ってレビュー書く前に思い出した。ベラナバス面白い。復習にベックを読むといいかも。
    ここから微妙になってくると思うんだよなあ。デモナータって。

    これはベラナバスのためにベックと盗人を読もう。

  • フラァァァァン!!!!

  • ベラナバスの生い立ちが語られる。そしてベックの新しい力により、強大な敵の正体が明らかに。

  • 敵の親玉にあたるシャドーが出てくる巻です。それまで手ごわい敵だと思っていたロード・ロスなんてそれほどでもないって思えるくらい強い敵・・・
    さて、この後どうなるのかなぁ、と思いながら読み終わりました。
    おもしろかったけど、ちょっと好みからはずれたので、星3つです。

  • 2010.3.5

全24件中 1 - 10件を表示

ダレン・シャンの作品

デモナータ 7幕 死の影を本棚に「読みたい」で登録しているひと

デモナータ 7幕 死の影を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デモナータ 7幕 死の影を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デモナータ 7幕 死の影を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする