カラーひよことコーヒー豆

  • 522人登録
  • 3.55評価
    • (30)
    • (92)
    • (96)
    • (18)
    • (2)
  • 118レビュー
著者 : 小川洋子
  • 小学館 (2009年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093423816

カラーひよことコーヒー豆の感想・レビュー・書評

  • 毎日の中でスルリと零れてしまいそうなひとコマを
    大切に丁寧に書かれたエッセイたち。

    不平不満をこぼさず、たくさんのことを
    じっと我慢して超えてこられたお料理の先生の
    謙虚な笑顔と誠実な人柄のお話。

    大好きな須賀敦子さん、堀江敏幸さん、
    柴田元幸さんの話もうれしく、
    「枕草子」に対する想いに、そうそう!と
    うれしくなったり。

    人を結びつける本の話もとても素敵だった。
    同じ本を読んでいるだけで、とても話が弾んだり
    言葉にできない深い繋がりを感じたりする。
    読書ツールでの出会いも然り。
    たかが1冊、されど。

    人との縁、結びつき、大切にすること、
    丁寧に続けていくこと、楽しむこと。
    たくさんの優しさに心が柔らかくなる読後でした。

  • 小川さんのエッセイ、とても読みやすかったです。
    エッセイってただ独り言みたいな持論を展開されたりするよりも

    「あー、分かる、分かる」とか「そうそう!私も!!」とか
    共感できるものが好きで、一緒に盛り上がることが出来て
    面白かったです。

    しみじみしたり、目からうろこだったり…読んでてホッと出来ました。

    「世界一孤独な人」 ハロー警報、タクシーの無線機の孤独
    「働く人の姿」「本物のご褒美」「料理の喜び」
    「ただごとじゃない人生」「千年の時が与えてくれる安堵」
    「カラーひよことコーヒー豆」

    ある程度の年齢に達すると、なぞの焦燥感みたいなものが出てきて
    自分だけ…こうなのかと感じていたけど、このエッセイを読んで
    小川さんのような素晴らしい方でも、同じように感じるんだ…と
    安心しました。

    タイムリーな言葉のプレゼントにジーン…としました。

  • 初、小川洋子作品。
    エッセイで小川洋子さんの世界が垣間見れたような感じ。
    ほのぼのしていて、ところどころ「そうそう!」と共感することができる。
    小川さんの小説が読みたくなった。

  • 未読だった小川さんのエッセイ。とてもよかった。

    小川さんの書かれるものを読むといつも、ああこの人は少女なのだなあと思う。「少女」という言葉にはひどく手垢が付いていて、できれば他の言い方をしたいのだが、なんと言ったらいいのだろう。

    日頃は一人前の大人として、何気ないふうにやっかいなこともこなしているけれど、そのこと自体にどうしようもない違和感がある。なんだか自分だけ「人生ごっこ」をしているような非現実感がつきまとう。それは自意識過剰以外の何物でもないとはわかっているが、いくつになっても「大人たちが作っている社会」というものをおそるおそる遠巻きにしているような気持ちが抜けない。

    うーん、やっぱりうまく言えないが、私は作者のエッセイからこんな感じを受ける。そしてそこがとても好きだ。自分自身は小川さんのように繊細ではなくてガサツでおおざっぱだが、おろおろした子どものままの部分も間違いなくあったりする。そんなものはない方がいいと思ってしまいがちだけれど、小川さんの文章を読んでいると、その途方に暮れた子どもをそっと包んでもらっているような気がするのだ。

    これはいわゆる「泣ける本」では全くないだろうが、私は何回も涙を流してしまった。大人になって良いことはたくさんあるが、何遍でも思いだしてそのたびに心を温めてくれる記憶が積み重なっていくこともその大きな一つだと、あらためて教えられた。誰かに大事にしてもらった記憶、誰かを慈しんだ記憶は消えることがない。それを忘れなければなんとかなるよね。

  • もう見慣れた雨粒。

    水面に落ちて、波紋が広がろうとも
    特に気にする事もなく、さっと目を逸らしてしまう。

    小川さんは
    目を逸らさない人だな、と思った。
    ニコニコと面白そうに
    いつまでも波紋を見続ける事が出来る人。

    雨粒達は、ちょっと嬉しくなって
    本のなかから、思い出のなかから、言葉のなかから、日常のなかから、
    (彼女に褒めてもらおうとして?)
    次々飛び出してきては、ポンポン白いページの中へとダイヴして行く。

