ヘーメラーの千里眼

  • 94人登録
  • 3.05評価
    • (1)
    • (6)
    • (31)
    • (4)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 小学館 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861427

ヘーメラーの千里眼の感想・レビュー・書評

  • 相変わらず千里眼シリーズ面白い!
    美由紀の戦闘シーンが少ないのが残念だったけど、頭のキレは素晴らしいですね。実際こんな事出来る自衛官はいないけど、こんな人がいたら日本は安泰です。
    次のトランス・オブ・ウォーもこのまま読み進めます!

  • ザッツ エンターテイメント面白かった。伊吹直哉ってこんないいオトコだったっけ?

  • これはおもしろかった!松岡さんの本は初めて読んだので、かなり出てるシリーズものの途中から読んでも大丈夫なのかなあと少し不安だったけれど、全然まったく問題ありませんでした。何より、読者を飽きさせない嵐のような展開がいい!次から次へと動いていく怒涛のストーリー、あちこち跳ね回るまさに『鉄の女』な主人公・岬美由紀。時折登場人物たちが垣間見せる脆い一面も、人間らしくてよかった。福井晴敏など、異常に自衛隊の艦隊内部や戦闘機描写に詳しいひとの本を読んでからだと、少し「え?」と思う部分もあるけれど、それを補ってあまりある展開のおもしろさでとっても満足のいく内容になってると思います。読後の爽快感は本当に素晴らしい!これから松岡さんにどっぷりハマりそうな予感です。

  • 千里眼シリーズ!岬美由紀が古巣の航空自衛隊基地へ戻る?過去とそして・・・
    迫力・そして物語の構成がすばらしい!
    これは過去の作品を読んでなくても読めますが、やっぱりシリーズものですから。

  • 命懸けで任務に赴く幹部自衛官の愛と青春の出発、トップガンを目指す若きエリートたちの壮絶な試練と、倒錯する人間模様。細部のリアルな筆致と、独特のユーモアでテンポよく読ませる娯楽作。ベールに包まれていた美由紀の過去と恋愛。青春小説とアクション小説とミステリー小説の巧緻な結合。
    このシリーズは結構好きで一気読みです。今回は長かったなぁ。。。

  • 千里眼シリーズ10作目

  • 松岡圭祐「<A HREF="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093861420/affilliatecaf-22" target="_blank">ヘーメラーの千里眼</A>」を買ってしまいました。

    まだ50ページ程だけど 岬美由紀すら出て来ない〜
    しかも 今回も濃いキャラが登場ですな!
    伊吹直哉と 見鏡季代美(
    相変わらず凄いネーミングです!松岡氏)

    見鏡季代美 フェラーリで無茶し過ぎだし
    車を登場させるのん好きね この作者は!

    ところで「ヘーメラー」って何なんだろ?
    ん〜気になるが調べずに本編で出て来るのんを待つかなぁ

    それにしても この千里眼シリーズは回を追う事に 話が大きくなるよなぁ!

    <A HREF="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088734777/affilliatecaf-22" target="_blank">ドラゴンボール</A>並みに話し大きくなりすぎだよ!
    そのうち岬美由紀はスーパーサイヤ人になるな ん〜きっとなるよ!

    私的には「<A HREF="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094032592/affilliatecaf-22" target="_blank">マジシャン</A>」とか「<A HREF="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093861277/affilliatecaf-22" target="_blank">イリュージョン</A>」が好きだなぁ!

    マジシャンのシリーズを読んだから
    テレビの手品番組のタネが結構見破れる様になったよ!

    因に 1円玉を焙って曲がるか試してみました。
    松岡氏 疑ってゴメンね!でもホントに曲がったよ!
       (内容が分からない人は「<A HREF="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094032592/affilliatecaf-22" target="_blank">マジシャン</A>」シリーズを読むべし)

全8件中 1 - 8件を表示

ヘーメラーの千里眼を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヘーメラーの千里眼を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヘーメラーの千里眼を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヘーメラーの千里眼の作品紹介

航空自衛隊のエースパイロットが引き起こした未曽有の過失事故、それによって国家の威信に重大な波紋が生じる。麻薬密輸船の攻防に頭を悩ます防衛庁は、何故かパイロットの精神鑑定を要求する巨大企業資本に翻弄され、途轍もない陰謀に巻きこまれていく…。女性自衛官初の戦闘機パイロット、岬美由紀、二十八歳。その愛と青春、挫折、そして生涯を賭けて挑む"謎"と"戦争"。サイコスリラーの妙味を加えた新感覚冒険ミステリー長編、最新傑作。

ヘーメラーの千里眼はこんな本です

ツイートする