電気のクライシス: 小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ (科学学習まんがクライシス・シリーズ)

  • 5人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 小学館 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092966178

電気のクライシス: 小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ (科学学習まんがクライシス・シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [江東区図書館]

    絵はちょっと好みではなかったし、"電気"ネタにしては災害時の状況説明やら、水車の用意やらで少しページを割かれすぎてしまった感は否めなかったが、それでも動力が電気に変換されることや、災害時の話など、訳に立つ内容もあったかな。

全1件中 1 - 1件を表示

ながいのりあきの作品

電気のクライシス: 小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ (科学学習まんがクライシス・シリーズ)を本棚に登録しているひと

電気のクライシス: 小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ (科学学習まんがクライシス・シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

電気のクライシス: 小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ (科学学習まんがクライシス・シリーズ)の作品紹介

電気をめぐる、スリリングな学習まんが!

電気をテーマにした、科学学習まんが・クライシスシリーズ最新巻。どんな人でも必ず毎日使っているのに、あまりに身近すぎて、その正体を知らない電気をまんがを読みながら理解することができます。
ふつうの小学生・タクはある日、正体不明の高性能ロボット・ノアと出会い、「電気」とは何かを教わります。そして、偶然出かけたとある村が、自然災害による全面停電となります。
電気の本質を学んだばかりで、多数の人間の命がかかった大停電の復旧をめざす主人公たち。緊迫した状況下で、彼らが選んだ方法とは?
学習まんがの常識を打ち破るスリリングな展開と、記事ではなくストーリーで解説する学習内容は、お子さんがまんがを読み進めるうちに知らず知らずのうちに学べるようになっています。
科学に興味はあるけれど、教科書や解説書が苦手、というお子さんにオススメのシリーズです。


【編集担当からのおすすめ情報】
電気とモーターの関係を理解できると、理科や工作が楽しくなります。

電気のクライシス: 小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ (科学学習まんがクライシス・シリーズ)はこんな本です

電気のクライシス: 小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ (科学学習まんがクライシス・シリーズ)のKindle版

ツイートする