模倣犯〈下〉

  • 4928人登録
  • 3.81評価
    • (808)
    • (661)
    • (1136)
    • (57)
    • (20)
  • 478レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 小学館 (2001年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (701ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093792653

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

模倣犯〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エグい…(T^T)
    マスコミがエンターテイメントを求めている姿と真実を暴く両面を見せつけ、大衆がそれを楽しんでる姿が気持ち悪い。
    被害者の家族がもてあそばれる姿がまた気持ち悪い。
    浩一が犯人なのはわかっているのに(読者側)どうにも進展しないのが胸に重い感じだった。
    救いなのは真一と豆腐屋と滋子が落ち着くところに落ち着いたこと。

    日頃からマスコミ(特にワイドショー)に踊らされることがおおい視聴者。
    マスコミが真実を暴くだけのものならいいが決してそんなことはない。
    いろんな人たちを傷つけているのも確か。
    自分で情報を見分けられるような目をもっていきたいのと「大衆」のようにはなりたくない。

  • 事件はさらなる方向へ動き出し、登場人物たちがそれぞれ語りだす。私の単純な一人称の考えではとてつもなくすごいことで、その場面場面で感動がありました。事件にかかわった人々が、その時間と共にいろいろな経験をし、それに伴う感情の流れが丁寧に表現されています。悲惨な事件もようやく終わりを迎えますが、事件を解決した側の決意、被害にあった家族の切なさなどエンディングもさすがでした。

  • 名作。読ませるが、無駄に長い。絶対にもう少し短くできたはず。
    特に後半にかけて顕著で、少し読むのが辛くなったほど。物語にほとんど影響のないエピソードは削って欲しかった。

    登場人物に魅力がない。個人的に、全員嫌い。
    特にカズとその妹。
    カズは多少運も悪いとはいえ、周りの事をまるで考えず家族を地獄に落とした様は流石である。
    なぜか本当は頭がいいみたいな描写だが、「行動的なバカが一番タチが悪い。」の典型な気がする。

    妹は凄くかわいそうな人物なのに、後半の自殺で、やっと死んだか。くらいにしか思わせなかった。人物描写は、参りましたの一言である。

    ただ、魅力のない人物と、あまり内容のない陳腐なストーリーで、ここまで面白くできるんだから流石は宮部さんである。

    ただ、長さもあり、再読しようとは決して思わない本。

  • 長かった。カズが不憫でならず、この下巻半ばまで気が重くて読み進められなかった。途中で何度も、カズの無実がきちんと明かされるのか、先のページをめくったりした。

    読み終えてから、あれはどうなったのかとか、回収されてないんじゃないのかと思い返したりしたが、別にきちんと回収されるべきものではなくて・・・くらいのものだったのか、と勝手に納得する。何しろ長かったから。(あの携帯電話は無事に警察に渡ったのかとか、電話相談所の流れとか。)網川が犯人だときちんと落ちれば良かったのかなぁとか。拾ってないよりも、自分が知りたいだけなんだけど。

    ガミさんがなんか、さして重要キャラな感じじゃなかったのが気になった。(「R.P.G」を読んだことがあるもんで)有馬義男が良い味。そういえばヒロミが「学生のときに殺した」、ピースが「おまじないみたいなもの」と言ってたのは一体なんだったっけ。図書館で読んでた本の複線の回収ってどっかで書いてたっけ。

    映画は中居だったようだが、作り直すなら私的には戸次重幸がいいなぁなんて。

  • 久々の再読。
    やっぱりこの人すごいなあ。年月が経って、いろんな信じられないような事件がこの後にも起きたけど 。それでもここに書かれている肥大した自己顕示欲の怖さは、今も色褪せないし、わかるからこその恐ろしさがあると思う。

  • 読み終わって何とも重苦しい結末ですが、著者の作品の中ではやや不自然な場面が多く、小説の世界だと思うと救いだという妙な心境です。同じ著者の「理由」もそうですが、いろんな立場の人たちが深く掘り下げられ、被害者、加害者、遺体発見者、ルポライター、警察官、またそのまわりの登場人物について、またそのそれぞれの家族の内情が描かれていくところが、長大な小説になる所以であり、誰か一人が主人公というわけでなく、社会の深淵を覗かせるという小説になっているようです。その中でも下巻の展開はある人物が強烈に印象づけられます。

  • 高2の冬に読破し、しばらく私の心にトラウマを植え付けて下さった作品。

    読んだ当時、本当に怖いのはオバケなんかじゃなく、人間なんだなと思った。

  • 宮部さんの長編小説。後編は犯人視点。ラストだけ映画とは違います。小説のほうが好き!

  • 面白かったけれど長かった。最後にタイトルの意味が分かりすっきりしたが、登場人物にイライラさせられる事が多い話だった。
    人は見たいように物事を見ると言うような事を何度も言っていたが、事件の関係者は仕方ないとしても、なぜルポライターである滋子も見たいようにしか物事を見ないのか。どうも滋子が好きになれなかった。そんな中、有馬義男の強さが目立ってたと思う。最後の柿崎先生には泣けた。
    余りにも長かったので、伏線が全て回収されたのかも覚えてない。しばらくは再読しないけれど、次に読む時はメモでも取ろうと思う。

  • 上巻から数か月あけて、やっと手に取りました。

    読み終わってもすっきりはしない。
    謎は残る。
    彼が母親を殺したのはなぜだろう。

    高井家の残った夫婦はどうなっただろう。

    裁判はどうなったのか。

    宮部氏の作品は昔からあまり好きではない。
    でもおもしろい。
    とても厚い本だがあっという間に読み終わった。

    次は楽園を読みたい。

全478件中 1 - 10件を表示

模倣犯〈下〉を本棚に登録しているひと

模倣犯〈下〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

模倣犯〈下〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

模倣犯〈下〉の作品紹介

炎上しながら谷底へ落ちていく一台の車。事故死した男の自宅には、数々の「殺人の記録」が。事件を操る真犯人の正体は…!?あまりに切ない結末!魂を抉る驚愕と感動の三千五百五十一枚。

ツイートする