生き方名言新書 1 林真理子

  • 114人登録
  • 3.40評価
    • (9)
    • (13)
    • (21)
    • (3)
    • (4)
  • 21レビュー
著者 : 林真理子
  • 小学館 (2008年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093423731

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

生き方名言新書 1 林真理子の感想・レビュー・書評

  • 幸福というのも癖であるが、不幸というのも癖である
    運命というのは、実は意志なのだ

  • もっと、野心のすすめのように、刺さるところがあると思って期待していた分 あまり心に残らなかった。
    野心のすすめの前のものだからかなぁ~。。。
    次に出た本でもう一度確かめたい。

  • 一日一ページずつ音読すると、強くステキな女性になれそうな気がする(自己満足かもしれないが)
    バイブル!

  • 林真理子さんの生き方名言新書。

    著書や雑誌に過去掲載した文章の中から
    抜擢した、林真理子語録。

    彼女の年齢ならではで、40代以上の女性へ向けた
    応援メッセージ的なものが多いかな。
    大人の女性になるために知っておいて損はない、
    教科書では教えてくれない言葉もあるので、
    20代にも30代にもおススメ。

  • ■していない後悔は、日に日に大きくなる

    書籍「生き方名言新書」(小学館刊・林真理子著)から。
    「婦人公論2002.7.22号」に掲載された彼女の主張の一部。
    全文は、
    「したことの後悔は、日に日に小さくすることは出来る。
    していない後悔は、日に日に大きくなる」である。
    とってもシンプルで、とってもわかりやすい生き方だと思う。
    それなのに・・私たちは「したことの後悔」に引っ張られ、
    クヨクヨしながら、時間が経つことが多い。
    しかし、いつしか「したこと」を忘れてしまう。
    逆に「していない後悔」は、「~たら」「~れば」を口にし、
    「あ~あ、しておけば良かったなぁ」と思う。
    今のうまくいっていない自分の言い訳として
    「あれをしてれば、こんなことにはならなかったんだ」と言い、
    実行して成功した人を見るにつけ、
    「俺だって(私だって)、してれば成功したのに・・」と言う。
    それならば「しなかった後悔」を無くすために、
    日に日に小さくなり最後には忘れてしまう「したことの後悔」を
    した方がいい・・となる。さすが、直木賞作家。(笑)

  • 林真理子の言葉は、自らの経験から生まれているから心に刺さる。
    はっとする名言多し!

    女の子にお薦め。

    ハッキリとした物言いだから、好き嫌いは分かれるかも?

    母が林真理子が好きなので、私も中学生のときから読んでいる。
    そろそろ本気で、全作品を読破したいな!

  • 強い女、カッコイイ女、美しい女・・・
    自分のことを言っているのかな、と苦笑はしてしまうが、前向きになれる言葉が多いので、時々読み返すのにいい。好きな言葉は付箋を貼ってしまった!

  • なんか切って貼った感があった
    内容は悪くないんだろうけど、
    作品としてもう少し工夫されてたら良かったかな。。

  • ホントすべてが名言です!

  • 不器用にしか生きられないけれど、
    前向きにがんばっている女のヒトに、
    過去に対する許しと、未来へのパワーをくれる一冊。
    書き留めたい名言がありすぎて困った。

  • これは今までのエッセイや取材の中から真理子さんの名言となるべきものを、きれいな写真とともに紹介されている本です。

    最近落ち込むことはないですが
    落ち込んだり、行き詰ったりしたとき
    必ず開けて読む本です。

  • 林真理子小説・エッセイの名言集。ふん。小説を読んでそこから感じ読み取ってなんぼなのに…。人物写真も余計。

  • 大好き、というか知らないのに信頼できる作家。あれほど腹の内をさらけ出して書く人はいないと思う。のでこの名言集の一言一言が私にはしっかりと響く。

  • 女性ならきっと、共感したり、自分を肯定してくれたりする言葉が一つはあると思う。
    林さんの表現が、自分が日頃感じているものを「実感」に変えてしまう。言葉って力強いなあ。

  • 「世の中が誰一人みとめてくれなくても、
    こちらを賛えてくれる人間が一人出現する。
    そこからすべて始まるのである。」


    この言葉で救われた気がします
    その人が、私の愛する人なら
    人生まるもうけ!

    だから、がんばれる。


  • やってしまった後悔はだんだん小さくなるけど、やらなかった後悔はだんだん大きくなる。
    http://www.touchingword.net/detail.php?id=467

  • 今までの林真理子語録の寄せ集めだから
    あー読んだ読んだって思うことが多いんだけど
    あらためて読んで、救われることがありました。

    人生というのは「魔がさす」ということが、多々あるものだ。
    酔ったはずみで長年の男友達と、ついキスをして、それから……
    ということもある。
    が、私は断言してもいい。“魔”に支配されない人生なんて、
    こんなにつまらないものはない。
    後でしまった、と思うことをしてしまう。
    それが若さであり、女である。
    そしてじくじく後悔をするんだけれども、それは甘やかな後悔だもの。
    女の子を綺麗にしてくれる悔いなんだもの。

全21件中 1 - 21件を表示

生き方名言新書 1 林真理子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生き方名言新書 1 林真理子を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする