バリスタ少女の恋占い (SUPER!YA)

  • 41人登録
  • 3.59評価
    • (2)
    • (11)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : Kristina Springer  代田 亜香子 
  • 小学館 (2010年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092905696

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
メグ キャボット
有川 浩
ジョーン・バウア...
上橋 菜穂子
夏川 草介
有川 浩
柚木 麻子
ゲイル・フォアマ...
有効な右矢印 無効な右矢印

バリスタ少女の恋占い (SUPER!YA)の感想・レビュー・書評

  • めっちゃ面白かった!
    これがきっかけで、外国の本も読むようになった

  • 好みのコーヒーの種類からその人の性格を分析して、ぴったりの相性の人を紹介する。なんか可愛くてテンポもよくて楽しめました。
    お話はクリスマスまでだけど、バレンタイン前やしこういうのもいいね。

  • ★★☆☆☆
    注文するコ-ヒーの種類によって(スタバを思い浮かべてくだせ)その人に相性ぴったりの相手を見つけることができる!
    女の子の思いつきから始まったこの企画、思いがけず大好評。
    自分の恋もうまくいくかな?
    →なんか日本人感覚からしたら、主人公の女の子がフリーダムにも程があるとツッコミたく^^;
    アメリカのYA女子向けのイケメン男の子って、みんな同じに見える(笑)
    (マッキー)

  • 『The Espressologist』。
    タイトルと表紙通り、コーヒーショップが舞台のYA(ヤングアダルト)小説。

    シカゴのコーヒーチェーン店でバリスタとして働く高校生のジェーンが趣味としてノートにメモしていた「飲み物のオーダーに見る客の性格分析(エスプレッソロジー)」から、常連客に恋のお相手を紹介してみたら、これが大成功! 店はもちろん、町中のうわさを集めて、ついには人気番組が取材にくるほどの大フィーバーに!

    といった話の本。(あらすじは、翻訳版のあらすじから。)

    表紙に惹かれて、そしてあらすじに惹かれて読み始めた本なんだけど、舞台がコーヒーショップでコーヒーが沢山登場するっていうから、これはスタバで飲み物頼んでのんびり読書したいじゃないか!
    と思ったので、それを実行しながら読んでた本でした。

    舞台はシカゴのまさにスタバにそっくりなコーヒーショップ(後に著者がスタバで執筆してたのが判明。笑)
    珍しくYAなのに学校は少しは出て来るものの学校内でドラマが発展するようなことはなく、ほぼコーヒショップが中心になっているお話。
    そして話の時期は11月中旬頃のThanks Giving day(感謝祭)からクリスマス頃までの間。
    まさに今です。
    今日(23日)がまさに感謝祭ですから。
    そして、話に登場するのは冬のメニューがずらり。
    これでもかっていうくらい同じ時期にスタバで読んでたら、結果的に気付けば飲んでたメニューが本に登場するっていうシンクロ率が凄い展開にビックリ。

    さて、本の感想はというと、
    『小説向きではなく、映画向きの本』
    っていう感想だったわ。

    元々薄い本だったから、そこまで期待はしてなかったんだけど、期待と予想を上回ることが一度も無いままハッピーエンドで終了!
    アタシの期待が大き過ぎたのでは?って思うかもしれないけど、いやいや、そういうわけでもなく。
    限られたページ数で難しかったんだろうけれど、人物の背景とドラマに深みが無い本の厚さと同じちょっと薄っぺらな印象の本だったかな話の内容の印象はといえば。
    しかしながら、文字からコーヒーの香りがにじみ出て来そうな気がするほど雰囲気がいい小説で、読みながら絶対にコーヒーが飲みたくなるというほど、全然面白く無い悪い本っていうわけじゃなかった。
    そうかぁ、そこまでの面白い展開は望めないのかぁと思ったアナタ。
    望めないんだけど(そこは否定しない。苦笑)、視点を変えればなかなかな小説。
    よくあるラヴコメ映画といえば、ベタな設定に先が読める展開なんだけどファッションがよかったとかベタだからこそとかで面白かったってそれなりにヒットするもの。そんあラヴコメ映画のノリがそのものな小説だったから、アイディアは読もうって思うほど惹かれるものがあるからもうすこし主人公や周りのキャラクターを掘り下げてこれを映画化したら面白いはず!!って読み終わった後に思ったわ。
    内容がコーヒーショップ内での話の展開が多いから、学生じゃなく大人の設定にだってできる話だったし、できることなら映画化して見てみたいんだけど。
    だから、小説を読んでるというより、あたかもティーンズのラヴコメ映画を見てるって思いながら読めば面白い小説かもしれない。
    もちろん、側にコーヒーを置いて。

    そんな1冊でした。

    まーさーに。
    本の中の時期は今。
    そして、翻訳版ではメニューがどう表記してるのかわからないんだけど(読んでないから)同じメニューがスタバの冬期限定であったりするので、『今』スタバで読んでみて、ってオススメしたい一冊です。
    翻訳版は『バリスタ少女の恋占い』というタイトルで出版されてます。

  • バリスタというのがおしゃれで新しいし、参考になるYAだった。

  • とっても乙女チックラブストーリー。たまには、こんなにピュアに感動するのもいいかも。コーヒーが飲みたくなります。

  • すらすら読めて面白かった。
    でも、なんか普通っていうか
    簡単すぎない?って感じだった。

  • コーヒーショップで働くジェーンは、お客さんの頼んだドリンクの種類とその人の性格をノートにチェックしていた。
    次第にドリンク種類によって、性格がわかるようになり、ドリンクの組み合わせで相性がわかるように。
    そこで、この知識を活かし、友だちをカップルにさせていったら、店長に伝わり、それをお店のイベントにし、売り上げを増やす作戦に。
    ジェーンは次々とカップルを誕生させ、あとは自分の番。
    そんなとき、テレビの取材がきて、事態は思わぬことに…。

    海外ドラマ(恋愛もの)が好きな生徒が好みそう。

  • コーヒー店で働くジェーンは18歳。お客のオーダーと性格の関係を観察して記録するのが趣味。それを使ってお客同士をカップリングしたら大成功!お店のキャンペーンとして宣伝することになって大騒動に。
    素直で可愛いラブストーリー。ドキドキするけど楽しい気分で読み終えることができる。ジャクリーン・ウィルソンより軽くてオシャレ。

全10件中 1 - 10件を表示

バリスタ少女の恋占い (SUPER!YA)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バリスタ少女の恋占い (SUPER!YA)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バリスタ少女の恋占い (SUPER!YA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バリスタ少女の恋占い (SUPER!YA)はこんな本です

ツイートする