恋愛写真―もうひとつの物語

  • 3222人登録
  • 3.86評価
    • (672)
    • (436)
    • (837)
    • (34)
    • (13)
  • 648レビュー
著者 : 市川拓司
  • 小学館 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861199

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
石田 衣良
綿矢 りさ
中野 独人
オグ マンディー...
アレックス シア...
綿矢 りさ
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

恋愛写真―もうひとつの物語の感想・レビュー・書評

  • 好きになると、自分の中心に通っている一本の棒が、相手に移ってしまうという言葉にすごく共感した。自分の優先ランキングのトップに、彗星のごとく現れてトップに君臨する。恋が終わるのは、ランキングのトップから落ちてずるずると圏外に落ちていく感覚に似ている。また普段通りの自分に戻る寂しい感覚。

    けど、物語のヒロインは例え自分が好きな人のトップでなくても、自分にとって好きな人はずっとトップだから、その事実に対して偽らず素直に向き合っていた。そのひたむきさは、見ていてとても苦しかった。「他の人を探せばいいじゃないか」って、多くの人は言う。その方が確かに効率的だ。だけど、効率の問題じゃないって、彼女から言われているようだった。

    確かなものは、自分は相手が好きな事。例え相手とは違っていても、その思いを偽るのは自分を裏切ってしまう事と同義で、本質を見失っていってしまう気がした。

  • 男1女2の三角関係な大学生の切ない物語。

    純愛とは120%相手のことを好きでいて尚且つその思いが揺るぎの無い思いのことなんだろう。好きだから相手のことを深く知りたいと思い、嫌な部分も見えてしまう。時には相手を憎く思ってしまうこともあるだろう。その憎いと思った感情の根幹が、好き過ぎるから なのか、単なる復讐心からなのかが、純愛とそうでないものの違いなんだろうか。だから、人は純愛に憧れを抱いてしまうのだろうか。

    誠人への恋によって大人の女性へと成長が始まり、短すぎる一生を終えた静流。エピローグが心に響いた。

    世界の中心が自分だったのが、好きな人が出来ると、その軸がすっと相手の方にシフトしていく感じ

  • 誠人と静流の変わった恋愛物語。
    どう見てももてない2人が、街角で出会い惹かれていき静流の死を持って完結する。
    仲間との友情、自分の弱い部分を周りが認め等身大のままでいられるのは、ほっとする。誠人の見舞いにきた関口が、タクシーに乗せていく場面は良かった。
    また、エピローグの個展の場面は『つー・・・』っと涙が止まらなかった。雫井脩介氏の『クローズド・ノート』のように雰囲気があり、どちらも好きで読んでいて似ているな、と想った。
    著者特有の文体、ゆったりとした展開、独特の間や行間が読んでいてとても心地よい。

  • 映画は見ていないんですが、この本は最高です!
    純粋に人を想う気持ちがじわじわと伝わってきます。最後はポロポロと涙を流してしまいました・・・日常の生活に疲れている方、肩の力を落として好きなカフェかどこかで読んでみてください。

  • 『ただ、君を愛してる』を映画館で観てから、いままで、原作であるこの小説も、DVD も幾度となく観ています。もう台詞だって、ストーリーだって完全に覚えているのに、未だに涙も溢れるし鳥肌も立ちます。リアルな日常生活の中にファンタジーの世界が共存している。苦手な人は苦手かもしれないけど、わたしはこういう世界観が大好きで、きっと人生で1番好きなお話になるだろうな、と思います。

  • あなたの言葉がうれしいから
    捕まえて私の胸に仕舞ってるの

    好きなフレーズです(^^)

  • なんだかファンタジーみたい。
    恋をして命を削りながら成長していく妖精みたい。
    ファーストキスのシーンは、すごいステキ。静流の想いが健気すぎて、切なすぎる。

  • 何度でも読みたくなる本です。
    市川さんの作品の中でダントツに好き。

    「好きな人が好きな人を好きになりたかった」

    この本のセリフはずっと心に残ります。

  • 「好きな人が好きな人を好きになりたかった」(本文より)この一言に涙が溢れた。何度読んでも泣ける。

  • それまで、少しだけ、さよならね――


    映画「ただ、君を愛してる」の原作本。
    正直に言うと、映画のほうが良かったなぁ。
    小説だと、成長するまえの静流も子どもには思えない気がした。


    成就する恋だけが意味を持つわけではない。片想いだって、それだけで完結した立派な人生の挿話だ。

    この言葉に、自分のしてきた、している恋が正当化されたように思えた。

    優しい純愛。

  • 恋をしたら死んでしまう病気ってなーに。

  • 本書の映画版「ただ、君を愛してる」を男3人で観て、3人で号泣したことは恥ずかしくも懐かしい思い出である。この本は私が読んだ恋愛小説の中では最高であると断言したい。映画も良いが、本ではより知的な言い回しが用いられているので、是非一度、本を読んでみてほしい。

    「だからそれまで、少しだけ、さよならね」

  • 純愛映画の原作。「ただ君を愛してる」だっけ?
    あのですね、ワタクシ監督が苦手でして、
    見ようという気はこれっぽちもなかったのですが。
    これをさらっと読んでみて、仮面ライダーと葵ちゃんがやるんなら、
    ちょっと見てみようかな、と言うくらいの気にはなりました。
    実際、素でも葵ちゃんはフォトジェニックだしね
    (写真美術館に彼女の出ている写真集が売っている→持ってるのですが、すっごい雰囲気あります)。
    ただ個人的には、これよりNANA2のほうに出て欲しかったなあ、
    という感想は覆らず。

  • 市川拓司で初めて読んだ小説

  • カメラマン志望の大学生・誠人は、個性的でとても不思議な個性派の女の子・静流と知り合う。
    誠人は女の子にかなりの奥手だったが、静流とは自然に打ち解けるようになり、やがて静流から恋愛感情を告げられるが、誠人には好きな人がいて、その思いを受け取ることはできず、卒業を待たずに静流は姿を消してしまう……。

    実は静流には重大な秘密があったから……。

    以上、そんなあらすじの、かつて『いま、会いにゆきます』が大ヒット映画化された市川拓司さんの唯一無二の恋愛小説!

