ヒルクライマー

  • 234人登録
  • 3.44評価
    • (13)
    • (40)
    • (45)
    • (4)
    • (7)
  • 47レビュー
著者 : 高千穂遙
  • 小学館 (2009年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862479

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヒルクライマーの感想・レビュー・書評

  • 中学時代、夢中になったクラッシャージョーの作者。自転車に乗るようになって、オッさんデビューちゃりダーの先駆者として再発見。でもって、自転車、しかもヒルクライムで書いてる事に驚き、早速読んでの感想は、自転車乗り中年は大作の暮らしに憧れ、礼二の若さを懐かしむってとこで満足出来るでしょう。残念ながら自転車に馴染みが無い人は、スペースオペラ以上に無理でしょう。

  • しばらく映画ばっかり見てたので読書から遠ざかっていました。
    久々に読んだ本、
    面白かったです。
    私は自転車に詳しくないので細かい部分はわかりませんが、無性に坂を登りたくなりました。

    自転車好きじゃなくてもそれなりに王道のストーリーなので楽しめると思います。

    まぁ、ストレートな展開です。

  • 自分に重ねて読んだ。いくつか共通点があり身に詰まるような展開も(笑)
    ロードバイクに乗らない人には分からない苦しい楽しさは共感できる。

  • 高千穂遥といえば「クラッシャージョウ」や「ダーティーペア」などの数々のヒット作を手がけた作家ですが、まさか自転車の作品を描いているとは思えませんでした。
    どうやら、40代でメタボになり、その体質改善のために自転車を始め、それが高じてヒルクライム(坂上り)にはまった実体験をベースにフィクション小説を書いたのがこの本のようです。
    どうりで、かなり自転車の専門用語がポンポンと出てくると思いました。
    作品は私の好きな近藤史恵の「サクリファイス」シリーズを彷彿とさせますが、病死した親友に自転車を託された主人公が、いろいろな人と出会い、サポートされながらヒルクライムの世界にどっぷりはまっていき、最後にはトップヒルクライマーに成長する過程を描いている話です。
    登場人物がいろいろな経歴だが皆、ヒルクライムに熱い想いを持っているのが面白いのと、作者のヒルクライムへの思い入れを深く感じる話ですね。
    作者を投影したような登場人物も出てきて、自転車に対する作者の熱い想いが話しに臨場感を与え、ぐいぐい話しに惹きこまれますね!

  • ある青年が自転車に乗り始めて、ヒルクライマーとして大きくなっていく姿を中心に、でもそこには必ず自転車という無機質で無慈悲な相棒がいる、自転車乗りでなければわからない世界が広がってます。
    読み物としては良くも悪くも起伏が無いというか、ベーシックな流れだったと思う。自転車の話も知っていないとちょっとイメージできない内容が多かった気がする。でも、自転車知ってる人、乗っている人なら共感できる部分が多いんじゃないだろうか?
    坂を上る感覚、足が悲鳴を上げる、喉の奥が熱くなる、それでも歯を食いしばってペダルを踏む・・・。
    息遣いもそうだけど、走っている最中のもどかしい気持ちがよく伝わってきました。
    読み終わって自転車に乗りたくなる本です。

  • 物語だったのね。早く自転車乗りたい。

  • 巻末にて、著者自身が語っていたように、ストレートな物語だと思った。
    自転車、特にヒルクライムについて書かかれているので、どうしても一般には馴染みのない言葉がどうしても多くなる。
    自分は、通勤にクロスバイクを使っているので、多少の知識はあったが、それでも知らない単語は多く目にした。
    その分、物語は分かりやすく、ストレートに書かれたのだと思う。
    だがやはり、自転車に興味のない方よりは、自転車に興味のある方へおすすめしたい一冊。

  • 本作を絶賛したくなるのはロードバイクに乗っているせいだろう。物語としてはそれほど凝ったものではないが素直に楽しめた。文章にもスピード感がありよかった。最後は父娘の関係も修復し涙が出るほどのハッピーエンド。それがまたいい。

