逆説の日本史 18 幕末年代史編1

  • 157人登録
  • 3.89評価
    • (13)
    • (28)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 井沢元彦
  • 小学館 (2012年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093798310

逆説の日本史 18 幕末年代史編1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『風雲児たち』が江戸時代から幕末・明治維新の視点のデフォルトだと、そんなに「逆説」という印象は受けませんでした。

    ペリー来航をオランダ風説書始め幕閣には警告があったにも関わらず、何もせずに迎えたゆえの、浦賀奉行所でのどたばた(その最前線でアメリカと接した幕府の下級官僚中島三郎助は、西洋式の造船技術を長州藩の桂小五郎に伝授した後、戊辰戦争の騒乱の中で榎本武揚や土方歳三とともに箱館に渡り、息子たちとともに壮絶な戦死を遂げます)。

    お台場、反射炉に加えてボートホイッスル砲(えーと、小型榴弾砲?)を製作することができた江川英龍が、阿部正弘に酷使されて一年で過労死してしまったこと。

    幕府がいかにダメダメかを感じますが、私は敗者の側が勝者の歴史に書かれないところで歴史に貢献したかをもう少し探りたく思います。

  • 独自の視点は相変わらずの面白さ
    でも論の展開が強引すぎるところも相変わらず

  • 井沢さんの逆説シリーズを読んで歴史好きになったものです。ついにシリーズも幕末までやってきました。相変わらず、これまで知られていない事実が満載で、楽しく読めました。

  • アメリカやロシアを怒らせた幕末日本のお粗末外交。その原因となった朱子学と日本人のメンタリィテー。これらの問題がこの巻に通底している。今の日本人においても通じるものがあるだけに、現代の問題としても学ぶべき点は少なくない。

    1853年、アメリカ東インド艦隊司令長官マシュー・ペリー率いる「黒船艦隊」が浦賀に来航。「突然」の来航に幕府や浦賀奉行所は慌てふためいたというのが大半の日本人の認識だ。しかし、ペリー来航の情報は、これより1年前にオランダ商館長より幕府に伝えられていた。しかし、幕府は何ら手を打たなかっただけでなく、浦賀奉行所にも伝えていなかった。予測されうる危機に対して「何も準備をしなかった」のである。そして、ペリーやロシアのプチャーチンが開国を求めて来航するという事態に至って、老中首座阿部正弘は、「この先、日本をどうすべきか」と、これまで幕政に関与させなかった者(一介の浪士までも!)に対しても広く意見を求めることになるが、この対応は幕府の権威を失墜させる。

    実際の交渉においても、「泥縄式」「二枚舌」「たらいまわし」「ぶらかし」「一時逃れの空返事」「遷延策」などを繰り出す。このような幕府の対応を予め研究していたペリーは、それまでのアメリカの(イギリスを反面教師にして)友好的な態度で交渉に臨んでいては、埒が明かないと悟り、「砲艦外交(gunboat diplomacy)」へと舵を切ったのである。アメリカの初代駐日総領事ハリスに至っては、「日本の役人は地上における最大の嘘つき」と激怒するほどだ。
    また、当時日本で唯一英語に堪能なジョン万次郎を「讒言」でペリーとの交渉役から外したり、条約文を林復斎が意図的に「誤訳」したりと、お粗末外交しかできない幕府は、やがてその終焉を迎えることになる。

    また、徳川幕府の安定のために取り入れたはずの朱子学(君主への絶対の忠誠を説く「哲学」であり「宗教」でもある)が、結局は討幕運動に繋がったというのは皮肉としか言いようがない。朱子学は、歴史を歪曲させ、海外の世情を踏まえた改革を遅らせるという問題があるうえ、「将軍家ではなく天皇家こそ忠誠の対象である」という信仰を産んだからである。そしてもうひとつ。楠木正成の勤皇の功を讃えた『日本外史』(頼山陽著)が1827年、元老中首座の松平定信に献上され、発刊され広く読まれたことが、多くの人々を勤皇の方向に導くことになったというのも、これまた皮肉である。

  • 井沢さんの渾身の一冊。いつもどおり歴史の深読みがおもしろい。

  • エポックメイキングな黒船来航。教科書では、突然の来航と外圧による日米和親条約締結という説明がなされるが、それが本当だったのか推考している点に本書の価値がある。米国来航前のロシア通商要求やオランダ支援申し入れなど本書で初めて知る知識であい、当時の軍事技術から推察する蒸気船の「衝撃度」や江戸幕府の官僚的泥縄対応など非常に新鮮な視点で勉強になった。

    明治維新に至る不平不満質量の温存も感じられ、本シリーズの直近作品の中で最も面白い。

  • やはり幕末史は面白い!黒船来航前後の日本の対応は初耳。教科書だけでは物足りないことがよくわかった。

  • 幕末期の幕府閣僚等による見事なまでの後手後手政治に感心し、現在の政治家や官僚に重ね合わせてしまう。

  • 例によっての18巻目。時代が下るに連れて目新しさが少なくなる気がする。ネタ切れ?

    日米和親条約、通訳の意図的な誤訳についてはおもしろい。現場の儒学者責めてるけど、そう志向させた制度というか、幕府上層の責任かと。

  • 幕府の対応と現日本政府の対応の類似性に日本人の悪癖を見る歯がゆさです。
    まさに温故知新。

全25件中 1 - 10件を表示

井沢元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

逆説の日本史 18 幕末年代史編1を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逆説の日本史 18 幕末年代史編1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逆説の日本史 18 幕末年代史編1を本棚に「積読」で登録しているひと

逆説の日本史 18 幕末年代史編1の作品紹介

「日本は前触れなしに突然やってきたアメリカのペリーという乱暴な男に強引に開国させられた」。これが日本人の持っている歴史認識だ。しかしこれは正確ではない。ペリーが「強引」だったのは本当だ。だが「突然」では決してない。それどころか、アメリカは実に慎重に紳士的に粘り強く交渉を続けていたという事実がある。アメリカを激怒させた幕末の「日本外交」。

逆説の日本史 18 幕末年代史編1はこんな本です

ツイートする