デウスの棄て児

  • 499人登録
  • 3.39評価
    • (47)
    • (56)
    • (198)
    • (13)
    • (6)
  • 74レビュー
著者 : 嶽本野ばら
  • 小学館 (2003年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861212

デウスの棄て児の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 野ばらさんの本は素敵だ

  • 漢字が多くて難しそうだと思ったけど、以外と読めた。
    今まで天草四郎のことなんて考えたこともなかったから面白かった。
    耽美()な感じとか、この作品なら合っている気がする。

  • 天主を憎むが故に、復讐せんが為に、一揆の先導者となった天草四郎時貞。苦しい。何より純粋な愛憎。女達の、逃げることなく信じて殉ずる姿は、いっそ愚かしいまでに美しい。

  • 天草四郎が異能力者という設定の物語。アヘン中毒になった母と小ざかしい父の間に埋めれた彼がトシをはじめとする信者達と共に戦を戦うというストーリー。文章が読みやすくすらすら読めた。

  • 日本史で取り上げられる「島原の乱」を、野ばらさんの世界観を通して見るとこんなに違う。
    天草四郎時貞の幼少から、キリスト教を信仰する経緯、そして最期のときまでが描かれます。
    教科書を読むだけでは味わえない不思議な世界と深みがあります。
    史実を重んじるというより解釈を愉しむ、という感じ。

  • 天草四郎、嶽本野ばら風物語。

    歴史を知らない私にはよい勉強にもなりました。
    天草四郎って切支丹だったんだ。
    でも野ばらちゃん(男性)のフィルターを通すと天草四郎がハーフになっちゃう。
    クリエイティブ。

    宗教とか、哲学とか、そういった話は好き。

  • 天草四郎。
    読みやすい、と思う。
    もう少し奥行きがほしい気もするけれど。

    嶽本野ばらさんというと、もっとファッショナブルというか、
    そんな内容のものばかりかと思ってました。

  • 既読。

  • こんな野ばらちゃんの小説にヴィヴィアンも、エミキュも、お洋服の英字が並ばない小説があるとは。
    君主への信仰から神への信仰へ鞍替えとか、なかなか面白いかったです。
    どちらでもない・どちらにもなれない、そういった感覚から起こる寂しさや叫びを書く人だっていうのをやっと思い出した。
    『エミリー』ずっと好きですよー

  • 島原一揆の史実が好きなだけに、感情移入が凄まじかった。
    悲しすぎる。

全74件中 1 - 10件を表示

嶽本野ばらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

デウスの棄て児を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デウスの棄て児を本棚に「積読」で登録しているひと

デウスの棄て児の作品紹介

私を衝き動かしてきた、私の生きる原動力となってきたものを、今となっては正直に告白しなければなりますまい。それは神、つまりは天主への憎しみ。この世界を創造し、摂理を生み出した全能の天主なるものが事実存在するならば、私はそのものに復讐を企てる為だけに心血を注いできたのです。神をも畏れぬ衝撃の解釈で、日本キリシタン史最大の悲劇を描いた、第16回三島由紀夫賞候補作家の書き下ろし最新作。

デウスの棄て児のKindle版

デウスの棄て児の文庫

ツイートする