葉っぱで2億円稼ぐおばあちゃんたち―田舎で生まれた「元気ビジネス」成功法則25

  • 61人登録
  • 3.86評価
    • (6)
    • (8)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : ビーパル地域活性化総合研究所 
  • 小学館 (2008年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093665360

葉っぱで2億円稼ぐおばあちゃんたち―田舎で生まれた「元気ビジネス」成功法則25の感想・レビュー・書評

  • なかなか忠実に記憶法/タイムマジック実践できん。
    時折読み込んでしまう。
    はっぱ 株式会社いろどり横石知二 一万件営業、自前で料亭食べ歩き。さすがにただのアイデアじゃないんだなとは思う。
    さすがにインフラ整備にはプロが入ったのかな?
    企画集団ラブリー金木 角田周
    正気の沙汰でない
    正気の沙汰でないって言われたい。ってのはおれの価値観のひとつだと認識した。やや残念でもあるが。昔からこうなのか、そうなりたいが高じてこうなったのか。
    けっこうつなわたり、偶然に助けられることもある(初日が晴れたのに、参加した俳優の娘が馬に夢中で絵になったからマスコミの目線がそっちに、とか。でも馬の仕入れは前日夜中に足で成立させり、それ自体そもそもその時間帯まで用意できるかどうか不明だったわけだし。)

  • 過疎と高齢化に悩みながら、高齢者を活用した「つまものビジネス」で息を吹き返し、 地方再生のモデルケースとなった徳島県上勝町……に代表される25の成功事例集。
    伊賀の里モクモク手づくりファーム等、馬路村の柚子で村おこしに並ぶような有名な事例が沢山紹介されています。

    特にこの本で黒川温泉の事を知りました。
    非常に興味深く、黒川温泉で取り組まれた地域おこしの取組みについて今後深く掘り下げていきたいと思います。

  • ピンチをチャンスに変えた話が面白かった。

  • 2012/04/06 津市美里図書館---芸濃図書館。

  • 田舎で何も無いと思われているところでも見方を変えればたくさんの資源があるということを教えてくれえる。

  • 田舎でもアイデアひとつでビジネスにつながるものもある。

    最後のまとめに「活力のある地方には優れたキーマンがいる。タカのように高い位置から地域を眺めきらりと光る未利用資源を見つけ出すプロデューサーの眼力。見つけた資源をどう組み合わせ、磨けばより付加価値の高い商品やサービスになるかというデザイン力。そして出来上がった商品・サービスを既存の流通にゆだねるのではなく、自ら都会にも出向いて販路を開拓する馬力と粘り強い交渉力」とあったが、なかなか面白そうである。

    自然との共生。それで幸せも感じられていいと思った。

  • ・農産物直売所
    ・雑木(コナラ、ヤブツバキ、エノキ、サカキ)を植えて客を呼ぶ(黒川温泉)
    ・農家レストラン
    ・グリーンツーリズム
    ・体験学習

全7件中 1 - 7件を表示

葉っぱで2億円稼ぐおばあちゃんたち―田舎で生まれた「元気ビジネス」成功法則25を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

葉っぱで2億円稼ぐおばあちゃんたち―田舎で生まれた「元気ビジネス」成功法則25を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

葉っぱで2億円稼ぐおばあちゃんたち―田舎で生まれた「元気ビジネス」成功法則25を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする