「神田川」見立て殺人―間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)

  • 38人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (2)
    • (14)
    • (2)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 小学館 (2003年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093796170

「神田川」見立て殺人―間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)の感想・レビュー・書評

  • 見立て殺人。それは被害者をわらべ歌、童謡、詩などの内容になぞらえて殺す殺害方法で、推理小説の世界ではおなじみの状況だ。

    マグレこと間暮警部が数々の事件を「見立て殺人」と断定し、解決していく推理小説、いやこれは絶対に「ギャグ推理小説だ」

    見逃しがち(とわたしがおもっているだけかもしれないが)推理小説部分の展開は悪くない。それぞれは短い構成だが、きちんと筋道が立っている(当たり前だ)。

    しかし、事件を解決(に導いているように見える)しているのは必ず現れる間暮警部と谷田貝美琴刑事だ。1960年代、70年代の歌謡曲をろうろうと歌い上げる。ちょっとだけかましているのは拍手の要求とかも予定調和というか、水戸黄門の入浴シーンみたいなもの?ストーリーが方にはまっていて、展開も決まっていて、テーマは異なるという、これはなんというかゴレンジャーから連なる戦隊ものというか、やっぱり水戸黄門あるいは木曜ゴールデン劇場のような、型が決まっているが(きまっているからこそ)面白いというアレだ。

    マグレの推理理由も、決まって殺害理由は宇宙人や超能力者の仕業になっているところがよい。「なんだこの展開は?」と戸惑いを覚えつつ、結局はぷぷっと笑うしかない展開、本当によく組み立てられているのです。

    これは絶対に月9的なテレビドラマにすべきだ。マグレになりそうな俳優は結構いそうだ。

    そして、この小説の真の主人公はひかるであって、ひかるにこそきらりと「光る」若手の女優を当ててほしい!

    とまあ、そんな妄想が広がる面白いタイプのギャグ推理小説であった。

  • 複数の事件を間暮(マグレ)刑事が歌謡曲の「見立て殺人」として解決していく。
    連作の形をとっているが、最後まで間暮刑事の能力は本物なのかマグレなのかよくわからなかったし、捜査に入ってすぐに犯人を特定してしまうのはちょっと物足りなさを覚えた。

  • くだらなすぎるけど,2回くらい笑ってしまった。

  • ギブです。
    正確に言うとギブアップ。
    英語だとGIVE UP!
    言い直したところでなんてことないですが。

    最近仕事が忙しく帰宅時間が遅かった上に、読書時間をミクシィに奪われ…(笑)
    もともと苦手な短編集ということもあり…。
    言い訳が並びましたが、要はさっぱり読み進められませんでした。

    オレ、かなり偏食ならぬ偏読なんです。
    好き嫌いが激しいわけじゃないんですけど、面白いと思ったらその作家ばかり片っ端から読んでいくみたいな。
    中高生の頃の内田康夫さんから始まり、村上春樹さん、村上龍さん、岡島二人さん、よしもとばななさん、島田荘司さん、綾辻行人さん、折原一さん、東野圭吾さん、森博嗣さん…きりがないですね。
    鯨統一郎さんもその中の一人で、この人の場合は前にも書きましたが、とにかく最初に読んだ「邪馬台国はどこですか?」が抜群で…。
    それから…ま、いいや、詳しいことは『オレンジの季節』の日記を読んでください…タグが使えないのは不便ですね。

    そんなわけで、次に読む本もたくさんあるし、とりあえずギブアップということで。

    鯨統一郎さんの本で「邪馬台国はどこですか?」以外でオススメの本があったらぜひぜひ教えてくださいね。
    その他の作家さんのものもぜひお願いします。

  • ヒット曲見立て殺人の謎を解く間暮警部。楽しい。

  • はは、頭いてー。
    マグレ警部は常に突然歌いながら乱入してくるのですよ。
    時には3番まで歌っちゃって。
    「な、なんなんですか!?」といわれたら
    「わかりませんか?これは見立て殺人なのです」
    ってあんた今きたばっかりやん。
    「犯人はこの部屋にいます」
    入ってきたばかりで部屋の主を犯人と名指しした上
    来た時と同じ唐突さで
    「今日は失礼しましょう。しかし行方をくらましたらその人が犯人ですよ」
    と脅して?帰る。
    部下によると灰色の脳腫瘍に犯されてるらしい。
    そして事件は地球に降りてきている宇宙人の仕業ということに……
    うーんうーん、ずっとこの調子の連作短編集なんだよ〜。
    そして困ったことに、肝心の70年代歌謡曲が半分くらいしかわからないのだった。

    ブックデザイン&フォトグラフ / Gaku Okubo
    イラストレーション / Ken Watanabe
    初出 / 季刊『文芸ポスト』2000年秋号~2002年秋号

全7件中 1 - 7件を表示

「神田川」見立て殺人―間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「神田川」見立て殺人―間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「神田川」見立て殺人―間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)を本棚に「積読」で登録しているひと

「神田川」見立て殺人―間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)はこんな本です

ツイートする