    不規則ではあるが、その跳ね上がるような言葉の調べがなんとも心地よいエッセイ。

  • 久し振りにエッセイの類を読んだ。なるほど彼女の小説はこういう繊細にして豊かな感性から生まれるのか、と納得する一冊。小説より読みやすく、親しみやすいかもしれない。凛とした冷静な人を想像していたが、案外お茶目で涙もろい。共感できる面も多々あって、嬉しくなってしまった。生まれ変わったら歌の上手な人になりたいとか。

    そして、どこまでも謙虚な人だと思った。ものを書くことへの真摯な姿勢に胸を打たれる。自分はまだまだ謙虚さが足りないと反省。

  • 小川洋子さんがとても好きになった。温かくて、面白くて、時には考えさせられるとこも。自分をダメダメ人間のように言ってしまうトコも。いつのまにか、一緒にいさせてもらっているような気持ちになる。 
    中心から少し視線をずらすこと。はっとした。

  • 短編のエッセイになるのかな。
    あたしの好きな文調で 読みやすかった。

    小川さんって 「博士の愛した数式」の作家さんだったんだな。
    知らずに読んでいた。。
    必要とする誰かのところへたどり着いてほしいとの願い。
    あたし 読んで よかったな。


    タクシーの無線や ハロー注意報とか ちょっと視点がおもしろい。
    あとは縁日のカラーひよこ。
    知らなかった!
    (小川さんは カラーひよこがもう縁日で売られていなくて、知らない人が多いことに衝撃を受けていたけど。知らないことを知った あたしも衝撃的)

    他の作家が書いた本のタイトルも ちょこちょこ出てきて
    知っている本も 知らない本も。
    こういう風に 次に読んで見たい本に出会えるのは ありがたいな。

    靴の話で
    戦後 旧満州から引き上げてくる時に 脱落した人は靴をなくした人。
    靴がないまま必死で歩き続けたら 足の裏の肉 奥深くまで石が埋まっていた人など壮絶な話。
    最後に自分の命を守ってくれる砦となるかもしれない靴。
    きっちり自分に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていける。自分のためだけの、 足にぴったりな一足。

    いい靴はいい道に導いてくれるって聞いたことあるけど
    最近 合わない靴を無理にはいて ストレスがあるから
    やっぱり あの靴は考えようかななんて 思ってしまう。



    以下、引用。

    思い出からやってくる人。
    苦しかったりつまずいたりした時、思い出の中からやってきて、心をさすってくれるような。

    本物のご褒美
    宝石や香水は何個でも欲しくなるが、本物のご褒美は生涯にたった一個あれば十分。
    何度繰り返し思い起こしても、そのたび新たな喜びに浸れる。


    出会うべき誰かと誰かが出会う。
    人と人が出会うに相応しい手順がちゃんと踏まれている。


    どんな才能も、自ら売り込んでいる間は本物ではない。
    神様の計らいは常に、本人に気づかれないようにこっそり施される。
    それを施された人間より、その人間が発するものを受け取る側の方が、ずっと大きな恩恵をこうむる。

    世界の周縁に身を置く人。
    中心から少し視線をずらした時、世界の見方が変わることがある。
    声高に叫ぶ人の声だけでなく、じっと黙っている人の声に耳を傾けていると、思いがけず深遠な真理に触れることができる。

  • 女性誌『Domani』に掲載されていた小川糸のエッセイ集。

    タクシーの無線を聞いて、「どうして誰も返事をしてあげないの?」と泣きそうになっていた子供時代。

    「一生大人に憧れ続け、結局大人になれないまま死んでゆくのかもしれない」と思い、「せめて一生のうちに一度くらい、小川さんはなんて大人なんだろう、と思われてから死にたい」と語るネガ+ポジシンキング。

    速記者や通訳など、「自分自身の個性は消しながら、かけがえのない存在感を示す」人に惹かれる小川さん。

    思わず「あ~あるある」と頷きながら読んだ。

    最近エッセイをよく読むが、エッセイのいいところは? と聞かれたら「新しい読書への架け橋になるところ」と答える。作家のエッセイに、名著が一作も登場しない、なんてことはないのだから。
    という訳で『錦繍』『遠い朝の本たち』は後日読みたい。

