ネンドノカンド -脱力デザイン論-

  • 289人登録
  • 4.18評価
    • (33)
    • (30)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 佐藤オオキ
  • 小学館 (2012年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093460897

ネンドノカンド -脱力デザイン論-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コンセントカバー「socket-deer」が良い感じ。非売品なのがもったいない。

  • 757

  • ロジカルだけど意外性もある文章構成が、デザインのうまさを物語ってる。

  • 【No.20】「アイデアはためて使おうとするとダメ。1回ごとに全部出しきっちゃわないと。今後これ、いつか使おうととっておくと腐っちゃう」「オフ日はできるだけゆっくりと動き、物事に必要以上に時間をかけることで、ギアを一段階落とすようにしている」「複数のことを同時に考えているように見える人は、情報を整理して、その課題を解決するまでのスピードが速い」「物事の”キワ”を見つめれば見つめるほど、白と黒の境界線にしか見えないはずの領域に、濃度の異なる無数のグレーの存在に気づく」「10のうち、3は必ず何かが起きるって気持ちでいられると、その何かが起きてもそれなりに対処できるもの。そういう気持ちの余裕や、対応する引き出しがあるかどうかが、デザイナーの力量とイコールなんじゃないかと思ったりする。社会で活躍している人は、みんな一定以上のレベル。やはり”不測の事態の対応能力”に差が出る」「どんなにおもしろいアイデアも、実現できなければそこには社会的価値がない」「一流とされる人たちは、作業をする前の”下ごしらえ”や、周辺を保護する”養生作業”が優れているのが共通している」「コンスタントに量を生み出す土台があって、そこから生まれたノウハウを養分にすることではじめて、質の高いデザインが開花する」

  • 佐藤オオキが行ってきたアイデア発想の数々の事例。要素の整理整頓とちょっとの異種融合的チャレンジ。

  • 佐藤オオキのエッセイから読み取れる、思考やユーモア。
    肩肘張らずに情熱を燃やすのはこういうことなんだろうな。

  • オオキさんの作品とちょっとした思い、出来事などが読みやすい文体で書かれた本。
    読んでいて、nendoの作品はオオキさんだからこそつくられている作品なんだとしみじみ思った。
    つまり、ほかの人が真似をして、同じようになにかが生み出せるということでもなく、オオキさんだからできるやり方と作品。
    それがわかったことも、この本を読んでよかったことのひとつ。

    オオキさんもプロジェクトが気になって寝れないときもある/デザインでコストを下げれる/仕事で頭を下げることも多い/デザインにも「ボケとツッコミ」/自分の目に自信をもてるように/デザインには「正しい」と「好き」がある/集めたくなる→散らからないデザイン/一定レベルでソフトが使用できれば大差ない/ブランドに世界戦略の鍵

  • この人の感覚がとにかく面白く感じる。面白がっているところが同じなのかな?

  • デザイナー佐藤オオキの自ら手がけたデザインの紹介と説明の本。角に描かれているイラストがイイ味出してる。文体もユーモラスでわかりやすく、すごく引き出しの多い人だなあと感じた。作っている作品もシンプルながら、ひとひねりもふたひねりもあって面白い。これからますます注目していきたい人のひとり。

  • 面白い、というか、全然関係のなさそうな話から始まって、プロダクトの話にたどり着いて、軽いオチもつけて終わるこの構成が素晴らしい。私も今度、ブログで真似てみよう。


    なんてことないよーって風に見せて、たんたんと数こなす感じもプロっぽくてすてき。


    私もドラえもん派だな。
    でもって、何かで身近な人の役に立って、世の中を少しでも良くできたら、ってのも日頃考えてたこと。


    また日を開けて読み返したい。

全34件中 1 - 10件を表示

佐藤オオキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
國分 功一郎
クリス・アンダー...
ジェームス W....
谷尻 誠
ジャレド・ダイア...
佐藤雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印

ネンドノカンド -脱力デザイン論-を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ネンドノカンド -脱力デザイン論-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ネンドノカンド -脱力デザイン論-を本棚に「積読」で登録しているひと

ネンドノカンド -脱力デザイン論-の作品紹介

ビー玉から高層ビルまでデザインする、nendoの世界はこうやってできていた。佐藤オオキの発想力、デザイン理論、お腹のゆるさがわかる!2012 Designer of the Year二完!世界が注目するデザイナー佐藤オオキ初の著書。

ツイートする