日本の誕生―旧石器(岩宿)・縄文(紋)・弥生時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)

  • 113人登録
  • 3.66評価
    • (6)
    • (8)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 佐原 真 
  • 小学館 (1998年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092981010

日本の誕生―旧石器(岩宿)・縄文(紋)・弥生時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)の感想・レビュー・書評

  • 小さい頃から全巻家にありました。
    でも…、読んだのは1巻だけ。。
    1巻は縄文時代だったので、マンモス狩りとか楽しかったんですよね。
    2巻からは政治が主になってくるので、「大人の話だなぁ…」となって、読まなくなってしまいました。

    やっぱり、漫画はイケメンが出てこないと駄目だね(笑)
    山岸凉子先生の日出処の天子とか、小1の私には話の内容はよくわからなかったけど、一応全巻読んでたもの。

    絵のタッチが昭和の少年漫画なのが私には合わなかったのでしょう。

  • 歴史の何をも覚えてないままに、とりあえず子供向けの漫画形式の歴史書を手に取る。以前、網野善彦先生の著書にチャレンジしたが断念…。教養も知識も理解力も乏しい私なので本書からスタート…。
    かなり要点を絞った構成、とりあえずココさえ覚えれば!というのがひしひしと伝わってくる。それ故に頭に入りやすい。先ずは道具、食べ物、そこから見えてくる生活。旧石器時代から邪馬台国までの人や環境の発展の流れがスッと頭に入った。今なら試験できる!

  • 小学生〜大学受験まで何度図書館で借りて読んだことか。
    日本史を自分で勉強するのに一番イイ教材やと思う。
    センター試験で答え迷った時に、漫画の中の町の人のセリフを思い出して、答えが分かったのはいい思い出。

  • げんし時代のことがよくわかりました。
    まんがだったのでおもしろかったです。

  • このシリーズって他の学習マンガと比べて、明らかにクオリティーがぬきんでてます。
    学習マンガとして役に立つとかいうレベルを通り越して、
    漫画史に残る名作だと思います。

  • とりあえず全巻+別巻。

  • 参考書やドリルだけでは今一歩ストーリーなく、よくわからなく面白くない。これは歴史の流れがわかり、理解を確かにする。

  • 私を歴史好きにしたきっかけの本。
    小学校に上がる前から読んでた。

全12件中 1 - 12件を表示

日本の誕生―旧石器(岩宿)・縄文(紋)・弥生時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)に関連する談話室の質問

日本の誕生―旧石器(岩宿)・縄文(紋)・弥生時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本の誕生―旧石器(岩宿)・縄文(紋)・弥生時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の誕生―旧石器(岩宿)・縄文(紋)・弥生時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の誕生―旧石器(岩宿)・縄文(紋)・弥生時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本の誕生―旧石器(岩宿)・縄文(紋)・弥生時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)はこんな本です

日本の誕生―旧石器(岩宿)・縄文(紋)・弥生時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)のKindle版

ツイートする