模倣犯〈上〉

  • 5543人登録
  • 3.83評価
    • (920)
    • (782)
    • (1254)
    • (66)
    • (21)
  • 668レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 小学館 (2001年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (721ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093792646

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
金原 ひとみ
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

模倣犯〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 劇場型犯罪。
    犯人の自己顕示欲が強く、読んでる側は犯人ってわかっているのに
    犯人の傍若無人な態度にいらいら、憤りを感じ、早く捕まえて!と
    思わずにはいられない。そんなんで、どんどん読みたくなる物語。

  • きつい。
    思ったより進まなかったのは、残虐事件の本好きな私でもきつい内容だったからなのか。

    結末が気になるので下巻も読みたいが、今すぐは手が出ない。

    貸出中にホッとした自分がいた。

  • 気の悪い登場人物ばかりで、どんな本よりも気持ちが重たくなります。樋口めぐみが相当キツいですね。あれは…どうやったらああいう子にキャラクター設定できたのか教えてほしいくらい。もちろん他にもオカシイ人達がたくさん出てきますが、殺された人の苦しみや断末魔の叫びでさえ同情できない程のひどい描写っぷりに、ほとほとうんざり。唯一の救いは有馬義男の矍鑠ぶりと、石井良江の人間らしい怒りと恨みでしょうか。途中出てこなくなった慈子や、どう絡んでくるのか分からないけどキーパーソン的な真一の存在も気になります。

  • 上下巻あわせて、合計約1400ページありますが、これはそんだけ価値があると思います。

  • 再読。

    久々に重たいのが読みたくなりまして。秋だからかなぁ、、

    連続殺人犯たちの物語

  •  
    読んだのは中学生の頃。

    長い上に、1ページ上下に段分けされていて、当時の私にはキツかった。

    よく覚えていないけれど、真一くんと滋子さん好きでした。

    上巻は事件がばら撒かれて終了した気がする。下巻で、ピース達側の描写に移った時、殺害シーンのリアルさに感心していた。

    夏場の暑いロッジでの風景が思い浮かべやすく、女性作家特有の容赦ない残酷な表現の仕方が、とても分かりやすく、衝撃的だった。

    衝撃的だったくせに詳細を覚えていない。

    下巻は止まる事無く、スラスラ読めて、佳境では寝ることも出来ずに徹夜で読んだ。

    読み終え、朝が来て、さあ寝ようという時に、「今日デパート行くから」と言われた時の絶望感。

  • 宮部さんの書く文章は、難しい言葉があまり出てこないのでとても読みやすい。
    一気にぐいぐいと読ませられるのだが、あまりもの長編なのでさすがに疲れてくる。
    とくに単行本の分厚さは重くて持っているのがしんどい。
    持ち運んで読む人には文庫本をおすすめしたい。

    内容については、犯人の思考に胸が悪くなる。
    男って、女って、こんな馬鹿なのか。
    人間ってこんな思考を持っているのか。
    なんだか信じられなくなっていく。
    顔やスタイルが良いって得なことばかりじゃないのだな。

  • 面白かったけど、長すぎでした。
    第一部まではちゃんと読んでたけど、第二部からは流し読んだ。
    犯人側の叙述が冗長すぎる気がした。
    でも、それでも面白かったし、止まらないし、考えさせられるのはやはり宮部みゆき。

  • 上下巻。長い。『理由』と同様相変わらずの枝葉の多さで途中だれてくる。けれど、それを乗り越えて読み切ってよかった。

  • 伏線と心理描写がスゴイ。
    映画は本と別物と考えたほうがいい。

全668件中 1 - 10件を表示

模倣犯〈上〉に関連するまとめ

模倣犯〈上〉を本棚に登録しているひと

模倣犯〈上〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

模倣犯〈上〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

模倣犯〈上〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

模倣犯〈上〉の作品紹介

公園のゴミ箱から発見された女性の右腕。それは「人間狩り」という快楽に憑かれた犯人からの宣戦布告だった。直木賞受賞作『理由』以来三年ぶりの現代ミステリー。

ツイートする