逆説の日本史 21 幕末年代史編4 高杉晋作と維新回天の謎

  • 103人登録
  • 3.88評価
    • (7)
    • (22)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 井沢元彦
  • 小学館 (2014年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093798686

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
三谷 幸喜
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

逆説の日本史 21 幕末年代史編4 高杉晋作と維新回天の謎の感想・レビュー・書評

  • 高杉晋作への評価について新たな観点をもらった。徳川慶喜についても記載も一貫していて、彼の不可解な行動もかなり腹落ちさせられた。

  • 幕末編最終編。
    キーマンに選ばれた男達の先見性と行動力!
    更に井沢先生の独自理論マイナスの英雄、徳川慶喜。幕末のあの状況を切り抜けた運と才覚は只事では無い。
    それにしても相楽は悲惨すぎる。こういったところも紹介してくれるのは良い事と思います。

  • 細かい事実関係や人物の評価が非常に難しい幕末から大政奉還までの歴史の流れについて、人物の好き嫌いにこだわることなくいつものように冷静に解釈しており、こんがらがった幕末の流れがちょっとだけ理解できた気になった。

    まあそれでもいろいろな考えの人間が、偶然・必然に色々な行動をとっているから、話の全部が全部理解できたわけではないが。

    本当でも改めて考えてみると、歴史の結果を知っているから、雄藩連合が幕府を倒したという結果に何の疑問も感じないけど、誰が指導者がいまいちはっきりしない雄藩連合(西郷?大久保?久光?岩倉?天皇?)が新政府を打ち立て、明治維新に突き進もうとしているという歴史の流れの奇妙さに読んでいて気づかされる。

    この奇妙な流れを少しでもわかりやすく解きほぐしてくれる逆説の日本史は、やはり素晴らしい著作だと思う。

  • 既存の歴史学批判は食傷気味。
    話が前後するので読解力が必要。

  • 一般的に常識と思われている歴史上の事実がことごとく論破されていきます。最後の怨霊についての考察は、かれの「日本史は怨霊信仰をベースとしてみなければならない」との思想が如実に現れているとおもいます。

  • 1868年の明治維新に至る時勢や政局の機微が分かり非常に面白い。尊王攘夷と開国主義の巧妙かつ絶妙な融合過程はまさに歴史の奇跡といえよう。

    薩長”合意”や孝明天皇崩御の影響など興味深いエピソードは数あるが、特に幕府運営に見切りをつけ徳川家を存続させようとする徳川慶喜の姿が印象的だ。「最後の将軍」くらいの印象しかなかったが、知能派で暗躍する慶喜は逆説の英雄といえよう。「日本」を見た勝海舟と、「家系」を見た慶喜、どちらも明治を生き、天寿を全うしたこともなお歴史の妙に思える。

    第1章 明治維新まであと3年!一八六五年編
    第2章 明治維新まであと2年!一八六六年編
    第3章 明治維新まであと1年!一八六七年編
    第4章 明治維新成る 一八六八年編

  • 幕末最後の巻。最も熱い時代の話なので、面白くないはずはない。教科書では知り得ない内容が面白い。龍馬の記述が意外と少ないのが残念か。

  • 第二次長州征伐(四境戦争)から明治維新までの怒涛の展開が示される。ここまでの行きつ戻りつした情勢が一気に進展した印象を受ける。勝海舟の見識、高杉晋作の天才、西郷隆盛の人格、岩倉具視の謀略上手、大久保利通の冷徹、桂小五郎の調整力、坂本龍馬の経済感覚、徳川慶喜の利己主義などが複雑に影響しあっているのがよくわかる。徳川政権下の朱子学の影響から抜け出し、近代国家への入口にたどり着くことができたのは奇跡のように感じられる。巻末の、明治時代が怨霊信仰から始まっていたとの記述は、なんともこのシリーズらしい。五箇条のご誓文や王政復古の意義、天皇の践祚と即位の時期のギャップなど参考になった。

  • ちょうど大河ドラマで、幕末をやっていたから、また興味をおこして最後まで読むことが出来た。著者は必ずしも歴史の専門家ではないにしろ、なるほどと思わせてくれる部分が多い。歴史の脇役的な人々にもスポットライトを当てて、解説してくれる点がありがたい。

  • 毎年,楽しみにしている逆説の日本史。
    本書ではとうとう明治維新が達成されます。

    宮尾登美子さんの「天璋院篤姫」ではとにかく悪く描かれていたと記憶している徳川慶喜ですが,本書では必ずしもよく書かれているわけではないですが,慶喜をまた違った目で見ることができました。

