ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記

  • 66人登録
  • 3.59評価
    • (6)
    • (10)
    • (17)
    • (0)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 宮田珠己
  • 小学館 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093664110

ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面倒くさいという真摯な気持ちはなぜか世間では不当に虐げられている。面倒くさいは性欲、睡眠欲と並んで人間の三大欲望のひとつである。歴史上のさまざまな事件は人間のあくなき欲望によって起こったが、一方で面倒くさいことによって多くの事件が起こらなかった。人間が面倒くさがらなかったら、もっともっと世界は大変なことになっていたであろう。面倒くさい万歳。

    というスタンスでシュノーケリングに臨んでいる旅行記。ゆるい気持ちで読めた。

    海外旅行で出会った女性とウ○コについては近い感覚を感じた。

  • 相変わらずおもしろいんだけど、海の魅力はいっさい伝わってこないよね。
    海、行くまい、と思った。
    内容にまったく興味がないのに文章が読みたすぎて読んでしまう。
    しかもこの本はイラストまであって、それがまたいい。
    後半はもうなに見てもおもしろくって、深夜なのにクスクス笑いながら読んでしまった。

  • どれだけダイバーに誘われようとも、冷たい視線を浴びようとも、
    頑なにシュノーケリングにこだわる筆者の
    ユーモアに溢れたシュノーケリングトリップ記。

    くすくす笑えること間違いなし。文章もうまいけど、絵もうまい!
    変わった形の生物大好きの著者なので、登場する生物をへんてこなものが多い。
    タコブネなんて見たことなくて、画像検索かけたら、イラスト通りでビックリ!
    黒の一色カラーのイラストなのに、よぉく特徴をつかんでいる。
    うむ。すごい。羨ましい。

  • 薦められなかったら読んでなかったな。笑

    途中、大いに脱線もあるけど。シュノーケリングしてみたいと思った、

  • 本の裏側の、得たいの知れない絵に一抹の不安を感じながら、読み始めた本。不安は的中した。文もさることながら、絵も秀逸だ。何がなんだかわからないようなものばかりだ。取れた歯の詰め物すら、生き物と間違えそうだ。これだけ、ウミウシウミウシと連呼されているのに、全く興味がわかない。わかないにも関わらず、楽しめた本で、おそろしい。

  • 2011 1/27

  • タマキング4冊目!
    前回の巨大仏像に続き、マニアックシリーズ2冊目…

    マニアックな題材を選ぶセンスはサスガだが、いざそれについて読んでみると、やっぱりマニアックすぎて興味がわかない・・・

    純粋に旅記、旅エッセイを狙って読んでいきます。

  • 「この本の収益の一部を、かけがえのない世界の海とそこに生きる生き物たちを、私が見に行くために捧げたい」というぼけた巻頭言で始まる本。変なかたちの生き物が好きな作者が綴るエッセイなのだけど、作者のゆるい語り口が、すごくおもしろくて、何度も噴き出してしまいました。電車や静かなところで読むのはお勧めしません。 つっこみどころ満載な1冊です。

  • 人前では読めない本(^^;)。ずっとくすくす笑ってしまってアヤしい人になってしまうから。自分はゆるっとシュノーケラーでありたいのにそうさせてくれない世間との攻防がたまらなくおかしい(あれ、こう書いちゃうとちっともおもしろくないな・・・(^^;)。でも本はほんとにおもしろいんですよ!)。強いポリシーを持たないことをポリシーにしている(のか?)著者が、変な形の海の生き物を追って、日本を含む世界各地の海を巡ります。個人的に、一番ツボにはまったのは、「ひっくり返したマンジュウヒトデ」でした。学生時代に獣医学部卒の人から聞いた「スベスベマンジュウガニ」(この名前だけで1時間笑った)を思い出してしまった。自分では決して見つけ出せなかったであろう本。白水社版をご紹介されてたPipoさんの感想からたどり着きました。

  • ビーチも楽しいぞ!変な形の生き物を見に海に行く旅行記。しかもシュノーケリングにこだわりダイビングはめんどくさいからやらない。フィリピンの有名ダイビング・スポットのバリカサグ島やモルディブのビヤドゥ島まで行ってもギンガメアジ、カラフルな熱帯魚(熱帯魚ですます!)など見向きもくれず、ひたすら不思議な形の生き物に心を奪われてシュノーケルで浅瀬を行く著者。「いくら大きくても大群でも、わたしに言わせれば変なカタチでないものはつまらない」と言い放ち、「それはこんなカタチ」と生き物のイラストがのっていて楽しい。なぜお前はそんな形なのか?っていう気持ちわかるわかる。こんな心持でビーチも楽しみたい。「南の島は来てしまうことが大切だ」う〜ん、深い!

全12件中 1 - 10件を表示

宮田珠己の作品

ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記に関連する談話室の質問

ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記を本棚に「積読」で登録しているひと

ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記はこんな本です

ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記の単行本

ツイートする