県庁の星

  • 1233人登録
  • 3.29評価
    • (51)
    • (203)
    • (474)
    • (56)
    • (9)
  • 315レビュー
著者 : 桂望実
  • 小学館 (2005年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861502

県庁の星の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。
    野村、がんばれ、私ももし近くに居たら、美味しいお茶の一杯もいれてあげよう。

    ちょっと有村浩の『県庁おもてなし課』のつもりで借りてしまった。
    すぐに、「あ、違う。織田祐二だ」って気づいたけれど。
    確か映画?テレビドラマ?でやっていましたよね?織田祐二が。
    番宣か何かで観たような気がする…程度なんですが、今回の主人公を織田祐二にして読み進めた。

    それにしても、最近私が読む作家さん-有村浩、三浦しをん、坂木司、高野和明、原田マハ-って、みんな似たようなテイストな気がする。

    食事に例えるとハンバガー。
    具に、高級感や、新鮮さや、奇抜さなどを打ち出したりして、個性を出せるけど、でも概ね片手で他の事をしたり、考えたりしつつ食べられる。柔らかくて軽く瞬時に咀嚼できる、って感じ。
    美味しくて楽しいんだけど、時々、ちゃんとカタイ物を食べたり、読んだりした方がいいんじゃないかって心配になるのよね。

  • 民間との人材交流プログラムに選抜されたケンチョーさんが地方スーパーにて1年間の研修を行う。独りよがりなお役所的なものの考え方・ひとの見方から、自分自身の挫折や社会の底辺で生きる様々な人々との触れ合いによりお客に寄り添い、ひとの話が聞けるようになる。最後はハッピーマンとなりはちゃめちゃエンターテイメントになってしまった嫌いもあるが楽しく読めた。

  • 大分前に映像化されたもの。

    従業員のダメダメさと聡の役人根性、女性の頑なさに思わず笑ってしまう。皆あっさり成長してしまって、そんなにあっさり宗旨変え出来とたら苦労しないしちょっとあり得ないだろうとも思うけれど、皆仲良くなって気分よく読み終えられた。


    県庁のエリート聡が交流のため民間のスーパーチェーン店で1年間働くことになる。
    指導役として聡につかされたのは正社員ではなく、パートの女性。
    女に貢がされてぽいされたことにも気づかないちょっと間抜けな聡はスーパーで賞味期限切れの材料がスーパー弁当に使用されていることや以前県庁が申し送った筈の件が実行されていないことに目を剥き、エリートの彼が誰にでも出来る単純作業をやらされることに愕然とする。
    指導役の女性は他人の感情をなかなか斟酌しない強すぎる人間で、様々な人間の反感をかっている。
    お互いが影響しあって、かは疑わしいが、女性は俳句仲間、聡は他従業員や自らの思い付きなので柔軟に成長し、スーパーは成功を納め、聡は人の一側面だけを見てはいけないことを得、充実感とともに研修を終える。

  • 「県庁の星」
    切れ者だが役所根性満載の野村の研修先は田舎のスーパー。そこには、彼の想像していない世界が待っていた。何も出来ない刺激のない研修生活に嫌気が差す野村だったが・・・。


    織田裕二&柴咲コウで映画化された本作。これを忠実に再現していたかは読んでも思い出せませんでしたが、少なくとも小説での野村(織田)と二宮(おそらく柴咲)の個性は強烈でした。だからこそ、物語は面白いですし(特に心の中で思っている所が非常に現実的w)、彼らの成長が伝わってきます。


    まず野村はなかなかの役人頭の持ち主で意外と口も悪い。さらに、「女性を食う」と言う辺り女性読者の反感を買うこと間違い無しの下衆要素も持ち合わせる見た目完璧男。しかし、二宮の目を通してみると、次第に抜けている所も発見される。


    一方、スーパーでパートとして働く二宮は非常に大変な位置にあります。例えばリストラを任されたり、無能な上司に囲まれたり、息子となかなか上手くいかなかったり、そして役所頭の野村を世話したりと本当に大変。さらにこちらはおばさんパワー全開といいますか、言葉遣いは決して良いとは言えないし、マシンガントークが得意。しかし、そんな彼女も一時はスーパーを変えようとしていた頃もありで・・・。


    そんな2人が互いを時に罵倒し、時に認め合う時期を共有することで、最終的に1つの難題に共に立ち向かいます。その過程で野村は人を見て働き、共に苦労し喜びを味わうことの大切さを学び、役所との違いを楽しむようになります。また、二宮は野村の良い所を認め、息子とも心の下の下を見せ合うようになります。そして、彼らにつられて正直堕落の塊であったスーパーの人間も変わっていきます。


    個人的に一番嫌いな奴は店長と副店長ですが、彼らは成長しただろうか。

  • <概要>
    民官交流のため、官僚が現場に送り込まれる。
    現場を知らない官僚に対して、現場の人々は馬鹿にし、無視をする。
    官僚も自分の指示通り動かない現場の人々を馬鹿にする。

    そこで、官僚の人のアイデアと現場の人のアイデアどちらが優れているか勝負する。

    そこで、官僚は大敗する。

    官僚はその結果に反省し、現場の人のアイデアも参考にしつつ、実際に実現できるプランを立て実行し成果をだす。

    <感想>
    いろいろ耳が痛い。実際に経験することの重要性を認識した。

  • 実家の本棚から久々にお持ち帰り。
    今でいうところの啓発小説の走りと言ったところでしょうか。
    それにしても、あたしは昔からこういう
    サクセスストーリー的な物語が好きだったんだなぁ;


    途中までは軽いな〜なんて思いながらさらっと読んでたけど、
    仕事ってどこでもやる気と工夫しだいだなぁなんて当たり前のこと思った。
    たぶんどんな仕事でもエライとかない。
    工夫次第でどんな仕事でも話題になれる。
    どんな仕事だとしても腐らずにガンバロ。


    映画も同じくあんまり覚えてないけど、柴咲コウと小説の二宮さんが違いすぎる…。

  • タイトルだけは知っていた一作。
    序盤は退屈だったが、後半に進むにつれ、一致団結した人々の力に驚かされるとともに、爽快な気持ちになった。
    いったい県庁の職員が主人公のような性格をしているかはわからないが、この作品内では主人公の性格が変わる様子がうまく描き出されていたと思う。

  • ちょっと展開がベタすぎというか。でも普通に面白かった。公務員に対してのセリフで「慣例、前例って言うんでしょ。能力がないからじゃないの?人を見る力がないから、責任とりたくないから同じことやりたがるんでしょ。自分の思い通りのことしてきっちり責任とるって格好いいじゃない。今やってることに疑問もちなさい。」が良かった。

  • 前半のジリジリした状況から、後半改善されてく様は気持ちいい。映画を見返してもいいかな。

  • 公務員の性質があるあるでいい。
    県庁さんはこの話の続きではそのうち公務員に嫌気が指すんじゃないかと思うくらいの変身・改心ぶり。

全315件中 1 - 10件を表示

桂望実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

県庁の星に関連するまとめ

県庁の星を本棚に「読みたい」で登録しているひと

県庁の星を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

県庁の星を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

県庁の星の文庫

ツイートする