ラブコメ

  • 304人登録
  • 3.57評価
    • (41)
    • (48)
    • (95)
    • (11)
    • (3)
  • 71レビュー
著者 : 松久淳 田中渉
  • 小学館 (2004年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861403

ラブコメの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これを書くとあと何ページ必要になる〜みたいな、こういう書き方だったのが個人的にあまり好きじゃなかった。
    当時人物はみんな個性的でおもしろくて好き。

  • 『ラブ』メインの話はどうも苦手みたい。これがマンガだったら、焦れったい感じも良かったかもしれないけど…。

  • 花屋の店長と、その彼女に小さい頃恋をして、大人になってまた恋をしたアニメの脚本家の話。

    バーの店長達や、声優など、脇役もいい味を出していて、まさにラブコメディ。

    お互い相手の気持ちを勝手に先読みし過ぎて、なかなか自分の本音を言えないのがもどかしい。でも、やっとお互いの気持ちを伝えあった後は、とても素直に会話してて、可愛かった。

  • 男勝りなまきえと美晴の恋のお話。タイトルからわかる通りのラブコメ。サンバカーニバルのあたりはにやにやしながら読んでしまいました。おきまりのパターンだけど七転八倒な二人のお話は、最初から最後まで笑わせてもらいました。他のキャラクターのサイドストーリーがあったら読んでみたいです。

  • タイトル通りの「ラブコメ」です!ドラマかアニメかの脚本のような印象。とにかく元気になりたい時にお勧めしたい本。

  • 「看板に偽りなし」の超どストレートなラブコメ小説。
    人物設定や話の展開はまるで月9ドラマのような、ある意味”非現実感”を感じますが、それがかえっていい感じにハマッてます。
    ベタ甘な展開が好きな人にはたまらないと思います。

  • 文章のタッチには慣れなかったけれど、主人公のサッパリした性格と二人の恋模様はきゅんっとしながら読めました。ページ数の割に、サラリと読めて面白かったです

  • ドタバタ恋愛活劇。天国の本屋と同じく、連動して時々挿入されるシナリオライターとして主人公が描くシナリオのストーリーは実に爽やか。王道中の王道を歩む恋愛ものでオチは予想されているものの、主人公2人の素直な気持ちに感動。電車で泣きそうになった!

  • 文章が好みじゃない…。余計な説明入れすぎだし、同じ表現使いすぎててしつこい。軽く読むにはちょうど良い内容なんですけどね。可愛いと思えるとこもあったし(゜v ゜*)でもやっぱり文章が読みにくいのはデカい!あと主人公の女性が言葉遣い汚すぎだと思う…。

  • タイトルに偽りなく。みなさんのキャラの突き抜けっぷりが素敵過ぎます。

全71件中 1 - 10件を表示

松久淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ラブコメを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラブコメを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラブコメの文庫

ラブコメのKindle版

ツイートする