すべては海になる

  • 56人登録
  • 3.40評価
    • (4)
    • (9)
    • (14)
    • (1)
    • (2)
  • 14レビュー
著者 : 山田あかね
  • 小学館 (2005年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861571

すべては海になるの感想・レビュー・書評

全14件中 1 - 14件を表示

すべては海になるに関連する談話室の質問

すべては海になるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すべては海になるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すべては海になるの作品紹介

夏樹は都内の書店に勤めて5年になるが、いまだにアルバイト店員のまま。17歳のときの援交体験がもとで、人間関係をうまく築けないでいる。寂しさを埋めようと年上の既婚者や出版社の営業担当と付き合うが、心の隙間は広がるばかり。そんな折、夏樹は店で中年女性の万引きを目撃し、大学教授の妻である彼女の家を訪ねる。そこで夏樹が出会ったのは崩壊家庭の中で自らを確かに保って生きようとする高校生の光治だった。期待の女性作家が描くアンチ純愛小説。

すべては海になるはこんな本です

すべては海になるのKindle版

ツイートする