生きていた!生きている? 境界線上の動物たち (BE‐PAL BOOKS)

  • 15人登録
  • 4.20評価
    • (3)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 多田実
  • 小学館 (1998年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093664011

生きていた!生きている? 境界線上の動物たち (BE‐PAL BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 人間はいったい何種の動物を
    殺してしまえば自分たちの愚かさに
    気づくのでしょうか…
    この本にはそんな愚かな記録が
    たくさん書かれています。

    どの場所にいる生物にも
    いる意義があるのです。
    それがたとえ地味でとりえがなかったとしても。
    そんな生物もこの本には出てきているのです。

    一番心が痛むのは
    外来生物の侵入による
    絶滅の危機に陥った動物たちです。
    代表的なのはバスです。
    これにはどうやら関係する業界の
    思惑があるようですよ。
    あんなごみを釣って何が楽しいんだか…
    (そのせいである芸能人が嫌いになったのは言うまでもなし)

    他にはさまざまな固有種がいることは
    参考になりました。

全1件中 1 - 1件を表示

生きていた!生きている? 境界線上の動物たち (BE‐PAL BOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

生きていた!生きている? 境界線上の動物たち (BE‐PAL BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

生きていた!生きている? 境界線上の動物たち (BE‐PAL BOOKS)はこんな本です

ツイートする