    明治維新が成功せず,徳川幕府が雄藩連合を形成して政権を担ったままだったとしたら,その後の日本はどうなっていたのでしょうか。
    その答えも明治維新後の日本がどのような改革をしたかというところにあるような気がします。

    次回作に期待します。

  • 図書館にお願いしていた「逆説の日本史シリーズ」の最新刊(No21)を読む順番が回ってきて、正月休みを利用してこの本を楽しみました。

    この本では、幕末を大詰めに迎えた明治維新を含めた4年間について詳細に解説しています。正当な幕府軍が長州を征伐していたはずが、逆転して、新政府軍によって責められることになる経緯が解説されています。

    価値観がひっくり返る、激動の数年間をこの本を読むことで感じることができました。次からは明治維新後の新生日本について書かれることになると思います、今から楽しみです。

    以下は気になったポイントです。

    ・横須賀製鉄所は小栗の提言により順調に進んでいたが、幕府崩壊で中断した。後にこの地は帝国海軍の基地、現在でもアメリカが使用している(p39)

    ・福岡藩主の黒田長博は、外交政策を建白できる人物であった、それは、開国してアメリカ・ロシアと同盟、イギリス・フランスと対抗するというもの(p48)

    ・慶応元年の直前にアメリカで南北戦争が終了し、ライフル銃が大量に余ったので、グラバーを通して日本に大量に輸入された。(p64)

    ・薩摩の名義で外国から武器や軍艦を買って、それを長州に供給する、長州は代金を払う。これを薩摩と長州の友好関係樹立の第一歩にしようとした(p71)

    ・幕府は世界一の金持ちであった、金銀レートの調整失敗(国際レートの四分の1で評価)により膨大な金が流出したのは、日本が莫大な金を所有していたから(p73)

    ・第一次長州征伐の後、参勤交代制を復活すると通達した(p74)

    ・徳川家茂は、1.7万の精兵を率いて慶応に元号が変わった5.16に京へ向かった。徳川家康以来の金扇の馬印を従えていた(p78)

    ・兵庫開港を独断でやろうとした老中阿部・松前を罷免して、官位も没収すると朝廷から幕府へ命令が届いた。これで事実上、幕府は瓦解した(p84)

    ・第二次長州征伐において、当初は5つの国境から攻める予定であったが、広島の芸州が制式に戦線離脱した(p128)

    ・この時から日本の戦争は長州が変えた、幕府のゲベール銃に対して、長州のミニエー銃は飛距離も破壊力も格段の差があった(p133)

    ・幕府海軍の戦艦がわずか3年で時代遅れになったのは、最初は日本が西洋のお古を買わされていたから(p138)

    ・将軍となった慶喜は、フランスとの結びつきを深め、家康以来の老中合議制を廃止。陸海軍、外務、会計、内務、司法の6局をもうけた(p164)

    ・江戸末期において種痘をまったく行わなかったのは、朝廷関係者、つまり天皇と公家(p166)

    ・孝明天皇の急死がなければ、倒幕の密勅、王政復古の大号令、もあり得ない(p168)

    ・日本産の絹は品質が良く、特に海外では高値で売れる、これが小栗の幕府再建の切り札であった。幕府がフランスとの600万ドル借款の返す根拠(p179)

    ・大政奉還については、やるかやらないかという議論はあったが、そもそも前提がおかしい、と言った人間は一人もいない(p202)

    ・「ええじゃないか」とは、1867年の夏から翌年にかけて、東海・近畿地方を中心に起こった熱狂的な乱舞を中心とした民衆行動(p213)

    ・ええじゃないか運動のきっかけは、異常なインフレの進行による、未来への絶望感かもしれない、最大の被害者は固定給のうえに貧しい下級武士(p215)

    ・国際レートに合わせるために、金の価値を4倍(銀の価値の切り下げ)にしたが、この結果、物価も連動して4倍になった(p216)

    ・公家は江戸時代に137家、家格の一番上が、5摂家、以下、清華、大臣、羽林、名、半、新家があった(p226)

    ・警察は必ず相手に投降するよう... 続きを読む

  • 例によっての逆説の日本史。相変わらずの面白さ。

    激動の時代であったこと。そして史料が数多く残っている
    ようにそれほど遠い時代ではないこと。歴史を思う人に
    とって、それぞれの解釈が成立しうる幕末に人気があること
    が非常によくわかる、そういう一冊でもあった。

