オン・ザ・ライン (SUPER! YA)

  • 150人登録
  • 3.63評価
    • (10)
    • (28)
    • (23)
    • (6)
    • (0)
  • 39レビュー
著者 : 朽木祥
  • 小学館 (2011年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092905726

オン・ザ・ライン (SUPER! YA)の感想・レビュー・書評

  • 月を見上げたまま、俺に背中を見せたまま、じいさんは何か言い出した。
    最初のあたりはよく聞き取れなかった。
    「‥‥神さんはな、それほどきびしいもんじゃない。おまえのことなんか、とっくに赦してるさ」
    じいさんはしゃらっと言った。
    「人間はな、自分で自分を赦せなくて苦しむんだ。神さんが赦してくれても、人が赦してくれても、な」
    俺がここに来たいきさつも、俺が何を考えているかも、なんにも知らないはずなのだが、じいさんはいきなりポイントを突いてきた。(265p)
    「ビッグイシュー」のヤングアダルト文学紹介で知って読んだ。
    内容(「BOOK」データベースより)
    体育会系だが活字中毒の少年侃は、仲よくなった友だちに誘われてテニス部に入ることになった。テニス三昧の明るく脳天気な高校生活がいつまでも続くように思えたが…。少年たちのあつい友情、そして、明日への希望の物語。

    現代の青春小説だけど、何だか昭和の剣豪小説のように思えた。古臭い友情と成長を描いているけど、普遍性もある。島で認知症を患っている元知識人の「じいさん」が、まるで世捨て人の剣聖の様に描かれている。
    オールマッスル(全身筋肉系)のバリバリテニス小説であるのと、章ごとの扉に紹介される意味深な絵画の描写。体育会系と文化系の若者に「違う世界への扉」を用意しながら、すべてを見せない。終わり方も含めて、極めて典型的なYA(ヤングアダルト)文学でした。
    2016年11月20日読了

  • ちょっと仕掛けが甘い印象。
    せっかく意味深な感じで物語に挟み込まれた、「出て行った侃の父親の蔵書の並び順」、章の前に挟まれる試合シーンや絵葉書、そういったものたちが物語に占める意味など、もう少し効果的に使うか、いっそのこと無くても良かったのじゃないかと感じました。
    大人たちの良い言葉も、効果があまり感じられず…。
    お話のほうも、貴之からテニスを奪う必然性があまり感じられなかった事、ラストの試合描写が拙かった事、侃と貴之の再会の肩すかし感等々、終わりに向かうにつれて、盛り上がっていた興奮がしぼんでしまいました。
    やっぱり一番は、侃の成長を描くのに貴之の哀しい挫折が必要だったのか疑問に感じるところ。そこがモヤモヤの原因です。
    侃と貴之のキャラと関係性、1章の学生生活部分が楽しくて好きだっただけに残念でした。

  • 朽木さんって音楽や絵画にとてもくわしくて、それを読み手にわかるかという考慮はなく本の中で使うんですね。おもねることはないと思うのでそれはいいとも思うんだけれど、たとえば絵は入れることはできなかったのかなあ・・・
    話はなかなか良かったです。

  • 爽やかに、楽しく、切なく読めました。
    高校の雰囲気、よく描けていると思います。
    自分のなかの、何やら許せない部分に気づくのは、やっぱりこのころですよね。
    大人がそれほど大人でないことに気づくのもこのころです。
    ストーリーはあり得ないほど美しくて、誠実だけど、自分との、まわりの大人との折り合いには、リアリティーを感じた。

  • 図書館の児童文学のコーナーで見つけて、テニスの話だからふと手に取ってみた。読みだしたら止まらなくなる。
    最初は普通のテニスの青春ものと思ったんだけど、読み進めていくと、思いがけぬその後の転機があって、それを乗り越えていくという話。引き込まれました。そして読後感もとてもいい。読み終わって、あぁいい本を読んだ!と思えて。
    スポーツ青春ものなんだけど、主人公が筋肉ばかではなく実は活字中毒で文学的な側面も持ち合わせているところが、私としては入り込みやすい設定だった。
    いやー、良かった。高校生って大変だけど、いいな。