    その他:ページ番号が見開きの左下・右下ではなく、左右の余白の真ん中あたりに打ってある構成がよかった。視界のジャマにならないノンブルの場所として覚えておきたい。

  • 雑誌掲載分に書き下ろし5作のエッセイ集です。

    作者の小説は沢山読みました。作者の描く美しく繊細なもの、端っこのこと・・なるほど、こういう考えがベースになっているんだなと思いました。

    作者との共通項が多く(阪神ファン、居住地、年代など)、関心事の話題(ジュウシマツ、靴、料理など)も多かったです。ちなみにカラーひよこも分かります。
    自分と縁のあることが多い話題に惹きこまれました。

    作者がエッセイの中で「ハッ」と気づくことに自分もハッとしたり。
    あと1篇が適度な長さで読みやすかったです。雑誌連載の賜物でしょうか。

    「働く人の姿」「大人の女性とは」「黙々と労働する人」「本物のご褒美」「結晶のような個性」「ジュウシマツの芸術」「靴は人生の同伴者」「届かなかった手紙」そして最後に「理想の一日」で、なんだ、今の自分の暮らしもまんざら捨てたもんじゃないなと思う心地よい読後感。堪能しました。

  • 小川さんは「猫を抱いて象と泳ぐ」でその小説世界を堪能させてもらったけれど、エッセイはまた違った印象でこちらもとても良かった。

    『Domani』に連載されていたものだからか、働く人や女性に対する応援のようなものが多かったように思う。
    そしてなんだか泣けてきたりもしたのだ。

    自分が年を重ねるにしたがって人をいとおしく思う気持ちが強くなっていく気がする。
    人がそれぞれの生きている場で自分の務めをはたし毎日を暮らしている、そのことを思うと胸がいっぱいになる。

    様々な場面でのそうした人達をみつめ優しくそっと応援してくれる小川さんの言葉が心に沁みる。
    心が柔らかになっていく気がする。

  • 小川洋子さんが、世界をどれだけ温かな目線で見ているかがひしひしと伝わってくるエッセイでした。
    人が、この世界が、自分の仕事が、本当に好きなんだなぁ。
    だから、あんなに優しい話が書けるのか。
    こんな素敵な人になりたい!

  • なんて心優しい人なんだろう。この小川洋子さんは。
    日々訪れる何気ない日常を、こんなにもいとおしく描けるなんて。

    今過ごしているこの瞬間が、とても暖かいものに感じる作品。

  • この本を読んで…

      聴きたくなった音楽
        モーツァルトの39番シンフォニー
      
      会ってみたくなった人
        滋賀の齋藤君
      
      会ってみたかったな~と思った人
        藤本ハルミさん
      
      ニヤッと笑ってしまったこと
        ハロー警報
        今日の私は喋りすぎていなかったか、という話
        セミの抜け殻
      
      観たくなった映画
        ソフィーの選択
       
      読み返したくなった本
        宮本輝 『錦繍』
      
      展覧会に行くことにしたイラストレーター
        寺田順三
      
      ますます親近感を持った人
        小川洋子

  • タクシーの無線機がかわいそう。
    明治生まれに見られることのいいことわるいこと。
    自分の小説が読者の手元に届く現場を目にするご褒美。
    調理補助、通訳など黒子的な仕事への憧れ。
    姪の声を聞くことが最近の落ち込み脱出法。
    枕草子の切れ味と女性の普遍の悩み。
    フィギュアスケーターに見る技術よりも個性の重要さ。
    いつかは恋人ではなく自分のために歌うようになるジュウシマツ。
    カラーひよこがいなくなっても、愛犬にコーヒー豆ができても変わらずにいたい。
    愛犬が死んでもきっと悲しさがいとおしさに変わる日が来る。
    最後に自分の命を守ってくれるかもしれない、靴。
    装画・装丁:寺田順三

    エッセイなのですが文章全体から小川洋子ワールドがにじみ出ています。
    特にいくつかの章に登場する、影の仕事への興味と愛情。
    確かに彼女の小説はスポットライトの当たらない職業の人々の
    ひたむきさや真剣さを描き出し、
    そこに神聖なものを見出している作品が多いです。

