スヌスムムリクの恋人

  • 542人登録
  • 3.87評価
    • (67)
    • (81)
    • (85)
    • (7)
    • (0)
  • 97レビュー
著者 : 野島伸司
  • 小学館 (2008年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862202

スヌスムムリクの恋人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 性同一性障害を抱えるノノと、幼なじみとして密な関係で育った直紀、清人、哲也。苦しい思いを抱えながら成長するノノと、そんなノノを救おうと奮闘する幼なじみたちの物語。

    直紀が結局のところ、男女間の恋愛という意味ではノノの気持ちに応えられないことが、この物語の最も重要なポイントだと思う。もしこれが「性同一性障害をもつ恋人と僕のラブストーリー」だったら、ノノはもっと幸せな青春を送れただろうけど、逆にどこか特殊な人たちの話になってしまって、「生きるってなに、愛ってなに」という普遍的な話には広がらず、こじんまりしてしまうと思う。
    友情物語と成長物語と社会問題と作者の伝えたいテーマが独自の世界観にきれいにおさまってる。

    初読のときは気付かなかったけど、作者の意見や考え方が透けて見えるところが(本筋とは関係ない部分でも)多くて、こういう批判を恐れずに自己主張できる人だからこそ、こういうデリケートな話題を果敢に扱えるのだろうなと。

  • 生まれた時から一緒だった幼なじみの少年達、知的な清人・熱血漢な哲也・八方美人な直紀、そして女の子のような外見をした望は、心も女の子だった。
    4人の少年の恋と友情の物語。ただの青春モノではなく、美しくて残酷な、野島伸司ワールド…。
    久しぶりの野島ワールドにどっぷりとはまり、一気読み。話が進むにつれ痛々しさが増していくけど、終わり方に救われた。良かった。
    タイトルの「スヌスムムリク」とは、ムーミンのスナフキンの本名。スナフキン好きだから、嬉しい。
    『“ねぇムーミン、分かるかい?”苦しんだ人が報われようとする時には、ホラこんなにも水面はキラキラと揺れて、風車は夢のようにカラカラと回転する。そうさ、やっぱり世界は満更捨てたもんじゃない』

  • 単行本で買っちゃったよ!サイコーですよ!!『薔薇のない花屋』とか見てなかったけど、たまたま手に取って大当たりだよ!!
    「キレイでやさしい、透き通るような物語」って感じかね。
    ノノを想う3人の気持ちが愛しくてたまらん。

  • 野島さん大好き。

    くさい台詞があるため苦手な人はいると思うけれど、私はそれも含めて好き。

    性同一性障害であるノノ。
    ノノと幼馴染み三人の男の子のおはなし。

    視点は幼馴染みの一人であるナオチャン。
    ノノの心情やそれに伴った行動はナオチャンが受け取ったタイミングで感じることができる。

    入りは性同一性障害だけど、着地は「心の移植」。

    何度か涙で文字がぼやけ読めなくなった。

  • 幼馴染四人の物語。
    それぞれの考えや、求める幸せ、相手の事を思う気持ちがとても素敵。
    よくも悪くも、若い高校生の気持ちがよく書かれています。
    四人の成長と、揺れ動く気持ちと。すごく丁寧に描かれていて、最後の結末にほっとします。

  • あ~~最高だった
    こんなにも覚えにくいタイトルの本だったけど
    よかったわあ

  • 2015.3.6読了。
    扱っているテーマは重いんだけど、なんとなく浮世離れした空気が漂う物語。これが野村伸司ワールドなのかな?姫と3人の騎士のお話です。
    大切な誰かに何をしてあげたいか、何をできるかは人それぞれ、そしてそれが相手が本当に望むことなのかもわからない。
    分かりやすいハッピーエンドではないけど、希望が持てるラストにホッとしました。

  • 最初は結末にどうしても納得できませんでした。
    しかし、最後まで読み終ってよく考えたら、この結末が一番どの人にとっても最善だったんだと思えました。
    この作品は性同一性障害についてだけではなく私に多くのことを考えさせてくれた一冊です。
    この本に出会うきっかけをくれたたあもさんに感謝です。

  • 単純にナオチャンとノノにくっついてほしかった。
    男女の生きることの考え方の違いに納得。

  • 「性同一性障害」について書かれた本です。「薔薇のない花屋」を書いた野島伸司さんが描くことを切望した至高の愛のかたち。同タイトルでマンガもあります。

    熊本学園大学:まい

全97件中 1 - 10件を表示

野島伸司の作品

スヌスムムリクの恋人に関連する談話室の質問

スヌスムムリクの恋人を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スヌスムムリクの恋人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スヌスムムリクの恋人を本棚に「積読」で登録しているひと

スヌスムムリクの恋人の作品紹介

苦しみ続けた人が報われようとする時、僕はいつも思うんだ-そうさ、やっぱり世界はまんざら捨てたもんじゃない。稀代のヒットメーカーが問う、究極の愛のかたち。ドラマ「高校教師」から15年、「聖者の行進」から10年-。今年最大の話題作「薔薇のない花屋」の感動をふたたび。

スヌスムムリクの恋人の文庫

ツイートする