人形姫 (Spirits amuseum)

  • 211人登録
  • 3.80評価
    • (41)
    • (19)
    • (67)
    • (0)
    • (0)
  • 23レビュー
  • 小学館 (1998年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (70ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093590815

人形姫 (Spirits amuseum)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 眠る少女人形の胸の裡で音もたてずに破裂し続ける(永遠の)爆弾。

    恋月姫は、「静かで我が儘な女の子」の歴史に新たな地平を切り拓き、
    この一冊の写真集の成立によって、かちり、あるいはぎりり、と音を立てて、人類の一側面は進化したともいえる。

  • 万人向けの本ではない。
    好きか嫌いかと問われると…答えに困ってしまう。
    怖さと美しさ、可憐さと妖しさが混在している。

    一番好きなのは、黒髪の眠り目さんです。

  • 人形作家、恋月姫さんの写真集です。
    10念くらい前に購入しましたが、相変わらず、美しいです。

  • 初めて人形屋の店先で出会った瞬間に、僕の心をわしづかみにした“恋月姫”のビスクドールたち。縁が巡り巡って、その写真集を自分が手がけることになりました。すでに若者ではなくなった僕ですが、敢えて若者言葉を使って、その魅力を一言で表現しますと――マジ、やばい。

  • 後書きにもありましたが、人型でありながら「人間にはあり得ない比率」にこそ惹かれるんだなと。
    生々しくも空虚な容。

  • 人形の嘆美な世界です。何ともいえない独特のリアルさは必見です。

  • 変な話、生き生きしていないというか、無生物には見えないんだけど、生命力を感じない空気が凄く好き。
    恋月姫の人形写真集は是非とも集めたいシリーズです。

  • 恋月姫というビスク作家の画集。

    人形屋佐吉の店主、片岡佐吉さんのお店が前から札幌にあるのは知っていたのだけれど
    佐吉さんは東京のお店の方でやっているので札幌のお店は
    年に1回いつ開くかも解らなくて、開いてなくてもいいので一目見たくて初めて電車で店の前を通りかかったら
    なんと灯りがついている!電車を降りはやる気持ちを抑えられないまま閉まらない様にと必死に願い
    急いでお店に駆け込むと、今開けたばかりだと驚く佐吉さんのオーラがすさまじかった記憶。
    普通の人とは別次元で生きている雰囲気で近寄れなくて、複数の人形にとりつかれているような
    話す言葉もなんていうか、私の稚拙な言葉じゃとても言い表せない。
    お店に居る最中もお店から出てからも、ずっと緊張して心臓が飛び出るくらいどきどきしていた。
    北海道に帰るとは誰にも言ってはいないし告知もしていない、どうしてお店が開いてることが
    わかったのと聞かれ、電車の中で見かけて灯りがついていたから走ってきた経緯を話すと
    ご縁とは不思議だねと本当に心底驚いた顔で、今度手紙を送るから住所を書いていきなさいと
    名刺を渡され、今でも偶に個展があるとはがきがくるのでした。

    そんな思い出深いお店で買った本と佐吉さんが撮った写真。
    今思うと夢だったんじゃないかっていう不思議。本当に不思議な人だった・・・。

  • 初めて本屋で観た時の衝撃。見てはいけないモノを見てしまったようで、そっと本を置きました。それから10年。結局、ずっと虜です。。。

  • 最初はただ怖いと思っていた。人形がこんなに震えが来る程に美しいなんて思いもよらなかった。

全23件中 1 - 10件を表示

恋月姫の作品

人形姫 (Spirits amuseum)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人形姫 (Spirits amuseum)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする