伝説のエンドーくん

  • 201人登録
  • 3.91評価
    • (22)
    • (38)
    • (22)
    • (4)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : まはら三桃
  • 小学館 (2014年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092905795

伝説のエンドーくんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学校のあちこちに、こっそり落書きされているエンドーくん伝説。
    先生視点で話は進む。
    エンドーくん、いつ出てくるの…?と思っていたら、まさかの出っぱなしでしたか!!
    エンドーくん伝説がすべて知りたいと思ってしまった(笑)
    文句なしに面白かったです。

  • 今は割と落ち着いた中学校に伝わるエンドーくんのでんせつ。それは、学校の至るところに落書きとして残っている。その正体は…
    エンドーくんがなにかをしてくれるわけではない。
    でも、学校のそこここにかかれだらくがきは、それぞれ道に迷いそうな教師(結果的には生徒を)導いてくれる…まではいかないけど、道を示してくれる。

    親任の体育教師、転職を考える教師、目的を見失いそうな教師、自らの暗い衝動を恐れる教師など、教師の視点から、中学校の様子を描くのが新鮮でした。
    何かをスッキリ解決するわけではないけど、未消化と言う感じではなく、想像の余地を残したここちよさ。

    学校ものは、先生=無理解、無力みたいななかんじか、理解ある先生の語り、みたいなのが多いのですが、
    この作者さんらしく、肩に力のはいってない、だけどあたたかみのある描き方がよかった。

  • いつ読んだかよく覚えていないのですが……。
    教員の目線から、学校のあちこちにある落書き「エンドーくん」の伝説にまつわるエピソードが語られる話だったと思います。
    エンドーくんの正体がいったい誰なのか、実在する人物なのか、どきどきしながら読み進めた記憶があります。
    読後感もよかったような……。

    「もういちど読みたい!」と強く思ってはいないものの、悪い印象は残っていない作品です。

  • 市立緑山中学校の至る所に落書きされている「エンドーくん」という名前。「エンドーくんは、体育祭の星」「エンドーくんの愛はふめつ」「エンドーくんはお金よりつよし」「エンドーくんは変化をおそれない」「エンドーくんは、魔王にかつ」…
    伝説の「エンドーくん」とは一体何者なのか。…というのはわりとすぐにわかってしまうのだけど、しかしなかなか、うん。直球勝負で良いお話だった。

  • 市立緑山中学校の始業式、新任体育教師として着任した清水勇気は校歌の意味を勘違いした最初の挨拶から痛恨のミス。担任する教室の後ろの黒板には「おそうじくん」の書きこみとともに「エンドーくん、」と新たな書きこみが。緑山のエンドーくんは歴史が古く校内あちこちに落書きがあるというー◆エンドーくんが、すごい起爆剤になったのはわかった。でもなんで校内に次々落書きが増えるほどのカリスマになったんだろ(笑)エンドーを直接、どころか噂の出所知らない若い世代までもエンドーくんを無敵に祭り上げるのってちょっと悪のり(笑)

    でも、たまたま目にした落書きに自分のやり方を見直ししたり、将来や過去を考えてみたり、エンドーくんではない誰かの落書きがちょうど心に刺さったんでしょうね。「お金を稼ぐということをリアリティもって」教えた矢島先生、暴力の衝動も性の衝動も、「音楽も芸術もみんな向こう側から来る力」と聞いて芸術は人の心を救うと教えた北野先生。もとはエンドーくんだって受売りだけど人の心を救ったよね-

  • 教師が主人公の中学校の物語と言えば「金八先生」を思い出してしまう昭和世代の俺だが、本作も今時分の中学校を描きつつも、何故か昭和テイストがほのぼのと香る小説である。

    先生も人間であるからには、みんなそれぞれ個性があったり悩んだりしてるわけで、そういう大人の弱さで見る現代の中学校。生徒同様「伝説のエンドーくん」なる謎のヒーローという共通項がこの設定に生きてくる。

    半分ほど読めば、エンドー君の謎も解けていくわけだが、回答編とも言える章とその後の章のノスタルジックさがすごくいい。設定はやや捻ってたけど、結構直球でズバンと来たなぁ…。

    ひねくれず、素直に読めば力強く応えてくれる、そんな小説です。

  • ひこさんのお勧め

  • 学校のそこかしこに残るエンドーくんの落書きにちなんでエピソードは続く。
    学校の先生ってほんと大変なんだよ、子どものためにこんなに考えてくれる人ありがたい。子どもの頃は何かしてもらってるなんて思いもしなかったけど、いろんな思いやりに包まれてたんだろうなぁ…。

  • 市立緑山中学で代々語り継がれている「伝説のエンドーくん」。成績優秀、スポーツ万能、性格はやさしく強い「エンドーくん」は40年以上語り継がれ、校内のあちこちに新旧問わず、「エンドーくん」にまつわる落書きが残されている。校内のエンドーくんの落書きがお互いの気持ちを後押しするように、少しずつ変わっていく生徒と先生の関係。そして創立100周年の式典でついに明らかになる「エンドーくん」の正体とは…。本書は生徒ではなく、先生の立場から描かれています。先生の生徒への思い、人間らしさ、悩みなどが逆に新鮮に感じられる一冊です。

  • 183

    2016年では63冊

全51件中 1 - 10件を表示

まはら三桃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
西 加奈子
西 加奈子
いとう せいこう
三浦 しをん
中田 永一
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

伝説のエンドーくんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伝説のエンドーくんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伝説のエンドーくんを本棚に「積読」で登録しているひと

伝説のエンドーくんの作品紹介

成績優秀、容姿端麗なエンドーくんて何者?

創立99周年を迎える市立緑山中学校の職員室を舞台に、14歳という繊細で多感な年齢の子どもたちと日々真剣に向きあう中学2年担任教師たちの姿を描く。
そして、伝説のヒーローとして代々語りつがれる「エンドーくん」が、なぜ伝説になったのか? その秘密が、創立100周年記念式典で明かされる。
坪田譲治文学賞作家、まはら三桃の最新作。

【編集担当からのおすすめ情報】
先生だって、生徒と同じように、毎日悩みながら、でも日々少しずつ前に進んでいる――。大人を信じよう、と思える作品です。
各教師の物語とともに、「伝説のエンドーくん」にまつわる謎解きも楽しんでください。

ツイートする