タイムライダーズ 失われた暗号 1 (児童単行本)

  • 16人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Alex Scarrow  金原 瑞人  樋渡 正人 
  • 小学館 (2015年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092906099

タイムライダーズ 失われた暗号 1 (児童単行本)の感想・レビュー・書評

  • 1912年の沈没寸前のタイタニック号からアイルランドの少年リアム
    2010年の爆破される直前の旅客機からアメリカの少女マディ
    2026年に倒壊した建物からインドの少女サル

    死ぬはずのところを救い出され
    2001年9月10日のニューヨークに連れてこられた3人の若者に
    歴史の改変を阻止する任務が与えられる

    ヴォイニッチ手稿を読み解いた大学生がマディたちの前にあらわれた

    そこに記されていた「パンドラ」の謎を追って
    リアム、ボブ、ベックスは12世紀末のイングランドに飛ぶ

    23か国で翻訳出版
    本家イギリスではシリーズ7巻までで40万部の大ヒットという
    “タイムトラベルファンタジーの超大作”(9巻で完結)3巻の前半

全1件中 1 - 1件を表示

タイムライダーズ 失われた暗号 1 (児童単行本)の作品紹介

待望の第3弾!次は12世紀イングランドへ

読み出したらクセになる大型タイムトラベルファンタジー第3弾!
次なる舞台は、12世紀のイングランド。
2001年ニューヨークで、かすかな変移の波を感じたサル。何が起きているのか・・・・・・?
謎めいた古文書ヴォイニッチ古文書を解読したという大学生に会いにいき、調べてみると、解読された一節に「パンドラ」の語があることに気がつく。
「パンドラ」とは、かつてマディが、受け取ったメーセージの言葉だ。
「パンドラ」に導かれて、リアムとボブ、そしてベックスが、12世紀のイングランドへと旅立つ。そして、たどりついたのは、「聖杯」という名の暗号だった。

12世紀イングランドは、十字軍遠征中で王リチャードが不在の中、混沌としていた。
リアムたちは、無事に聖杯にたどりつけるのか?




【編集担当からのおすすめ情報】
ストーリーは、ますますダイナミックに展開していきます。予想を裏切る展開は、これまでにあったタイムトラベルものとは、全く違ったファンタジーです。
今回は、聖杯伝説と、ヴォイニッチ手稿と、暗号とを絡めたストーリーとなっています。ますます目がはなせません。

ツイートする