縁もたけなわ: ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たち

  • 51人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (4)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 松田哲夫
  • 小学館 (2014年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093798648

縁もたけなわ: ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルのとおり、著者がこれまでの仕事で出会ったさまざまな人々について語るエッセイ。路上観察研究会や仕事の相棒としておなじみの赤瀬川原平さんや南伸坊さんをはじめ、文学の森シリーズ、「頓智」、テレビ出演などさまざまな仕事に関連した画家や研究者から女優、モデルさんまで。
    週刊誌の連載をまとめた人物誌なので、軽く読み進められる。幻の月刊誌『頓智』のころの話をもっと読みたかったなぁ。
    カバー全面と、カバーを外した本体の表紙裏表紙には、これまでに手がけた作品から代表作30点余のカバー(わたしにとってなつかしい本、お気に入りの本のオンパレード)、本文には取り上げる人物の似顔絵、どれも南伸坊さんがてがけているのが味わい深くうれしい。
    <追記>
    赤瀬川原平さんの訃報を聞いて、赤瀬川さんの項を改めて読む。松田哲夫と出会わなかったら、宮武外骨研究や路上観察学会はなかったかもしれないと思うと、縁は異なものと感じいる。筑摩書房と組んだ仕事が好きだった。
    いろいろ追悼読書したいけど昔読んだちくま文庫や「頓智」はみんな実家においてきてしまった…

  • 楽しそうだから読んでいても楽しい。松田哲夫さんとのご縁は「王様のブランチ」から。柔らかな語り口に誘われて何冊かの本を読んだ。この「縁もたけなわ」でも多くのご縁をいただいて読書の幅が広がりそう。

  • 2017年9月17日読了

  • 赤瀬川原平さんが好きなので、
    松田哲夫とその周辺の人たちの本もおのずと読んでいる。
    そこに引っかからなかった人たちで、
    名前だけを知っている作家や著名人も多く登場し、
    そこからまた読んでみたい本が見つかっていく。
    松田哲夫さんの仕事の記録・交遊録ならば
    優れたブックガイドになるのも当然ですね。
    南伸坊さんの、人柄がふわりと香るような似顔絵がとてもいい。

  • 021.4

  • 出版社の編集者になって40年以上のキャリアをもつ著者が、関わった作家を始め、イラストレーター、女優、タレント等との交際録とも言える内容。有名な方々の知られざる一面を著すと共に、私は編集者とは本当に本が好きでないと勤まらない仕事だと感じた。情熱をもって編集し、実際に「本」として書店に並べられる、その感動、そしてその本が実際売れていくということが編集者としての喜びであろう。
    良い編集者は良い本、売れる本を探し出す嗅覚ともいえるものを持っていなければならない。常にアンテナを張り巡らし、経験と感性を研ぎ澄まさねばならないものだと感じさせた本だ。

  • 面白い。

  • 編集ノート的な本を、楽しんでいます!
    読んでいた方の名前を見つけると、嬉しいものです。

  • ブログに掲載しました。
    http://boketen.seesaa.net/article/409180368.html
    『ガロ』人脈を核とする、軽くてポップな交友録


    筑摩書房の名編集者、1947年生まれ。

    56人もの作家、漫画家、評論家、タレントなどが登場する。固い作品論などはなく、軽やかに語られる交友録なので読みやすい。
    南伸坊が全員の似顔絵を描いている、そのどれもが遊び心に満ちてとても良い、ぜいたくな本。

  • 編集者が、それまで携わった著者について語る。その人となりが面白く伝わってくるので、その作品を読んでみたいと思える内容である。

全10件中 1 - 10件を表示

松田哲夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

縁もたけなわ: ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

縁もたけなわ: ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

縁もたけなわ: ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たちを本棚に「積読」で登録しているひと

縁もたけなわ: ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たちの作品紹介

松田哲夫氏が編集人生で出会った愉快な人々

2012年4月に週刊ポストで連載をスタートした書評家・松田哲夫氏の「愉快痛快人名録 ニッポン元気印時代」の単行本化企画です。松田氏は東京都立大の学生だった60年代半ばから「ガロ」編集部に足繁く出入りするようになり、そのまま編集の世界へ飛び込んだ筋金入りの<編集好き>。その後は大学を中退し筑摩書房に入社、数多くの作家・エッセイストなどの著作やオリジナルシリーズを世に送り出してきました。関わった寄稿家は水木しげる、赤瀬川原平、鶴見俊輔、井上ひさしなど錚々たる時代の顔で、高度成長期という時代背景とも相まって、たいへんユニークで元気一杯な彼らとの交流エピソードがてんこ盛りです。人との関わりが生きていく上でこんなに大事、ということが<関わり下手>の現代人にもよく分かって貰えて、感動できる一冊です。



【編集担当からのおすすめ情報】
南伸坊氏の似顔絵がこれまた絶品!!

縁もたけなわ: ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たちはこんな本です

ツイートする