最後の王者 MotoGPライダー・青山博一の軌跡

  • 17人登録
  • 4.20評価
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 西村章
  • 小学館 (2011年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093798204

最後の王者 MotoGPライダー・青山博一の軌跡の感想・レビュー・書評

  • 2009年にWGP(ロードレース世界選手権)250ccクラスチャンピオンを獲得した青山博一選手の物語。
    「最後の王者」というタイトルは、この年で250ccクラスが最後となり、次年よりMoto2クラスへと移行することに由来する。
    リーマンショックに始まる世界的な大不況による様々な逆風のなか、青山選手はどのように各レースを戦い、どうやってチャンピオンを獲得したのか。
    当然レースの結果についての記述もあるが、それ以上に当時の本人のコメントに対する西村氏の解説が興味深い。「あ、このコメントにはこういう背景があったのか」「技術的にこういうことを言っていたのか」と今更ながらに理解できた部分も多数あり、これは西村氏の解説の上手さによるものだと心から思う。
    そして、本書では青山選手以外にも、同じく2009年に翻弄された選手を取り上げている。中でも高橋裕紀選手の解雇についてはまるまる一章を割いており、西村氏にとっても非常に衝撃的な事案であったことが伺える。

    現在(2013年)、青山選手はCRTチームでMotoGPクラスを戦っているが、もっと活躍を見たい。そして願わくば「(最高峰クラスでは日本人で)最初の王者」になって欲しい。

全1件中 1 - 1件を表示

最後の王者 MotoGPライダー・青山博一の軌跡を本棚に登録しているひと

最後の王者 MotoGPライダー・青山博一の軌跡を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最後の王者 MotoGPライダー・青山博一の軌跡を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最後の王者 MotoGPライダー・青山博一の軌跡を本棚に「積読」で登録しているひと

最後の王者 MotoGPライダー・青山博一の軌跡の作品紹介

世界同時不況に翻弄されながらも250ccクラス世界一を目指して疾走する若きサムライを追った渾身のルポルタージュ。第17回小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞。

ツイートする