    個人的には今作品の次に書かれた『そのときは彼によろしく』と繋がっているように感じ、
    今作品の来世の物語が『そのときは彼によろしく』のような、
    今作品が革命的なセンスと音色に満ちたCDシングル曲なら、『そのときは彼によろしく』は同じ世界観に溢れたCDアルバムのような感覚であり、
    もし今作品を読んで気に入ったら、『そのときは彼によろしく』も続けて読む事をオススメします!

    ちなみに僕が今作品&『そのときは〜』に出会ったのは、婚約者を自殺で亡くし、後追い自殺失敗後に救ってくれた壮年男性とシェアハウス生活後の2004年辺りであり、実家を出て購入した本=現在自室にある本の中では最古且つ思い出に満ちた作品です。

    市川さんの作品は恋愛小説でありながらも、ヒロインの謎の病と死や生がテーマとなっており、
    今作品の主人公の終盤の姿は、かつての僕とピッタリ重なった事から、『愛する人を亡くした後の生き方』として感銘や勇気をもらい、かつて僕が性犯罪被害からの自殺を少しでも無くすための活動を始めた原動力の1つでもあったバイブルです。

    また市川さんは、 発達障害(自閉症スペクトラム)であるため、文体や表現も独自性が顕著であり、
    『透明感溢れる清々しさ』が心地よかったり、
    『人生の行き辛さや孤独感を抱えている場合には、心にピッタリとはまって』心地よかったり、
    『詩的で美しい』と表現される場合もあり、
    それらの魅力が恋愛小説とは相性良く、感動の涙を何度も呼び起こされます!

    恋の素晴らしさ・愛の尊さを改めて感じさせてくれる今作品は、誰にでもオススメしたい神作品です(^^)

  • 少し風変わりな女の子静流
    タイプかも
    前歯がない間抜けな笑顔でもかわいい顔しか想像できない
    28/12/26

  • あぁ切ない…。
    でも、心にしみるいいお話でした。

  • この人の本は初めて読む。
    「今会いに行きます」の著者ということだけ知っていた。
    きれいな雰囲気のストーリーで画像にしたらきれいなんだろう、読みながら画像が頭の中に浮かんでくる。

    映画化されていて、帯が宮崎あおいの写真だった。

    こんな雰囲気の映画がはやっていた頃、上野樹里と市川隼人の映画を見た。

    その映画を見たにはだいぶ前なのだけれど、記憶力も乏しいのでタイトルは忘れてしまったが。

    私の頭の中では宮崎あおいよ市川隼人主演での画像が浮かんできていたのだけれど本当の映画は玉木宏なのでした。

    ちょっと切ないきれいな雰囲気の映画の脚本のようなストーリーを得意とする作家なのかなと思った。

  • 2004年くらいに読んだ本だけど、ずっと印象に残っている小説。表紙の白が気に入って買ったんだけど、話の内容も白くてきれいなイメージ。小説にでてくる静流(しずる)がとてもオリジナルな感じでかわいくて好きです☆


    この本を会社の人に貸したら、きれいな外国の広告?みたいなブックカバーで戻ってきたことを思い出しました。

  • 映画を最初に観ていたので、内容はほぼ頭に入っていたのだけれど、やっぱり切ない。
    互いを思いやる気持ちが切なすぎて、待ち構えている未来が苦しくて、でも、とっても素敵で。
    今ある自分の時間や周りを大事にしたいと強く考えさせられる話だった。
    何度読んでも、その度に深く、切なく、傷ついてしまうのに、また主人公たちに会いたくなるのだろうな。

  • 市川さんの本は、相変わらず文章に透明感があって、すっごく綺麗で……感動しました。
    『恋の病』字のごとくですね。
    恋をすることで死に至る病。
    やっと結ばれると思った時に衝撃的な事実。まさかこんな話になるとははじめ読んでいて、思いもしなかったな……。

    まっすぐできらきらしてて、純粋な初恋のお話。
    とてもいい作品でした。

  • 純愛。個性的な静流。静流に恋をする純朴な誠人。でも実際に会っているときは、片思い。遠く離れて、年月が経ち、両思いに気づくけど…。誠人がニューヨークへ静流に会いに行ったときには、静流は天国へ。恋をすることで成長を早め、死ぬ病気が実際的ではないが、泣ける話。

  • 映画を原案に書かれたこの小説は、漫画『ハチミツとクローバー』を思い起こさせる。
    素敵だったけど、映像ありきの小説なので星3つ。

  • 一気に読めた。ホロリとした。

  • ピュアで幻想感のあるお話。私はその陶酔感みたいなものに感情移入できず、少し引いた気持ちで読んでしまいました。最後もちょっと展開が無理やりのような。
    20代の若いころに読めば違ったのかな。私には合わなかったけど、好きな人は好きだろうなと思います。

全648件中 1 - 25件を表示

恋愛写真―もうひとつの物語を本棚に登録しているひと

恋愛写真―もうひとつの物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋愛写真―もうひとつの物語を本棚に「積読」で登録しているひと

恋愛写真―もうひとつの物語の作品紹介

映画『恋愛写真』へのオマージュとして話題の実力派新鋭が書き下ろしたラブ・ストーリーの奇蹟。

ツイートする