Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方

  • 299人登録
  • 4.16評価
    • (38)
    • (37)
    • (13)
    • (5)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 三尋木奈保
  • 小学館 (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093426138

Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こちらは読むことが出来てよかったです。
    ファッション本をしばしば見ていますが、三尋木さんのコーディネートはとても上品で色合わせも素敵で。
    載っているものはなかなか手が届かないものが多いですが、見ているだけで目の保養になります。
    三尋木さんのファッションについての考え方も載っていて、参考になりました。
    購入してよかったです。

  • 普通の服、が恐ろしく丁寧に選ばれているんだなあ。ニュアンスカラーとか、汚れそうで選べないできたなあ。ふつうにみえるものが一癖ありとか、いろいろと難しい。

  • 雑誌編集者が作られた本なので、構成が分かりやすくて、読みやすいです。
    そして、すぐに活用できそうなヒントが満載。
    リブ編みのニット、タンクトップ、タイツの選び方など小物を上手く使いながら「おしゃれな感じ」を出すヒントが詰まっています。

    ちょっとしたことでキレイになれそう!
    そんな自信を与えてくれる本です。

  • 1つ1つのアイテムはシンプルだけど、野暮ったくないし、むしろ洗練されてるな~と感じるファッション(・o・)

    ●配色の組み合わせパターンを決めて買い物に行く
    ●靴・バッグ・ストールは色毎のセット使いが便利
     ↑備忘録↑

    何よりも、髪型・髪質に一番気をつけるべき!
    ぼさぼさ・ぱさぱさの髪だと生活に疲れている感じがするよな~折角の良い服も、みすぼらしく見える(´д`)

    あと、それぞれの服に適したお手入れをしながら、大事に着ようと反省…グッバイ毛玉ちゃん♪

    華美ではないけれど清潔感のある髪&メイク、ちゃんと服のお手入れすることを心掛けようっと^^

  • 参考にしたい色使いとか。

  • 今まではこういったファッション関係の本は、ざーっと流し読みしかっていうか写真しか見てなかったけど、この本は夢中で一句も飛ばさず読みました。とても参考になりましたよ。
    私の好きなスタイルだし、シンプルでステキだわ
    私みたいに、かなり歳いった人でも参考になる所は沢山あります。
    さっそくコーディネートの練習してます!

  • 「服を買うなら捨てなさい」に感銘を受け、改めて勉強し直したくて再読。こうして見ると、ファッション上級者の言っていることの根本は同じなんだなあ・・・としみじみ。いつも素敵な自分でいるために、常に自分をよく見て「考える」おしゃれを続けること。ベーシックだからこそ、よく見極めて「今っぽく」更新すること。加えて、本書は写真、特に三尋木さん自身のコーディネートが満載で、すぐにでも真似したくなるアイデアが盛りだくさん。気品ある小物使いテクも必見。

  • 2015.11 市立図書館

  • 大草さんの本より分かりやすかった。
    自分に似合う形を見つけるのは大変だと思うけど、着回しについては役に立つことが多かった。

  • 菊池京子さんの本と違って、こちらはスタイリストさん自身が来てくれてて、参考になる。
    ただ、小物が全部ラグジュアリーなものなので、もっと手頃のなものも混ぜてほしい。良いものは素敵なのは当たり前なので。

全30件中 1 - 10件を表示

Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方を本棚に登録しているひと

Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方を本棚に「積読」で登録しているひと

Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方の作品紹介

Oggiエディター発「好感度」ベーシック

上品でベーシックなスタイルで30歳前後の“働く女性”に支持されているファッション誌『Oggi』。そのファッションエディター三尋木奈保さんは、Oggi誌面にもたびたび登場し、彼女の私服のおしゃれセンスは読者から厚い信頼を寄せられています。白シャツ、ブルーデニム、くるぶし丈パンツ、など三尋木さんの愛用品はベーシックで誰もが持っているアイテムばかり。でもその“ふつう”の服をファッションエディターとしてのセンスと経験で「好感度の高い」おしゃれな着こなしに見せているのです。

この本では、「ふつうの服を地味に見せないアクセサリーや小物の重ね方」「流行との上手なつきあい方」「着回しできるアイテムの選び方」など、オトナの女性なら誰でも知りたかったことを三尋木さんの私物を使ってご紹介。シンプルでベーシックな服を好みながらも、どこかおしゃれに見えないと悩む女性は多いモノ。そんな多くの女性にとって、すぐ真似できて必ずおしゃれに見えるヒントが満載です!

三尋木さんの友人でもある大人気スタイリスト大草直子さんとのおしゃれ対談も収録。



【編集担当からのおすすめ情報】
“ふつうの服”なのに三尋木さんが着ているとなんだかいつもおしゃれに見える! その理由が知りたい! を解剖した一冊。
おしゃれのプロ・スタイリストの大草直子さん曰く「三尋木さんの魅力は清潔感と好感度」。男性からも女性からも好感度の高い、ベーシックなおしゃれのためのテクニックがこの1冊に詰まっています。

Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方はこんな本です

ツイートする