ダムはいらない! 新・日本の川を旅する

  • 28人登録
  • 3.82評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 野田知佑
  • 小学館 (2010年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093665407

ダムはいらない! 新・日本の川を旅するの感想・レビュー・書評

  • 今月頭にカヌー旅行で、憧れの四万十川を下ってきました!
    そこで出会った方が偶然にも著者の野田さんのお友達で、よく野田さんの本にも登場するお方でした。
    そんな出会いが嬉しくてキャッキャとはしゃいでいたら、ここが〇〇さんの生家、ここがガクの冒険の撮影現場、などと教えていただき、とても楽しい旅となりました。

    自宅に戻り、川の余韻に浸りたくて、手持ちの野田さんの本の中で一番新しかったこの本を再読してみました。
    (この本にもその方は登場していました♪)

    札幌に住んでいるときに初めて友人のカヌーを借り、千歳川を下ってから15年が経ちます。
    その時の印象があまりにもよく、四万十川を下った今でさえ私の中のナンバー1の川は千歳川で変わりません。

    そんな思い出の川の姿が護岸工事でコンクリート化され一変していたとしたら・・・こんな悲しいことはありません。
    野田さんはきっと、そんな悲しい思いを怒りに変えて、行政と戦ってきたのでしょう。
    この本は「日本の川を旅する」の続編として、30年前に下った川を改めて下りなおした紀行エッセイです。

    楽しく爽快な気分になりたくて野田さんの本を読むのに、現実は悲しい。
    ダムと護岸工事のせいで川が濁り、魚が減っている。森を切り刻むことで山の保水能力が弱まり水害被害が甚大化している。川と地域・人とのつながりも変化している・・・
    本当の意味で川を守るためにはまず、人が川を知り、川と親しむことであることを改めて実感しました。

  • なかなかこんな生活への一歩すら踏み出すことができないままだけど、
    野田さんの本は、ときどき読むと、自分の好きなこと、目指したいものを見直させてくれる。
    でも、その分、現状とのギャップにブルーになってしまったりもする。

  • 日本が失ってきたものの取り返しのつかなさに切なくなる。あと、自然の中で生きるスキルを身につけたいなと思う。

  • H22.2.16
    生活してる人、遊ぶ人、仕事にする人、お金のネタにする人・・・。川って、立ち位置によってこんなに利用の仕方が違うんだな、ということを改めて教えてもらった。お金のためではなく、純粋に川を元に戻そうとしている声が高まっているのはうれしいこと。自分にできることを考えてみよ。

全4件中 1 - 4件を表示

ダムはいらない! 新・日本の川を旅するの作品紹介

転換期を迎えた河川行政、日本の川を見つめ直す時代が来た。今こそ野田知佑の声に耳を傾けよう!すべてはこの男の主張からはじまったのだ。82年、日本ノンフィクション賞・新人賞を受賞した「日本の川を旅する」の続編として、アウトドア誌「BE‐PAL」に長期連載中の人気エッセイシリーズ「のんびり行こうぜ/新・日本の川を旅する」が、満を持しての単行本化。

ダムはいらない! 新・日本の川を旅するはこんな本です

ツイートする