ヴァイオレットがぼくに残してくれたもの (SUPER!YA)

  • 76人登録
  • 3.52評価
    • (5)
    • (15)
    • (8)
    • (2)
    • (3)
  • 21レビュー
制作 : 冨永 星 
  • 小学館 (2009年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092905085

ヴァイオレットがぼくに残してくれたもの (SUPER!YA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家族の問題が思ったほど解決せずに終わって逆に少し驚いた。
    リアルと言えばリアルだし、締め方も嫌いではないのだけど。
    崩れた話し言葉は、やっぱり違和感があるなー…。
    取り入れるのが悪いとは思わないけれど、書かれるとやはり全て話し言葉にはならないのでちぐはぐな印象が残る。

  • タクシーを一台頼もうと事務所にいったら、骨壺があるのに気がついた。話しかけられたような。それは70歳代のヴァイオレットという名前の見知らぬ女性のもの。
    パンジーばあちゃんにその話をすると、そのタクシー会社に電話して、骨壺を自分の妹のだと言ってもってきてもらった。

    青年ルーカスの日記のような感じで語られていて、家族のこと、そして失踪した父親のこと、意外な事実がからみあってくるが、おもしろくない。文体が、読んでて飽きてくる

  • 図書館で何度も借りた物。
    表紙に惹かれて、すぐに引き込まれました。
    ヴァイオレット、お母さん、お父さん、お姉ちゃんに弟。
    お父さんの同僚におばあたんおじいちゃん、そして彼女。
    登場人物みんな魅力的だし、主人公自体素敵。
    とにかく本屋さんで是非買いたいんだけどなかなか見つけられなくて残念。
    買ったら表紙がいつでも見られるようにディスプレイしたい。

  • ★★★★☆
    ボクが彼女と初めて出合ったのは、タクシーの待合室だった。
    彼女は四角い箱の中で何年も棚の上でポツンと座っていたんだ。
    ヴァイオレットは一体だれか?家族のヒミツも次第に明らかになっていく。。
    ユーモアのあるストーリー運びがテーマの重さを感じさせない。
    が、読んでて前後がつながらず??と何度か読み返した箇所が。翻訳の関係かな??
    (まっきー)

  • 読まなくても良かった。主人公が、何を考えてるのか、よく判らなかった。
    僕はとても怒っていた。... あ、うん。うんうん。そだね。ですよねぇ。
    翻訳家、金原瑞人って何者なのだろう。一廉の人なのか。帯に出過ぎ。

  • ルーカスとヴァイレオットとピートこの三人にどんな輪があるのか知りたくて後半は一気に読んでしまった!洋書のミステリーをあまり読まなかったせいか新鮮で面白かったです。ただ読んでなにか自分に残してくれたかといえば微妙なところだったなぁ…ルーカスくんの身の上話をずっと聞いていた感じです。少し彼とお別れするのが寂しいと物語が終わったと同時に思えた作品でした。

  • 思いがけないヴァイオレットの正体(というか形態?)に驚きました。主人公ルーカスの独白調がまどろっこしくもあって読みづらい気もしましたが、ヴァイオレットを追うことが行方不明の父に繋がっていくあたりは作者の巧みさを感じました。謎を追いかけ真相にたどりつき、神聖化していた父の幻から「ぼく」が解放されるまでがユーモラスに描かれています。じいちゃんばあちゃんとのやりとりがおかしかったです。

  • 主人公のタバコに対する認識を箇条書きにした部分があって、ちょっと我が身を振り返ってしまいました。
    でもマリファナは吸うのな、ルーカス。うひ。

  • 児童向けなんだけど意外に伏線が利いてて、オチもすき。

  • お父さんの失踪の理由。
    誰かわからない人の骨壺を持って帰るなんてすごい。

全21件中 1 - 10件を表示

ジェニー・ヴァレンタインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
R・J・パラシオ
吉田 修一
米澤 穂信
三浦 しをん
三浦 しをん
辻村 深月
ジェラルディン ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴァイオレットがぼくに残してくれたもの (SUPER!YA)に関連する談話室の質問

ヴァイオレットがぼくに残してくれたもの (SUPER!YA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヴァイオレットがぼくに残してくれたもの (SUPER!YA)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヴァイオレットがぼくに残してくれたもの (SUPER!YA)の作品紹介

ある日、ぐうぜん出会った見知らぬ人の骨つぼが、ぼくを目覚めさせてくれたんだ。失踪した父親をめぐる秘密を探っているうちに、思いもよらない結末が…。ユーモアたっぷりのミステリー小説。

ツイートする