Metro2033 上

  • 93人登録
  • 3.90評価
    • (7)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 小学館 (2010年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093567114

Metro2033 上の感想・レビュー・書評

  • ゲームが素晴らしかったので原作に手を出す。 ストーリーやキャラクターはゲームとの違いが大きいが、核戦争後の荒廃した世界観、メトロでの生活、長々と残っている思想や宗教観の描写が素晴らしい。どこまでも鬱々とした世界の中、世界の命運と主人公アルチョムにとっての、たったひとつの光明を求めて旅する姿に、手が止まらない。

  • 感想は下巻のほうで。

  • 全面核戦争が終わり、その後に生きる人類の物語。
    ロシアの生存者は地下鉄の駅を都市にする。
    その暗黒の世界には様々な思想や宗教により対立を余儀なくされ、流血は常。
    更に放射能汚染によって生まれた突然変異体による災害や、説明の付かない現象に主人公を含む住人は悩まされる。
    この地獄のような環境が用意されて初めて本書の物語が始まります。
    コーヒーを片手に読書できたり、柔らかな布団やベッドで眠ることが恵まれていることなんだ、などとフィクションにも関わらず文字を追いながら痛感しました。
    そして最後の最後に現れる妙な人物。下巻への期待を促します。

  • ■2033年のモスクワ。核戦争で荒廃してしまった世界...放射能の影響で変異した生物が居る地上を避けて、生き残った人類は地下鉄網で生活している。といった設定。

    ■そこに現れるのが「黒き者」と呼ばれる正体不明の怪物...。一度でもその姿を見たものは底知れぬ恐怖感が植えつけられてしまうといった不思議な能力を持つ。その怪物と戦うため...といったストーリなんだけど、地名や人名がロシア語なので、ストーリを追いかけていてもどうも居心地が悪くて。

    ■その舞台設定とか世界観は凄いだけに、地名や人名が邪魔する感じで前半は読み進めるのがかなり辛かったけど、なんだかんだと東京出張の機内で読了。

  •  同名TVゲームで遊んでいる頃から興味があったので、購入しました。
     ゲームは大変面白かったですよ!

     さて、原作小説はといいますと、主人公の青年アルチョムの心理描写が丁寧にされています。苦難の連続にぶつかりながら、自分の使命を果たそうと果敢に進む姿が印象的。

     閉ざされた地上の世界、地下鉄トンネルの暗い世界、迫りくる危険なミュータントとの果てしない戦い…一寸先は闇という緊張感と、いづれ人類は絶滅してしまうのだという閉塞感漂う雰囲気を見事に表現。

全6件中 1 - 6件を表示

Metro2033 上を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Metro2033 上の作品紹介

それは、華麗なデザインの駅が列なる、もう一つのモスクワ。しかし、2033年、その美しさの面影はない。核戦争で汚染された地上を逃れ、人々が生活の場所としたのがメトロの駅だった。主人公・アルチョムは自分が暮らす駅を救うため、モンスターや襲撃者が潜む、暗く、長いトンネルを旅する。その行く手に待ち受けるものは-?モスクワ生まれの作家が紡ぐ、驚きの近未来小説。

ツイートする