  • 青春小説なのですが、第一部と第二部では体裁を変えています。
    章の初めに一ページ、絵になるようなシーンを切り出している第一部と手紙の絵を解説している第二部の違いです。
    どちらも絵をイメージできると物語に広がりが出てくると思います。
    第二部の元の絵があるものは是非元の絵を参照してください。
    (版権などの理由で絵が付けられないのだと思いますが、知っているのと知らないのではイメージの広がりに差がつくと思うので、ちょっと残念。ネットで検索してください)
    p.306の田村一村氏の作品は「ユリと岩上のアカヒゲ」という名でヒットします。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    テニス少年の底抜けに明るく切ない青春物語

    ウルトラ体育会系だけれども活字中毒でもある文学少年、侃(カン)は、高校に入り、仲良くなった友だちに誘われて、テニス部に入ることになった。初めて手にするラケットだったが、あっという間にテニスの虜になり、仲間と一緒に熱中した。テニス三昧の明るく脳天気な高校生活がいつでも続くように思えたが……、ある日、取り返しのつかない事故が起きる。
    少年たちは、自己を見つめ、自分の生き方を模索し始める。
    「恐ろしいほどの感動が、俺を圧倒した。若く溌剌とした魂の輝きがもし目に見えるとすれば、朝の光の中できっと俺はそれを見たのだ。
    瞬くように過ぎ去るからこそ、二度と戻れないからこそ、このきらめくような瞬間はかけがえのない一瞬だった。」(本文から)
    少年たちのあつい友情と避けがたい人生の悲しみ。切ないほどにきらめく少年たちの日々の物語。

    【キーワード】
    単行本・テニス・青春・部活・高校生・恋・課題図書・スポーツ

  • 侃(かん)は友達の貴之に誘われて、高校でテニス部に入る。でもそこは2年生が人しかいない弱小テニス部。それでも、経験者の貴之、亮介とトレーニングを始める。
    ところがある日、侃が信号が変わったのに気づかず車にひかれそうになったところを貴之が助け、貴之が足を怪我して重症。テニスができなくなってしまう。
    貴之は誰にも何も言わずに、遠くの親戚の寺で療養をする。
    そして侃は責任を感じ、テニスをやめ、学校を休んで、父方の祖父のところへ。

    じいちゃんの言った言葉。
    「人間は、自分で自分が赦せなくて苦しむんだ。神さんが赦してくれても、人が赦してくれても、な」

  • 今風おしゃれな小説、という印象を受けた。
    章のはじめの文章がとくに。

    テニスについては、私はテニスマンガで得た知識くらいしか持っていなかったので、あまり理解できないところがあった。
    詳しく説明してくれるところと、そうでないところがあったので、テニス初心者はとくに?マークが灯ることだろう。

