逆説の日本史〈6〉中世神風編―鎌倉仏教と元寇の謎

  • 123人登録
  • 3.60評価
    • (7)
    • (15)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 井沢元彦
  • 小学館 (1998年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093794176

逆説の日本史〈6〉中世神風編―鎌倉仏教と元寇の謎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「神国」ニッポンは元寇勝利の“奇蹟”により何を失ったのか!? 鎌倉幕府の滅亡の系譜を辿りながら責任の所在が曖昧で、危機管理能力が欠落した現代日本の「虚妄」のシステムを暴き出す。

    【キーワード】
    単行本・日本史


    ++++1

  • 逆説シリーズの中ではベスト
    中世の宗教がよくわかる
    4.6点

  • 鎌倉仏教の概要がよく分かる。二度にわたる元寇と鎌倉幕府の衰退、楠正成や足利尊氏、新田義貞らのと後醍醐天皇との関係がよく分かる。

  • (新)仏教に関して、ややこしくて難しいと今まで避けてきましたが、やっぱり知らないと歴史の本は読めないのかな、と。分かり易く書いてあるけど、頭はやっぱりこんがらがってしまったので、あと何回は読み直ししようと思います。

  • 東北関東大震災を跨いでしまい、しばらく中断していたがようやく読了。
    鎌倉時代に、どのようにして仏教が「日本のもの」になっていったのかがダイジェストとして分かる。

    頼朝亡きあと、元寇が日本を襲撃した時の神風とはなんなのか、幕末に向かって、武士と貴族、天皇がどのようなバトルを繰り広げたのか、後醍醐天皇がやろうとした独裁政権「建武の新政」とはどんなものなのか、など学校の授業ではイマイチ興奮できなかった時代の出来事がドラマチックに綴られていて面白い。

  • 鎌倉幕府滅亡から北条氏が執権となって暗躍した時代,更に,南北朝時代での後醍醐天皇と足利尊氏との争いの背景などを解説。本巻には,著者もおなじみの言霊・信仰の話はあまり出てこない。

  • 京極夏彦の鉄鼠の檻は良くできた仏教(禅)小説だと言うことが判明。

  • 鎌倉仏教のいろいろ、いろいろありましてなかなか興味深かったです。

    歴史はおもしろいです。

全9件中 1 - 9件を表示

井沢元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
村上 春樹
ロバート キヨサ...
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

逆説の日本史〈6〉中世神風編―鎌倉仏教と元寇の謎を本棚に「読みたい」で登録しているひと

逆説の日本史〈6〉中世神風編―鎌倉仏教と元寇の謎を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逆説の日本史〈6〉中世神風編―鎌倉仏教と元寇の謎を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逆説の日本史〈6〉中世神風編―鎌倉仏教と元寇の謎を本棚に「積読」で登録しているひと

逆説の日本史〈6〉中世神風編―鎌倉仏教と元寇の謎の作品紹介

「平和ボケ国家」ニッポンの源流。暴走する「カミカゼ信仰」に楔を打ち込む。

逆説の日本史〈6〉中世神風編―鎌倉仏教と元寇の謎の文庫

逆説の日本史〈6〉中世神風編―鎌倉仏教と元寇の謎のKindle版

ツイートする