遠い旅・川のある下町の話 (P+D BOOKS)

  • 11人登録
  • 2レビュー
著者 : 川端康成
  • 小学館 (2016年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093522700

遠い旅・川のある下町の話 (P+D BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • ▼電子立ち読みあります▼
    http://shogakukan.tameshiyo.me/9784093522700

    〈 書籍の内容 〉
    川端康成の珠玉の「青春小説」二編が甦る!
    昭和33年に月刊誌「平凡」に連載されたものの、その後長い間単行本化されずに埋もれていた『遠い旅』は、青春を彷徨する若者の人生を描いた作品。

    『川のある下町の話』は、恵まれない大衆の生活の重みと苦しみが渦巻く町で、必死に生きる若者たちの姿を描いた群像小説で昭和28年の作品。

    川端青春小説が奇跡のカップリングで、いまここに甦る!

  • 川端康成の青春小説2編を収録。
    どちらもあまり知られていないタイトルで、『遠い旅』の方は単行本化もされなかったらしい。確かに派手なところは無いが、面白かったので意外だった。

    しかし川端康成はこういうものを読むと、如何にも文豪の佳品という気がするが、読んでいて楽しいのは『片腕』だったり、『眠れる美女』だったりするのは不思議なものだ。

全2件中 1 - 2件を表示

遠い旅・川のある下町の話 (P+D BOOKS)を本棚に登録しているひと

遠い旅・川のある下町の話 (P+D BOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

遠い旅・川のある下町の話 (P+D BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遠い旅・川のある下町の話 (P+D BOOKS)の作品紹介

川端康成の珠玉の「青春小説」二編が甦る!

昭和33年に月刊誌「平凡」に連載されたものの、その後長い間単行本化されずに埋もれていた『遠い旅』は、青春を彷徨する若者の人生を描いた作品。

『川のある下町の話』は、恵まれない大衆の生活の重みと苦しみが渦巻く町で、必死に生きる若者たちの姿を描いた群像小説で昭和28年の作品。

川端青春小説が奇跡のカップリングで、いまここに甦る!

遠い旅・川のある下町の話 (P+D BOOKS)はこんな本です

遠い旅・川のある下町の話 (P+D BOOKS)のKindle版

ツイートする