    メインは友情かな。
    恋については、それほど語っていなかったように思う。

    梓さんのイメージは長門。
    お気に入りキャラはカラス坊。
    島での暮らしの章が一番楽しかったかもしれない。

  • 2012年課題図書(高校生)です。

    朽木さんの青春小説ということで楽しみにしていました。

    テニスにも絵画にも詳しくないので分からない部分もけっこうありましたが、部活に燃える青春だったり、恋する気持ちは皆共通。

    物語を堪能できました。



    でも、ただ明るく爽やかで終わるのではなかった。

    第一部と第二部で劇的に雰囲気が変わります。

    ずっと続くと思われていた日々・・・

    でも、一瞬で取り返しのつかない出来事が起こってしまうというのは本当に残酷だと感じました。



    認知症が進んできている祖父の暮らす島にしばらく滞在することになった侃。

    祖父の言葉や島に住む子ども達に救われ、少しずつ回復していきます。



    >「人間は、自分で自分が赦せなくて苦しむんだ。神さんが赦してくれても、人が赦してくれても、な」



    若くして重いものを背負ってしまった侃ですが、葛藤しながらも最後には未来へ向かって生きていこうとする姿に打たれました。

    そして貴之もずっと強くてかっこよくて(きっと自分の中で悩み苦しんだ末に解決したんだろうけど)輝いていました。

    色々なことを乗り越えて侃達はきっと素敵な大人になっていくんでしょうね。

    物語のページは終わっても、彼らの人生は続いていっていると自然と思える物語でした。



    また読書好きに共感できる文章にはにんまり。

    >ほんとうに不思議なことに、ある本を読みたいとずっと思っていると、本のほうから目に飛びこんでくることがある。

     ぶらっと入った古本屋や図書館で、その本の表紙だけが、ぼうっと光って浮いて見えるのだ。本のほうも読まれるのを待っているということなのだろうか。



    センダックの絵本や本の中で紹介されていた絵画など自分の目で見たいなと思いました。

  • 活字中毒でテニスバカになった高校男子。好きなパターンだなぁ島での話がいいかも…
    2013.1.15

  • 75点。途中までスポ根青春ものですっごくおもしろかったのに、切磋琢磨しあう親友を事故に遭わせた(作家が)のが、もう、すっっごく、蛇足というか、個人的にがっかりした。
    そんな死にオチや病気オチや事故オチで終わらせる必要がある物語ではないように思った。
    折角テニス好きにおすすめする児童書が増えたと喜んでいたのに、すすめるのにあたって注意が必要に。
    「風の靴」のスポーツ板的なものにしてほしかった。

  • 一気読み。久々。ちょっと安易に劇的過ぎる。気もする。
    島と祖父と子どもはずるいよなぁ。

  • 913.6 ク 登録番号9083
    2012年度読書感想文 推薦図書

  • テニスの話

    高校からテニスを始めたことや
    粘り強いテニスを目標とすることなど
    共感することが沢山あり
    試合中の心境や描写が細かく
    書かれていたので
    とても共感できる一冊でした!

    友達の不幸な交通事故により
    一時はテニスを含む全てを
    諦めかけた主人公ですが
    休養のために行った島での
    子供達との出会いや生活によって
    少しづつ立ち直って行き
    友達などの協力のもと
    もう一度コートに立てることになった
    ときの感じとか
    とても感動しました!!

    テニスをしているなら
    一度は読んだ方がいいと思える一冊です!
    なぜテニスを始めたのか
    考えさせられました。

  •  ウルトラ体育会系で、実は活字中毒の日高侃(かん)は、文学好きを隠すため、高校入学で知り合ったばかりのクラスメイト貴之に誘われるまま、硬式庭球部に入部することに。
     不純な動機で入部を決めたものの、初めてのテニスの練習は楽しく、ハードな練習にもかかわらず、侃はたちまち魅了されていく。しかも、女子にはジュニアから活躍し、将来を嘱望されている上にモデルなみの容姿で人気を集める永井小百合もいて、侃の高校生活はたちまち色鮮やかなものとなる。
     背が高く、日焼けした精悍な顔つきの貴之、うるさいがけっこうクレバーな亮介、小百合目当てなのに努力家の昴太郎(けんたろう)と朝から夕方まで練習に明け暮れる日々。インターハイ出場を目指し熱い日々が続くかと思われたが…

     文武両道を謳う高校で、インターハイ出場をめざし、汗を流す硬式庭球部の1年生日高侃の物語。前半は、仲間との練習や淡い恋、仲間とのバカ騒ぎなど、男子高生の健全な日常がほほえましく続くのですが、ある日を境に、世界が反転し、侃は重苦しい日々を過ごすことになります。
     誰かを大切に思ったり、惹かれたり、憧れたりすると、否応なしに自分のイヤな部分と向き合うようになるもの。自己嫌悪とコンプレックスと…。大人になれば、それすらもキラキラした大切なものだとわかるのですが…。
     この小説には、絵画や漢詩、詩集や画集など、様々な作品が紹介してあって興味をひかれます。長い夏休み、たまには親しい人に絵葉書を出してみるのもいいかも。