    少し現実離れした雰囲気を感じつつも、
    浅田真央の名前が出たりして、あ、最近の話なんだなと思い返します。

  • ガラス細工の温室のような小説を書かれる小川洋子さんなので、エッセイもさぞや独特の世界を、と期待して読んだのですが・・・・。なんというか、小川さんって、とてもきちんと生きておられるまっとうな方なんですね。もちろんそれは素敵なことで、母として、妻として、また、友だちとして、身近にいらしたら嬉しい存在だと思うのですが、文章の中で語られる御自分の姿への謙虚な姿勢がはっきり言って物足りない。あれだけの小説を書かれる人なのだから、日常のあれこれについて、遠い学生時代においても、今現在の主婦という立場にあっても、もっと、チカッと光る感じ方をホントはされているんじゃないかなぁ。

  • 雑誌「Domani」に連載していたエッセイ集だからか、大人の女性や働く女性に対するお話も多い。小川さんは、いつもどんな仕事をする人にもその人の背後にある暮らしや人生を、豊かな想像力で想像し、尊敬と愛情の目で世の中を眺めておられる。小川さんの手にかかれば、どんな人生もどんなに慎ましい暮らしも、掛け替えのない物語に溢れた素晴らしい人生に思える。

    小川さんの小説の源泉はこういう愛情溢れる心なんだなと思って尊敬するばかり。

    毎日新聞からのエッセイ「とにかく散歩いたしましょう」を読んだ時にも感じたけれど、話中で紹介される本が、今回も自分の好きな本ばかりで嬉しくなる。枕草子や錦繍や思い出トランプや…名作ばかりだから一致して当たり前かも知れないけれど、またしても小川さんと気が合うような気がした。しかもタイガースファンだし。

    小川さんの人柄が好きになり、その作品に触れたくなった一冊。

    書き留めておきたくなったのは「ただごとではない人生」という話から。
    ”若い時は大いばりで生きていればいい。少しずつ、(人生が)ただごとでないのが分かってくる。何の前触れもなく、静かに試練はその人の背中に舞い降りてくる。仕事で取り返しのつかない失敗もするだろう。大事な人を失うこともあるだろう。でも慌てる必要などない。必ず救いの道は用意されていて、それを探すことこそが、生きることなのだから。”

  • センター試験演習でカラーひよこが出る小説を読み、それを探していたので「もしやこれは!」と思って手に取ったが、(案の定)違った。あぁでも小川洋子か、『博士の愛した数式』何年前に読んだんだろうとノスタルジアもあり、図書館からお持ち帰り。

    エッセイって、書く人と自分の相性が合わないと面白く読めないと思うのだけど、小川さんはドンピシャに合っていた。
    のほほんとしたイメージを勝手に抱いていたのだが、力強い文体、そしてこの人は私のフェミニズムを体現しているなぁと様々な要素が重なる。寝る前に3,4編ずつ読んでいただけだが、読了して、一気にぶわぁっと重みが来た。爽やかだけど、重量がある感じ。少なくとも私にとっては。私の中の何かと呼応し、また私の一部となっていく。そんな本と出会えたようだ。手元に置いておきたいと思いつつ、貸出期限が切れ(しーっ!)、今日返却しにいく。でも、なんだか長い付き合いになりそうだ。

  • ここ数年で急に読み出した、と言うか好きになった作家さんが何人か居ますが、その中の1人が小川洋子さんです。
    初めて手に取ったのはタイトルがどうにも気になった「いつも彼らはどこかに」でした。
    それがとても心に沁みこむ素敵な文章と空気感で「ああ、良い出逢いをしたなあ」と思いました。
    その時に、小川さんが映画の「博士の愛した数式」の原作者だと知りました。
    まだ、未読なんですが(笑)
    その後は、読みたい本リストの中に常に小川さんの作品は入って居ます。
    そして実際何冊か読んでますし、これからも過去の作品を含めて読むつもりです。
    小川さんの作品は何処か幻想的で、少し痛々しさや残酷さが沈んでいる所も有りますが、概ね静かで哀し気で、でも、必ず何処かに救いや小さな幸せを感じる内容です。今回読んだのは雑誌に連載されたエッセイですが、私が何故女史の作品に惹かれるのかよく分かったような気がしました。
    そのエッセイの内容が余りにも普通の(当時)40代だった女史の等身大の思いや、日々起こる世の中の悲喜こもごもの出来事に対する感じ方が書かれていて、それが今の自分にも重なるような、いちいち共感出来る内容だったからです。
    でも、だからと言ってそれが女史が自分で自戒する様な平凡で輝く様な才能が無い、と言う事とは全く違います。
    普通の事を、普通に書いても私には届かないでしょう。それを、人の心に届く様に、柔らかく優しい響きに磨き上げた言葉と文章で紡いでいく事が出来る才能こそが、何よりも輝かしいものだとしみじみ感じさせてくれるから。
    元気が出ない時に手に取って、そっと笑ったり涙を滲ませたりしたい、そんな一冊です。

