ミシン

  • 2226人登録
  • 3.53評価
    • (268)
    • (293)
    • (809)
    • (52)
    • (11)
  • 356レビュー
著者 : 嶽本野ばら
  • 小学館 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093860628

ミシンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私は野ばらさんの書く恋愛は
    ファンタジーなんだと思って読んでいる。
    そうとでも考えなければ受け入れられない程の、
    愛し方を登場人物たちはする。

  • 痛いくらいに純粋な愛、盲目的な愛。

    とてもいいお話だし、好きは好きなんですが、個人的に、セリフまわしだとか、ほら!みんな好きでしょヴィヴィアンにMILK!みたいな、感じが、どうも苦手で。

    お話としてはすごく面白いし結末にも大満足なんです。
    でも、苦手。
    ヤマアラシのジレンマみたいな感じ。

  • 独特な世界だなとは思いつつも、
    その世界にぐっとひきこまれる感のある作品。

  • MILKとヴィヴィアン好きな人におすすめ!
    ヴィヴィアンの歴史もしっかり説明されています。

    なんというか、切ないんですが読む価値あり!!
    ひたすら、純愛です。
    ただ、性描写はいらないけど・・・(このへんは、好き好きですが。)

    読んだあと、胸が苦しくなって半日寝込みました;

    なんというか、真冬の湖みたいに、澄んで美しく触れがたいような感じ。

  • 雪が降っていると貴方に伝えたい、それだけで逃避行の理由になる。そういう考え方すき。

  • 耽美的で刹那的で幻想的な小説が読みたいときは、嶽本野ばらに限る。
    執着とも恋ともつかぬ生々しい切望。

  • 姉に薦められて読んだ本。野ばらさんのアグレッシブ且つ濃密な恋の描き方が好きなんです。ちと怖い感じがするときもあるけれど、もうそのワールドに引き込まれまくりです。

  • うーん、、、ごめんなさい、無理でした;
    どことなく倒錯した世界観、マニアックなアイテムや薀蓄、そして中二病的な登場人物たち…。どうもこの人の作風らしいが、予備知識なしで読んでしまったので、単純に合わなかった。

    「世界の終わりという名の雑貨店」これは、純愛と言えるのか?感動したって言うレビューもあったけれど、申し訳ないが、ロリコンの妄想にしか思えなかった。
    「ミシン」は、中二病全開で、正直ドン引きに近かった。収穫があったとすれば、「エス」についてくらいか。この点だけは共感できるものがあった。

    全体を通して全く合わなかった本作だが、唯一理解できたのは、服装というのは単なる自己表現ではなく、自分自身の尊厳と結びついている、というところ。
    その一点で、今回レビューを書くことにした。

    レビュー全文
    http://preciousdays20xx.blog19.fc2.com/blog-entry-482.html

  • 世界の終わり~
    続編のツインズから返ってみると、たしかに手紙風ですね。という感じ。

    野ばらさん、初めて読んだけど、太宰や漱石ちょっぴり入ってるのかな。厭世的、かつ自意識過剰すぎて持て余した文化人的な。

  • 中学時代に読んだ本だけど、今でも時々読む。セリフを諳んじることもできるくらい好き。

全356件中 1 - 10件を表示

嶽本野ばらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
嶽本 野ばら
嶽本 野ばら
嶽本 野ばら
嶽本 野ばら
綿矢 りさ
魚喃 キリコ
綿矢 りさ
嶽本 野ばら
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

ミシンを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ミシンを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミシンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミシンを本棚に「積読」で登録しているひと

ミシンのKindle版

ツイートする