  • 短い後半が主で前半は前振り~侃は進学校である文武両道の元高に入った母子家庭出身の読書好きだ。活字中毒なのは知られたくなく,出席番号の前の大男・貴之に誘われて硬式庭球部に入部したが,貴之やさゆりと違い,全くの素人。トレーニングを重ねていく内に,のめり込んだが,貴之には到底及ばない。しかも貴之は絵を読む美少女・梓と付き合っている。秋,ぼやっと道を渡ろうとして目の前が暗転すると,大怪我を負っていたのは,侃を突き飛ばして救いトラックに轢かれた貴之がいた。足の切断は免れたが,歩くことはできないだろう。見舞いに行くと,お好み焼きが食いたいという貴之に要請され,帰ってくると既に転院していた。知り合いの寺で静養しているという。自分が許せない侃は学校を辞めると母に相談するが,休学して考えろと云われる。父に電話すると,瀬戸内の島の祖父の処で考えてはみてはどうかとの提案を受け入れる。年寄りと子どもしかいない島で,身寄りのいないカラス坊と知り合い,強く生きねばならないと考え,偶然会った同級生から聞いた梓が島を訪ねてきた。貴之は学校を変わり,東大を目指して猛勉強だという。会いたければ10月中に訪ねてこいと伝言が届き,島を出る。訪ねた先で貴之と取っ組み合いとなり,学校へ戻ると,辞めたつもりのテニスの団体戦のメンバーに入っているという。シングルスで最後に出場した侃の勝敗が次へ進めるかを決める試合となった~サービスサイドはデュー(ス)コート,反対側はアドコートって云うんだよね。木製のラケットを大事にしているというのだが,本当にテニスをやっていたのだろうか? 体育会系男子が裸族であったり,闇鍋やってたり,文化祭の最後の夜7時に花火を挙げたり,5年前まで男子校だったのに,女子テニス部のOGの正規職員がコーチについていたり,腑に落ちない部分が多過ぎて,違和感たっぷり。25年前の高校というなら解るけど,課題図書として選ぶ人も,いろいろなことを知らないといけないね

  • 大好きな朽木さんの作品。
    現在、息子がスポーツに打ち込んでいるせいか、そうだよ、これくらい好きになっていいんだよ!と納得する。
    ちょっとかっこよすぎる高校生たちに、ちょっと憧れる。
    例えば、あさのあつこさんの部活物も好きだけれど、1行で済むところを3行くらい使って形容するところに若干疲れるときもある。
    でも
    朽木さんのは、形容の空気感が好き。センダツクが出てくるところも好き。

  • 高校生の課題図書。子供のために借りてきたのを読了したというので借りてきて、一気に読了。面白かった。朽木さんというのも相当に活字中毒なんだろうな。「"読む"って、俺にとってはすごく個人的なことなのだ。だれかとシェアなんかできないよ。本について熱く語り合うなんて、とにかく、ひたすら恥ずかしい。」(p.9)

  • 2012読者感想文コンクール課題図書!(対象は高校生)。
    朽木さん出世なすったなあ。
    感想を書こうと思ったら、書けるほどには覚えていない。
    も一度読もう。高校生になった気分で夏休み中に。

  • 活字中毒の主人公の語りが、詩を読むように流れる作品。
    (あの時のリサーチはこの作品のためだったかと気付いた。役には立たなかったようだけれども(笑))

  • 今年度高校の部の課題図書。
    第2部各章冒頭の絵葉書の解説がよかった。どういう絵葉書を選んだかで人物の人柄が表されている。
    けれどこういう、突然悲劇に見舞われて、という設定の青春小説は読んでいて苦しい。こんなに重い話にしなくてもなあと思ってしまう。ので侃と貴之の感想はパス。
    後半、侃が広島の小さな島へ逃げて夏を過ごす。ここはよかった。特にカラス坊。侃よりカラス坊に感情移入してしまった。

全39件中 1 - 25件を表示

オン・ザ・ライン (SUPER! YA)に関連する談話室の質問

オン・ザ・ライン (SUPER! YA)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オン・ザ・ライン (SUPER! YA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オン・ザ・ライン (SUPER! YA)を本棚に「積読」で登録しているひと

オン・ザ・ライン (SUPER! YA)の作品紹介

体育会系だが活字中毒の少年侃は、仲よくなった友だちに誘われてテニス部に入ることになった。テニス三昧の明るく脳天気な高校生活がいつまでも続くように思えたが…。少年たちのあつい友情、そして、明日への希望の物語。

オン・ザ・ライン (SUPER! YA)の文庫

オン・ザ・ライン (SUPER! YA)のKindle版

ツイートする