    ま、わたしはそれほど幕末には思い入れがないので気楽に
    楽しませていただきました(笑)。

  • 竹中半兵衛の子孫、滝川一益の子孫、
    彼らふたりが鳥羽伏見の戦いの負けの原因・・・・
    DNAなんて、関係ないわ。

    読み飛ばしてたところを読む。2015.04.08
    坂本龍馬のところだけど、月形半平太が消えた背景が
    よおくわかるね。

  • 明治維新なる。
    1年ごとに克明に明治維新への過程が描かれます。
    勝海舟と西郷隆盛の江戸城無血開城への道のりも、詳しく書かれています。
    勉強になります。

  • いよいよ、幕府の幕が閉じる。時代小説や大河ドラマで何度もお馴染みの時代。新しいネタはないだろうと思っていたが、改めて井沢先生に敬服。

    高杉晋作は五卿を嫌っていた。成程。偽勅を出しまくり長州を煽りまくり、三条とか五卿ってロクでもない奴らだ。
    もっとロクでもないのが長州。高杉は俗論党をクーデターで打ち破るが、本心の高杉は開国派なので、命辛々逃げ出してしまう。「長州はアブナイ。」ホントにそう思う。
    ピンチヒッターは桂小五郎。剣術の達人なのに人を切ったことがないという。この人、明治以降もこれという功績が見当たらないが、大した人物なのかも知れない。

    慶喜は島津久光が四候会議を催し、幕府を支えようとするのにぶち壊す。最後は敵前逃亡。「マイナスのヒーロー。」幕府を滅亡させるために歴史に登場したかのよう。自分の頭に自信満々だけど、結局、組織を潰しちゃう奴って今の政治家にもいるなあ。
    江戸での薩摩の破壊工作。それに対する幕府からの討薩表。この経緯は知らなかった。大政奉還から決まった線路を進むような歴史と思う勘違いを気付かされる。

    江戸に逃げ帰った慶喜は、天璋院や和宮に取り入ろうとするが相手にされず。「武士らしく切腹すれば。」という反応。このクダリは司馬遼太郎の小説と違うところ。

    竜馬の暗殺のついての考察。皆が知ってるデータから解き明かす推理に感嘆。井沢先生は名探偵だ。
    竜馬の船中八策が容堂の建白、そして新政府綱領に繋がっていく。彼には未来が見えたんだと思う。最近は竜馬はそれほどの存在じゃなかったとか、極端な意見ではグラバーの手先だったとか、変な説もある。
    兎も角、常識的評価を否定するのが目的になっていないか。それと比べて、井沢先生は意表をついた見解も多いが、極めて真っ当だと思っている。

  • 井沢史観は僕は好きです。しかし近代に近付くにつれ、なんだか切れが無くなったというか・・・・・。氾濫する歴史資料との妥協点を見出そうとしている様な気がする。現在、キーを叩いていて思ったのだが、歴史的事象が多いという事は、其れを採り上げる事によって、『年代史』的な羅列から、その事柄に関する内容が、薄くならざる追えないのかもしれない。

  • 面白いんだけど、なんでもかんでも「逆張り」するのはあまり好感をもてないというか、逆張りする事自体が目的となって居る気がしてならない。

    この後は明治以降なので、史料絶対主義云々ではない時代になってくるが、どうするんだろう。。

全17件中 1 - 17件を表示

逆説の日本史 21 幕末年代史編4 高杉晋作と維新回天の謎を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逆説の日本史 21 幕末年代史編4 高杉晋作と維新回天の謎を本棚に「積読」で登録しているひと

逆説の日本史 21 幕末年代史編4 高杉晋作と維新回天の謎の作品紹介

激動の「幕末年代史編」ついに完結!

『週刊ポスト』誌上で好評連載中の、『逆説の日本史』。シリーズ累計500万部を突破した大人気歴史ノンフィクションの最新刊では、高杉晋作が長州・功山寺で決起した1865年から、大政奉還、王政復古の大号令を経て明治維新がなる1868年までの激動の4年間を通して、「明治維新とは一体何だったのか?」を鮮やかに解き明かしています。
本巻でも、「坂本龍馬暗殺の真犯人は誰だ?」「『討幕の密勅』は果たしてニセモノなのか?」といった歴史ファンを悩ませている数々の「謎」に迫るいっぽう、「薩長同盟は『同盟』ではなかった!?」「高杉晋作はじつは“開国派”だった?」「孝明天皇は『細菌テロ』に倒れた!」「大政奉還のアイデアを考え出したのは坂本龍馬ではなかった!?」などなど、従来の歴史学界の「定説」を覆す「逆説」が満載です!

【編集担当からのおすすめ情報】
来年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の舞台は、幕末の長州。『逆説の日本史 21 幕末年代史編4 高杉晋作と維新回天の謎』を読めば、ドラマがさらに楽しめます!

逆説の日本史 21 幕末年代史編4 高杉晋作と維新回天の謎はこんな本です

ツイートする