女子は、一日にしてならず (shogakukan paperbacks)

  • 129人登録
  • 3.20評価
    • (5)
    • (14)
    • (32)
    • (6)
    • (3)
  • 24レビュー
著者 : 黒野伸一
  • 小学館 (2008年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862264

女子は、一日にしてならず (shogakukan paperbacks)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1959年生まれ、黒野伸一さんの「女子は、一日にしてならず」、2008.8発行です。FBクラブ「Fat is beautiful」の女性たちの開き直りとも感じられる生態とやがてダイエットに目覚め、同時に言葉遣いやしぐさも洗練されていくプロセスを描いた作品です。泣いたり笑ったり・・・騙されたり、再生したり・・・です。彼女たちのこれからの人生に幸ありと願う私です(^-^)

  • 新しい自分を見つける物語
    女子が生きるのは大変なのだ。

  • ぽっちゃり女子主人公ものなら、桂望実『ハタラクオトメ』の方がコメディとして好感触。
    でもこっちの方がリアルなんだろうな。
    だまされちゃったりもするんで、脳内で「あかん!奈美江その男はあかんって!!目を覚ませ~っ」とか思っちゃいます。
    可愛いけどちびで毒舌な同僚、ボケ×ボケな両親、主夫な弟、ネガティブな妹、など個性的な面々も見所。

    フォーマット・デザイン / 葛西 薫
    カバー・デザイン / 山田 満明
    カバー・イラスト / 大野 耕平

  • 主人公のデブっぷりが凄まじい。そして作者(名前からすると男性だけど)男性とは思えない。一気読み。この作家初だけど面白かった。人生山あり谷ありなのが、いいバランスで書かれていて、気持ちよい読後感。

  • 変わりたい、ダイエットを始めたい女性にオススメ。
    本当に女子は、一日にしてならず。
    自分の生活をふりかえって、四股を踏みたくなりました。

  • 肥満体の主人公の投げやりな人生に「もう少し自分でどうにかしたら?」と突っ込みを入れたくなるのだが
    肥満女性を見る周りの目に対抗する度胸はちょっとスカッとする場面もある
    可愛い女性と思われたい気持ちから詐欺師に騙されたりするのだが最後はやっとダイエットに挑戦していく気持ちになる
    家族の中のしっかり者の弟の存在がなんとなく心地よい

  • ダイエットを始めるまでが面白い。
    外見を変えるためには中身から変わらなければ!!と心機一転。潔い決断がカッコいい。
    ダイエット前の性格も個人的には嫌いじゃないので読んでて気持ちよかった。

  • 後味はスッキリしていた。ダイエットがテーマだが私には自己肯定のひとつの在り方にまで触れている作品だと感じられた。ストレスにより過食してしまう経験がある人には共感が深い内容だし、今食事に気をつけている人には気を引き締める描写のある作品と感じた。
    幸福の在り方、それを感じる力・感性のベクトルが多岐に向けられたなら今の自分に満足し、生きていけるのかなと思った。

  • おデブのお話。ダイエットを始めた辺りから面白くなってくる。自分のためにダイエットというより、他者を考えて行動すれば、ダイエットをするぞ!!と意気込むよりもすんなりと体型が変わるというところが、実際そうかなって思った。

  • 黒野さんの描く女の人って、どこかとげとげしいのに憎めない。魅力たっぷりです。笑えて泣けて、とても良かった。

全24件中 1 - 10件を表示

黒野伸一の作品

女子は、一日にしてならず (shogakukan paperbacks)を本棚に登録しているひと

女子は、一日にしてならず (shogakukan paperbacks)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女子は、一日にしてならず (shogakukan paperbacks)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女子は、一日にしてならず (shogakukan paperbacks)はこんな本です

女子は、一日にしてならず (shogakukan paperbacks)のKindle版

女子は、一日にしてならず (shogakukan paperbacks)の文庫

ツイートする