金色の野辺に唄う

  • 353人登録
  • 3.59評価
    • (30)
    • (57)
    • (80)
    • (10)
    • (1)
  • 71レビュー
  • 小学館 (2008年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093797528

金色の野辺に唄うの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 秋の光景、生きるということ この世を去るということ
    とても美しい話
    人が生きるというのは、美しいことばかりではなく、いろんな汚さや葛藤もあるのだろう。
    けれども、人生を全うした後に来るのは、この物語に描かれたような美しい光景ではないかと思う。

    私も珠を持っている人になりたいと思う。それは希望してなれるものではないのだろうが。

  • 夫の臨終の間際につぶやかれた言葉は、妻である松枝にとってあまりにも衝撃的だった。誤解したまま死んだ夫。誤解されたまま残された妻、松枝。その松枝の心理を追いかけたくてこの本を読み始めた。冒頭と終盤の、死期が近づいた松枝の目に映る臨終の光景が染み入るように美しい。自分もこんなふうに誤解を残さない死でありたいと思う。

  • 高齢の曾祖母のために集まった人々。

  • ジャケ借り失敗。おばあさんが死んだり絵をとられたりする話。

  • 22/122

  • おばあちゃんが息を引き取った出来事について、周りの人の視点からそれを見つめる物語。
    人に良い影響をもたらして、最後に皆に見送られる。そんな一生をおくりたいと思わせられる作品でした。

  • 人は様々な生い立ちを背負って生きているけれど、過去がどうであれ、今、生きている事こそが素晴らしいのであり、輝いているのだ。
    90歳を超えた松恵さんが人生の幕を閉じようとしている時、何らかの関わりを持った人達が集まる。
    美しい風景とともに、人と人との繋がりが感動的に描かれ、読みながらも気持ちが引き締まる思いがした。

  • 死からはじまる物語。もう死んでしまったひとのたましいが、遺された家族や、縁のあったひとたちの、その後の人生に、ほんのわずかの方向転換をもたらす・・・。連作短編集。
    あさのあつこさんは、ひとの心のなかを描く作家さんだと思っているが、ときに深入りしすぎ、、ストーリー展開のテンポを阻んでいると感じることもあった。これは、ひとりがひとつの短編なので、本領発揮。絶妙。
    もちろん、心情だけに終わらず、ドラマもあり、流石と思わせる。
    けっして優しいだけの話ではないけれど、すべての登場人物たちを祝福したくなる。

  • 「生きていなければ、いつかには巡り会えない」

    90歳を過ぎて死期を迎えた松恵から話は始まり、曾孫、娘、近所の花屋さんと主人公を換えながら松恵の葬儀が終わるまでの心の変化を描く。

    生きていくという事はとても難儀な事で、当然すべてが自分の思う通りになるとは限らないし、むしろ逆の結果となる事も多い。

    「何故?」という問いかけをどこにすればいいのか、それすら迷う事もある。でもきっと答えなんて分かりはしないんでしょう。

    冒頭で松恵が迎えた「体がだんだん冷たくなってきて、やがて何も感じなくなる」という最後はリアリティを感じるとともに羨ましくもあった。自分の人生の最後の瞬間がそんなに穏やかならどんなにいいだろう。

    タイトルにもなった「金色の野辺に唄う」の松恵の言葉に泣きそうになった。私もあんな美しい日に逝きたい。

  • この本を今読むことが出来て良かった。

    人は誰とも同化出来ない。
    とんちんかんなもの。

    知らないだけで、よくある話。

全71件中 1 - 10件を表示

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

金色の野辺に唄うを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

金色の野辺に唄うを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金色の野辺に唄うを本棚に「積読」で登録しているひと

金色の野辺に唄うの文庫

ツイートする