エベレスト・ファイル シェルパたちの山 (児童単行本)

  • 40人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Matt Dickinson  原田 勝 
  • 小学館 (2016年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092905818

エベレスト・ファイル シェルパたちの山 (児童単行本)の感想・レビュー・書評

  • あの鈴の行方の理由/あの議員のラストにおける状況(心理の変化)の理由/ラストにおけるカミの 心境の理由 これら三つの理由がよく説明されていないため、少々唐突で未消化。三部作だそうなので、それらを全て読まないと評価できないのかもしれない。

  • アメリカ人政治家パーティのエベレスト登山を支えるシェルパ達の話。登山中の具体的な描写や会話、自然の厳しさが細かく描かれていて自分もシェルパの一人として登っているかのような感覚になり、非常に面白く読んだ。カミというシェルパの青年を通してシェルパ達の生活や文化も知ることができる。

    対象は高校生、読める子は中学生ぐらいから。バラエティ番組でもタレントさんのエベレスト登山があるみたいなので(一度見てみたいと思いながら見れたことがないのだけれど…)華々しいそれ?とはまた違った一面を知ることができるのではないかと思う。

  • 獣医を目指す大学生の「ぼく」は、ネパールのタンチェという村へ医療物資を届けに行くボランティアに志願する。
    しかし、現地で雇った荷運びの男に置いていかれ、一人でタンチェ村へ歩いて行くことになったぼくは、その道中でシュリーヤと名乗る少女と出会う。そしてシュリーヤと共に何とか医療物資を届けたのだったが、村で歓迎の式典を受けている最中に病に倒れてしまう。
    生死をさまようぼくにシュリーヤは祈りを捧げ、一枚の写真をぼくの胸に置いた。
    その後奇跡的に回復したぼくは、写真に写っている少年について尋ねる。彼は「カミ」という名のシュリーヤの友人だったが、エベレストへ行ったまま帰ってくることはなかったのだという。
    命の恩人であるシュリーヤに、何かお返しできることはないかと問うと、彼女は「カミになにがあったのか、どうしても調べてきてほしい」とぼくに願うのだった。

    …とここまであらすじを聞くと、カミは死んだのかと思うのですが、ちゃんと生きています。
    そしてカミと出会った「ぼく」が、エベレストで何があったのかを聞くのがこの物語のメイン。
    物語のほとんどはカミが語るエベレスト登山の道中ですが、「ぼく」の視点も結構重要で。
    「ぼく」が居るからこそ「カミに何があったの?」というミステリアスな展開から始まり、最後にカミに希望がもたらされることになります。

    正直、カミが可哀想で仕方なかった(涙)
    幼い頃に結婚相手は決められるわー、濡れ衣着せられて隊から外されるわー、クレバスの底に置いていかれるわー、そのせいでニマに恨まれるわー、挙句にブレナンのせいで頂上に行くことができなかった上に、シュリーヤのベルを捧げることもできず、さらに頂上に行ったことにしろ、と嘘つくことになったんですよ!?
    しかも彼の不幸はそれだけで終わらなかったという…。
    だからこそ主人公が最後にカミの元へ行って、シュリーヤと彼を繋いでくれたのは本当に良かった…!

    そしてカミが果たせなかった願いとベルを、「ぼく」が受け継ぐのが2巻、になるのかしら?
    ぜひ2巻も訳して刊行して欲しいです!

  • 「そこに山があるからだ」
    という単純な理由ではない。
    みんなそれぞれ、そこに登らなければならない理由がある。欲望がある。
    出さなくてもいい犠牲を出してしまうのは、人間だから。
    ただ山と自然だけを見ていられない、人間のやることだから。
    悲しかった。

  • ネパールの僻地に医薬品を届けるボランティアの青年ライアンは、目的地のタンチェで体調をくずして危篤状態に陥った。現地の少女シュリーヤの献身的な看病に回復し、恩返しを申し出たところ、彼女の依頼は、カミという、エベレストに向かった青年に起きた出来事を調べて欲しいというものだった。シュリーヤが渡した手がかり「ニマ・ギャルツェン」という名を頼りに、彼は旅を始める。

    この枠の話の中に、カミと彼を取り巻くエベレストを目指す人たちの人間模様を描いた物語がある。

    エベレスト登頂の模様が詳細に描かれており、息つく間もない展開に目が離せない。

    主人公が二人とも高校生相当以上(笑)なので、中学年向き以上の作品。内容も濃いが、不必要な不快な描写もないので安心して子供にも薦められる。

全5件中 1 - 5件を表示

エベレスト・ファイル シェルパたちの山 (児童単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エベレスト・ファイル シェルパたちの山 (児童単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

エベレスト・ファイル シェルパたちの山 (児童単行本)の作品紹介

エベレスト登山の幸運と悲劇の感動物語

エベレスト登山という誰もがあこがれる冒険をテーマに、人間の夢と野望を鮮烈に描いたエンタテイメント作品です。

物語は、アメリカの野望を持つ若き政治家が、登頂を目指してネパールにやってきます。一方、シェルパの少年は、幼い頃に親が決めた結婚を解消して、好きな相手と結ばれたいと願っていました。そのためには、既に支払われている花嫁持参金の三倍額を返さねばなりません。そんな彼にエベレスト登山のポーターにならないかという願ってもない申し出がきました。ポーターは地元の少年のあいだでも憧れの職業で、見事登頂に成功すれば莫大な報酬が約束されます。しかも雇い主は、次期アメリカ大統領選の有力候補。鳴り物入りで始まったエベレスト登山に、ポーターとして意気揚々と挑戦する彼でしたが……。


【編集担当からのおすすめ情報】
1953年にエドモンド・ヒラリーがエベレスト初登頂に成功したときにも、シェルパのテンジン・ノルゲイが重要な存在だったように、エベレスト登山には、シェルパの存在が欠かせません。そんなシェルパと登山家たちとの関わりもこの物語のおもしろさのひとつです。

作者マット・ディッキンソンは、映画監督であり、ナショナルジオグラフィックテレビのプロデューサーという経歴柄、綿密な取材をもとに創作をしています。彼自身が、映画撮影の中で、北壁ルートからエベレスト登頂に成功しました。本書は、その経験を生かして、エベレストをとりまく様々なドラマをリアルにハラハラドキドキする迫力満点の物語として書き下ろしました。

エベレスト・ファイル シェルパたちの山 (児童単行本)はこんな本です

ツイートする