昭和二十五年 最後の戦死者

  • 25人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 城内康伸
  • 小学館 (2013年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093798549

昭和二十五年 最後の戦死者の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本が現憲法体制下になって最初で最後の「戦死者」の実話を取材に基づいて示したノンフィクション。当時の関係者やその言を徹底的にさらった上でそれをまとめる形で記されており、この手の資料には珍しくあまり思想的バイアスがかかっていない。そのため淡々と事実と考えられる事項をまとめたもの、という印象で専門性が強く、軍事・政治の知識をある程度求められる。内容を読めば当時の日本がいかに苦しい立場に置かれていたか、官僚機構の傲慢さ、不服ながらも命令とあらば戦地へ赴く「職業軍人」の高潔さを垣間見ることができる。この事件は日本国民広く知るべきと思うが、その点から言えばこの著作は「難しすぎる」。

全1件中 1 - 1件を表示

城内康伸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鹿島田 真希
中島 岳志
有効な右矢印 無効な右矢印

昭和二十五年 最後の戦死者の作品紹介

朝鮮戦争に「参戦」した日本人たちの真実

1950年6月に北朝鮮による韓国への侵攻で勃発した朝鮮戦争――北朝鮮軍が敷設した機雷を除去するため、朝鮮半島沖に出動した日本人がいた。当時、海上保安庁に所属の「日本特別掃海隊」。旧海軍軍人を中心とする約1200人の掃海隊員によって掃海作業は進められ、47隻の船舶が出港した。

戦時下にある朝鮮水域での掃海作業は戦闘行為に当たり、日本が掃海部隊を派遣することは憲法に抵触する。しかし、主権回復前であった日本としては、米国の要請を断ることは難しい――そうした背景のもと掃海隊は時の首相、吉田茂によって、いわば隠密に組織された「秘密の部隊」だった。

掃海作業では、掃海艇の一隻が機雷に接触して沈没、死者1人、18人が負傷。しかし、そうした被害にもかかわらず、日本特別掃海隊の存在は長らく秘され、派遣された隊員たちの「生の声」はなかなか表に出ることはなかった。

朝鮮戦争の休戦協定が締結されてから60年の節目となった今年。著者は、高齢者となった元隊員の生の声をできるだけ多く掬うなかで、自分たちに課せられた任務を誠実に遂行しようとする責任感に溢れた姿と、仲間同士の固い絆を発見していく。

昭和二十五年 最後の戦死者はこんな本です

ツイートする