大遺言:祖父・永六輔の今を生きる36の言葉

  • 21人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 永拓実
  • 小学館 (2017年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093460910

大遺言:祖父・永六輔の今を生きる36の言葉の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

大遺言:祖父・永六輔の今を生きる36の言葉の作品紹介

永六輔って何者? 言葉の天才の孫が辿る!

祖父・永六輔は、僕に何も残さず逝ってしまった。
僕は祖父の著書や手帳、ノートを読み漁り、ゆかりの人を訪ね歩いた。

すると、時代が移り変わっても全く色褪せない「祖父の教え」が、
続々と見つかった。



黒柳徹子、久米宏、小林亜星、タモリ、ピーコ、さだまさし、清水ミチコ…。
永六輔の「言葉」によって、仕事や人生が激変した著名人は数知れない。

自殺を考えた女性も、仕事を失ったプロも、自暴自棄に陥った若者も、
「言葉の天才」の一言に救われ、今は大充実の人生を歩む。

●「知識に予算はかからない」●「叱ってくれる人を探す」●「人間関係に順位をつけない」●「人間は今が一番若い」●「生きているだけで面白い」●「聞くは話すより難しい」●「笑うことは武器になる」●「立場や肩書きを裏切れ」…

「天才」が83年間かけてつむいだ言葉は、『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』『こんにちは赤ちゃん』『大往生』など、数々の国民的名作にも生かされている。

だがそれだけではない。孫が選び抜いた36の言葉。

本書は、今を生きる私たちの人生を、思い切り楽しく、上を向いて歩いていくための「教科書」です。


【編集担当からのおすすめ情報】
「無駄なことは何もない。無駄にする人がいるだけだ」ーー。
永六輔さんの孫の拓実さんは、高校時代、ケガによって目標を失い、自暴自棄に陥りましたが、この一言を実践し、一念発起。現在は東京大学に通いながら、祖父の背中を追い、作家を志しています。
脈々と受け継がれた「言葉の天才」「言葉の職人」の才能。
永六輔さんを知っている人も知らない人も、あらゆる世代の心に響く一冊です。

大遺言:祖父・永六輔の今を生きる36の言葉はこんな本です

大遺言:祖父・永六輔の今を生きる36の言葉のKindle版

ツイートする