  • 小川洋子さんのエッセイ「カラーひよことコーヒー豆」、2009.12発行です。29編のエッセイが収録されてます。小川洋子さん、エッセイにも「キレ」があります!29番目のエッセイは「理想の一日」です。小川洋子さんの理想の一日は、小説を書き、犬と散歩し、タイガースを応援することだそうです。この3つさえあれば十分、他には大した望みはないとのこと。小説をウォーキングに、犬が猫に、タイガースがカープに・・・、私の一日に~(^-

  • エッセイ集。2006.10~2008.9『Domani』掲載。

    美しい日本語と、的確な言葉で綴られる日常。
    読んでいると、陽だまりで休んでいるような穏やかな気持ちなれる。

  • 小川さんの日常を綴ったエッセイ
    とても控えめなお人柄が伺えます

    書下ろしの「ジュウシマツの芸術」がお気に入り
    鳥には興味がなかった小川さんがジュウシマツの生態に感銘を受ける件がいい
    小川さんの「芸術」に対する考え方が伺える

    ジュウシマツは求愛のために歌の練習をし本番に挑む
    練習と本番では遺伝子の発現パターンが異なるらしい

    さらに、究極の歌をうたうオスが出現する、そのオスは
    メスには求愛せず、自分の歌に聞きほれ満足する

    「求愛という目的が消え去り、ただうたうためだけの歌、つまり芸術がここに誕生する。(中略)孤独を愛し、より繊細な美を追い求め、いつしかそれを芸術にまで高めることのできる彼ら。誰に自慢するでもなく、ひっそりとその美に酔いしれる彼らに対し、尊敬の念さえ湧いてくる。」

  • せっかくだから&小川洋子だから、と選んだ。
    小説でいいかな。
    小説がいいかな。

  • 犬好きでタイガースの熱狂的なファン、どこにでもいそうなどちらかといえば垢抜けないおばさん。
    レジに並ぶときはもたもたして後ろの人に舌打ちされないように万全と小銭の準備をし友達と食事した後に喋りすぎたのでは?と不安になる。
    なるべく世間の端っこで生きるよう努力しながらおこがましい気持ちで小説を書いている。
    でもね小川さん、神様はあなたの小説の才能に特別な計らいをされているのですよ、多くの人が感動するカレンの歌声のようにあなたの本を読むことは私たちにとって至福の喜びなのです。
    いつか阪急電車でお会いしたらお礼を言おうと密かに思ったりしています

  • エッセイを久しぶりに読んだ気がする。
    装丁のキュートさに惹かれたし、小川洋子の小説は何作か読んだけれどエッセイだとどうなるのだろうと思って手に取った。
    エッセイというのは、作者が人からどう思われたいかというのが如実に出るんだなぁ…。
    当然のことだし、SNSの投稿で自分もやっていることなのだけど。
    一対一の手紙などとは異なり、全方向に気を遣って、どんな思考の人からも出来るだけ嫌われないように言葉を選んでいる感じ。
    それがこのエッセイではちょっと強過ぎて、平易な言葉の軽い話題なのに、読むのに疲れてしまった…。
    つくづく私は小説向きなのかも。

全118件中 1 - 25件を表示

カラーひよことコーヒー豆に関連する談話室の質問

カラーひよことコーヒー豆を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カラーひよことコーヒー豆を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カラーひよことコーヒー豆を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カラーひよことコーヒー豆を本棚に「積読」で登録しているひと

カラーひよことコーヒー豆のKindle版

カラーひよことコーヒー豆の文庫

ツイートする