ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店

  • 799人登録
  • 3.14評価
    • (39)
    • (62)
    • (346)
    • (45)
    • (13)
  • 94レビュー
著者 : 嶽本野ばら
  • 小学館 (2001年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093860840

ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 疲れた。

    僕が再生する手段として、これほどまでの犠牲を払わねばならないのか。


    これは物語であって、現実ではない。
    そう何度言い聞かせて読み進めたことか。


    しかし、現実は、もっと、救いようがないような、生きるための苦しみ、逃れるための本能、そんなものたちの強さはハンパないんだろうな。

  • 痛々しくて読んでられません。
    でもページをめくる手は止まらないものだから読み終わってしまいました。

    1Q84を思い出した。

  • 世界の終わりという名の雑貨店、それはミシンの中に収録されていた短編でしたが、個人的に本編より印象深く残っていた作品でした。今作はその続編ということですが、やはり、カサコ同様違った趣きの話に感じてしまいます。前作での主人公の倒錯感が、今作では、なんだかただのだらしがない、仕方がなくってどうしようもない人間感に変わったように感じたのは嶽本先生の意図なのか…。

  • 逃避行もの続編。こういう終わりも、アリ。

  • とんでもないもんを読んでしまった感がある。
    もうとにかく狂ってる。
    前作の続編ということだけど、これはほとんど前作関係なしに突っ走ってぶっ飛んでる。
    でも、今回の女の子に出会ったのも運命~みたいな感じでいいけど。
    編集者と関係を持ったくだりはいらなかったんじゃないかな。
    今回はJane Marpleが好きな女の子の話です。素敵だと思います。
    病んでる女の子が好きで心臓が強い方は、是非。

  • 一度しか読んでいない、というかもう読みたくないくらい、エグい
    読んでて吐きそうになったのは初めてかもしれない・・・
    そんな経験をさせてくれた、ある意味私にとっては思い出の一冊

  • 正編を無視して読んだ作品
    見事私の心をかっ攫っていった

    野ばらさん作品で一番最初に読んで
    心の深からずっぷり惚れ込んでしまった
    美しいまでの破壊と堕落した作品でした
    破壊=不幸せじゃないきっと

    私もたとえ最後には自分が死んだとしても
    ツインズである彼女と一緒にいたと思う

  • うーん。前作は好きだったのですが…今回はちょっと途中からかなり気持ち悪くなってきました。編集者頑張れって思ったのに…;;「彼女」との破壊されていく暮らしを選んだ主人公は、あわない読者も含めまわりがどう思おうと幸せなんでしょうね。ならそれでいいんじゃないかな。主人公たちのその後は、想像したく…ないです。

  • 兎にも角にもおぞましい。
    ぐちゃぐちゃ というオノマトペ、そんな嚥下音染みた印象を受けた。

  • ここまで自己犠牲はできない。愛がないのに。

全94件中 1 - 10件を表示

嶽本野ばらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店に関連する談話室の質問

ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店を本棚に「積読」で登録しているひと

ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店はこんな本です

ツイートする