希望ヶ丘の人びと

  • 620人登録
  • 3.76評価
    • (70)
    • (108)
    • (105)
    • (13)
    • (4)
  • 132レビュー
著者 : 重松清
  • 小学館 (2009年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093797979

希望ヶ丘の人びとの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供のもしもは前向きだ。もしも空が飛べたら。もしも頭が良かったら。もしもは将来へと向かっていく。大人のもしもは後ろ向きだ。もしもあのときああすれば。過去へと向かっていく。
    さり気ない一言の中に、大切な言葉が混ざっている。今は、そういう言葉たちを蓄積させるとき。でもやっぱり、使わないと練磨されないのだよなぁ。
    あ、本は重松清色がふんだんで、僕は好きです。

  • 面白かった!!

    ザ・重松清ワールド。
    上下巻、厚さを感じさせず一気に読めます。

    登場人物がとても自然に個性があって、
    本当に心から嫌な奴がいなくて気持ちいい。
    ショボが思った以上にいい味をだしてました。

    大人になった「もしも」は過去に向いているけれど、
    子供の「もしも」はいつも未来に向いている。

    すてきーーー!

  • 面白かった。
    丁寧に人間模様が描かれ、それぞれに魅力がある。
    素敵な終わり方だった。

  • 難しい年頃の子どもをもつ、中年オヤジのお話。

    ちょっとした事件はあるけど、ニュータウンでのありきたりな平凡な毎日をこんなに丁寧に描いてる人って、重松氏しか居ないよね。
    どう考えたってつまらない内容なはずなんだけど、こんなに哀愁漂う中年オヤジの話がどうなるか気になってしょうがない。

    ここで内容を要約しても、陳腐にしか捉えられないだろうからなぁ…
    とにかく読んでみてほしい。


    重松氏の本を読むときは、10年早く生まれてれば…と毎回思う。
    世代が若干違うから。
    もっともっと物語に入り込めると思う。

  • 最初11ページまででもう涙腺ゆるんだ。前途多難。

    2012.1.20読了。
    年齢とか家庭環境とか住環境とか、身にしみすぎ。
    そうそう、多様性が人間を育むとは思うんだけど、自分でも気がつかないうちに「マイナス」としてはじいちゃってる部分があるかもなあ…。

  • この厚さ、ボリュームをさらっと読ませるあたりさすが。重松作品はいつも身近というか、どこにでもありそうな人間模様を描いているというか、とにかく自然。「子供の『もしも』は未来に向いてる。おとなの『もしも』は過去にしか向かわない」ぐっときた。

  • エーちゃんのようにかっこよく生きようという話。

  • WOWOWのドラマを見てから読むことになった。ドラマはこの長い話をはしょって、追加して、まあうまくまとめてるもんだと改めて思った。ただ、基本的にこの原作もドラマも残念ながら私の好みではなかった。最大のポイントは主人公に同調できないんだよなあ・・・

  • WOWOWでドラマ化するというので読んでみようと思ったが、中々面白くならないので飛ばし読み。この作家の作品は、あざといものが多く、好きになれない。

  • 亡き妻の故郷、希望が丘に引っ越してきた親子。
    妻の中学時代の思い出に触れながら、希望が丘の人びととの交流が始まる

全132件中 1 - 10件を表示

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

希望ヶ丘の人びとに関連する談話室の質問

希望ヶ丘の人びとを本棚に「読みたい」で登録しているひと

希望ヶ丘の人びとを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

希望ヶ丘の人びとを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする