主婦と恋愛

  • 82人登録
  • 3.02評価
    • (2)
    • (11)
    • (29)
    • (12)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 藤野千夜
  • 小学館 (2006年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093797375

主婦と恋愛の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いかにもなタイトルで、ヒルガオ?!と思いきや、淡くて何も起こらなくて、でもそこがよかった。
    ただ、作者のファッションセンスを疑う。
    前髪サラサラの男の人がかっこいいわけがない。ダサい!!!←偏見。

  • サッカー観戦に絡んで得た新しい知り合いとの日常。なにか起こりそうで起こらない、そこが『主婦と恋愛』なのだろう。

  • ワールドカップに熱狂する話が中心であり、ささやかな日常の良さを味わえる作品。話の浮き沈みも静かで、わくわくはあまり感じられない。

  • するするするするーーーーーって読めた。
    タイトルで想像してしまう、不埒な感じとか
    淫靡な雰囲気とかドロドロとかは、ありません。

    でもすごく「現実的」だわ。こんなもんだよね実際。うん。

  • 職場の先輩だった白川さんからもらったサッカーのチケットで、チエミは夫の忠彦と北海道まで行った。

    そこで出会ったのはサッカー好きなワカナちゃんで、

    チケットもらったお礼に白川さん家にカニを届けたついでにカニ鍋パーティーに参加して知り合った
    写真家のサカマキさん。

    ワカナちゃんの若さと美貌と人懐っこさ。
    サカマキさんの意味ありげな笑みと、自信過剰な仕草。

    ひょんなことで知り合った人たち。無意識に、吸い込まれるようにひかれたり、切なくなったりする瞬間。

    だいぶ何年か前に最初の方だけ読んで投げ出した本。
    ちゃんと読み終えたよー。達成感)^o^(

  • 恋愛が始まりそうで始まらない。
    ドキドキしたりイライラしたりの
    もどかしさがたまらない。
    タイトルは、もっとドロドロした話を想像させるけど
    中身はさわやかな小説でした。

  • ■夫といても、なぜか淋しい―夫婦の間に流れる何気ない思いやりや、ちょっとした不満&物足りなさ―そして偶然めばえてしまった夫以外の男性への恋ごころを、繊細で、しかも優しく笑える暖かさで描きました。

    ■■ほのぼのとしたお話でした。大きな起伏はないけど、日常の中のちょっとした夫婦のすれ違いや、浮気じゃないけど夫以外の男性へときめいたり、また夫の存在を再確認したり。こんなのんびりした夫婦の関係はちょっと羨ましいかもしれない。

  • なんかおこりそう、わくわくと思って読んでいると、
    何もおこらず終わってしまった。
    でもそれがいいかも。
    相変わらず文章軽快で、漫画のようにさらっと読めます。

  • ・チエミはサカマキへの想いが高まりつつあるのを自制し、
     接触を避けようと試みている。さらに忠彦には遠まわしに
     メッセージを送っているが、忠彦は気付かない。
     ●だからといって、鈍感な忠彦に問題があるわけではないだろう。

    ・P222 べつにつまらなかったわけじゃない。
        退屈していたわけじゃない。
        暇だったわけじゃない。
        絶対にそうじゃない。
     ●だったら、なんなのか。本気で愛していたとでもいうのか。
      結局、W杯が終わることでサカマキへの恋心もなくなっている。
      恋心というものの不確かさ、うつろいやすさがよく描かれている。

    ・P248 もしどこかで何かが一つ違ったら。
        今の自分はまったく違う場所にいたかもしれない。
        あるいはどこかで何かが違ったおかげで、今この場所にいるのだろうか。
        それはこれまでもそうだったし、これからもずっとそうなのだろう。
        チエミはそう思って、ほんの少しだけ心を揺らした。
     ●結局のところ、この本の要旨はこの一文に集約されている。


    ☆きっかけは本読みHP

    読了日:2010/03/05

  •  なんかよく分からない話だった。ちょっとマンネリになった夫婦の心理状態を表現した小説。

全27件中 1 - 10件を表示

藤野千夜の作品

主婦と恋愛を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

主婦と恋愛を本棚に「積読」で登録しているひと

主婦と恋愛の作品紹介

夫といても、なぜか淋しい-夫婦の間に流れる何気ない思いやりや、ちょっとした不満&物足りなさ-そして偶然めばえてしまった夫以外の男性への恋ごころを、繊細で、しかも優しく笑える暖かさで描きました。

主婦と恋愛はこんな本です

主婦と恋愛の文庫

主婦と恋愛のKindle版

ツイートする