罪喰い (P+D BOOKS)

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 赤江瀑
  • 小学館 (2016年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093522779

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

罪喰い (P+D BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 短篇集『罪喰い』に『獣林寺妖変』を加えた濃い一冊。
    愛憎のどろりとした世界なのに醜悪さよりも美しさが勝る、独自の世界を堪能できました。
    短篇集『罪喰い』が未読だったのでこの本の出版は有難かったです。赤江作品がもっと出ると嬉しい。

    『獣林寺妖変』の出だしは何度読んでも強く惹き込まれます。世界に一気に引きずり込まれる感覚がたまりません…。

  • 赤江瀑は読みたいなと思ったときにはすでにほとんどの本が入手困難になっていて残念に思っていたところP+D BOOKSからこれが!ただ紙の本派にとっては買える書店が限られてるのがちょっと面倒なんですけどね。かさばるので持ち歩けないのもネックだけど、良心的価格でいろんな絶版本が読めるのは嬉しい。

    さて本書は短編集。基本的には耽美な伝奇ミステリーみたいな雰囲気の作品が多かったけれど、謎解き部分はたぶんそんなに重要視されていなくて、どちらかというと人間の情念とか官能とかドロドロしたものがクローズアップされていた印象。「獣林寺妖変」と「赤姫」は歌舞伎役者、「ライオンの中庭」はバレエダンサー、「サーカス花鎮」はタイトル通りサーカスのぶらんこ乗りが登場し、芸能に関わる世界の話が多いのも特徴。あとは近親相姦と男色モチーフ。

    どれも面白かったけど、奇妙な庭に取りつかれた庭師の異母兄弟の「花夜叉殺し」が、本当に花の匂いがしてきそうで好きでした。「罪喰い」と「獣林寺妖変」もインパクト強かったけど、この素材ならもっと長編で読みたかったかも。

    ※収録作品
    「罪喰い」「花夜叉殺し」「獣林寺妖変」「ライオンの中庭」「赤姫」「サーカス花鎮」

  • 何気にマニアックなタイトルを出しているP+D BOOKSだが、まさか出るとは思わなかった、赤江瀑。
    第2短編集『罪喰い』に『獣林寺妖変』を加えた、かなり『濃い』構成になっている。どちらもかなり初期の短編だが、当時から著者が題材にしていた事柄は一貫していて、特に歌舞伎を扱ったものは独特の魅力があると思う。
    赤江瀑に関しては復刊して欲しいものが多すぎるので、P+D BOOKSがせっせと出してくれるといいのだが……。

全3件中 1 - 3件を表示

罪喰い (P+D BOOKS)の作品紹介

夢幻が彷徨い時空を超える赤江瀑珠玉の6編

週刊誌の告知板に、建築家・秋村黒人が<罪喰い>という死者儀礼についての問合せを出していた。

それを見た京都の精神科医・水野は、2年ほど前に奈良・高畑の新薬師寺本堂前で出会った青年を思い出す。水野が持っていた伐折羅大将とよく似た木彫像裏の「都美波美黒人」の字を「罪食み黒人」と読めると話した青年が、その建築家だと思った彼は手紙を送る。

しかし、突然訪ねてきた秋村はあの時の青年とは全くの別人だった……。<罪喰い>という魔の言葉に取り憑かれた新進建築家の混迷を描く表題作は、第69回直木賞候補となっている。

「花夜叉殺し」は、主人公の亡き母の記憶と重なる物語。月明かりの夜にこそ幽玄の魅力を秘めた銀閣寺の庭と、一方、香花木で埋め尽くされた屋敷の絢爛たる庭とを対比しながら、庭の魔性に惑わされた若い庭師の惨劇が描かれている。ほかに赤江瀑初期の代表的短編「獣林寺妖変」「ライオンの中庭」「赤姫」「サーカスの花鎮」を収録。

解説は幻想文学研究の第一人者・東雅夫氏。

罪喰い (P+D BOOKS)はこんな本です

罪喰い (P+D BOOKS)の文庫

罪喰い (P+D BOOKS)のKindle版

ツイートする