  • 自転車小説。自転車にちょっと興味を持ち始めてたので読んでみる。自分ちの近くも練習コースとして出てきたりでなかなか楽しかった。まぁストーリーは簡単で深い物ではないけど、自転車テーマという稀有な小説ということでいいんではないかと。自転車ヒルクライムという新しい世界を見せてくる作品。会社にものめりこんでる人がいるけど、ここまでではないかな。でも既婚者が趣味にのめるこむと家庭が崩壊するという妙にリアルで怖い話でもある。。

  • 『ヒルクライム』。自転車ロードレースの中でも、山や丘陵の上り坂に設定されたコースを走るタイムレース。平地よりも他車との接触が少なく、マイペースで走ることもできます。集団行動が苦手でマラソンを挫折した主人公が、親友の形見のロードバイクを譲り受け、ロードレースに挑戦していく話です。自転車に詳しくない人でも、わかりやすく、新生活、何かを始めたいと思っている人のこころをくすぐる一冊です。

  • ▼ごめんなさい。私の感想を読んで気を悪くする人もいるかもしれない・・・。

    ▼登場人物の誰にも好感を持てなかったので、私は楽しめなかったです。大作も礼二も、かっこよく描きすぎていたり、
    美奈の「大作命・大作様」表現も気持ち悪かったです。

    ▼仕事以外のすべてをつぎ込み家族を犠牲にしちゃうほど、自転車って楽しいよー、ヒルクライムってハマるよー、レース出たくなるよー と言いたかったのかもしれませんが、残念ながら私には自転車の・ヒルクライムの魅力がよくわかりませんでした。

    ▼しかも何だか礼二とあかりのお付き合いの仕方に嫌悪感。知り合ってからラブホまでの展開早すぎと思ったし、自分の目標となる人の娘と、あっさりどーにかなっちゃうとか、どん引きでした。今は男女の関係ってそんなもんなの?16歳の高校生なのに、ラブホでの何この”こなれた”感は・・・。16歳らしい初々しさを全然感じなかったです。初デート辺りから、この本に興味がなくなってしまいました。

  • ロードバイクのヒルクライムにかけるとあるアマチュアローディを中心に親子関係、恋人関係、仲間の思いなどを描いていく。

    ラストの読み応えがもう少し欲しいところだけど、ロードバイクが好きな人は楽しんで読める。
    作者自身もローディなので、ヒルクライムにハマっていく心理描写などはさすが。

  • あまりにストイックで体育会系な物語でした。
    ムスメを持つ父としてはちょっと納得いかない部分もあったかな…w

  • 展開にひねり?がない、うすっぺらい

  •  作者さんがストレートな物語を書いたとあとがきで語っていた。確かにストレートだ。うん、ストレートだ。すごくストレートだ。

     たぶんこれはロードレースやっている人には共感できるものがあるんだろうな。ただ、物語的な面白味にはちょっと欠ける。

     順調に主人公成長して、終わっちゃうだけだから。

  • 人は誰も、自分がどんなことに素質があるかなんて、やって
    みるまで分からないものだと思う。

    走っている姿に何故か見とれて興味を持った彼もいれば、
    亡くなった友人のロード用自転車をひょんなことから譲り
    うけて走ることになった彼(主人公)もいる。

    走り始めた理由はそれぞれでも、そこに自分の素質を見出して、
    たとえ生活の一部を犠牲にしてでも全身全霊を持って打ち込める
    ものとして確立できるのならば、それはとても羨ましい限りだ。

    とんとん拍子にことが進んでしまったラストに疑問は残るが、
    トップクラスのヒルクライマーにのぼりつめようとする彼の
    ひたむきさにエールを送りながら楽しく読ませてもらった。

  • 元マラソンランナーの礼二が、兄の友人の遺品として受け継いだ
    ロードレーサーがきっかけとなり、自転車レースの、特にヒルクライムと
    呼ばれる山登りレースにのめり込んでいく物語。

    礼二の目標となる大作、同じチームの美奈、大作の娘あかり。
    それ以外にも登場人物はたくさんいるけど、はっきり言って
    ほとんど目立ってないかな。

    話の途中でころころと語り手が変わるのが読みづらかった。
    せめて章ごとに変えるなどの方法にしてほしい。

    内容も主要人物のキャラもとても興味深かった。
    面白かった。誰かに勧めてもいいかなと思うくらいに。

    ・・・けど、何かが足りない。物足りない。
    個人的にはそう感じてしまった。
    爽やかに締めてあったのに。

    『サクリファイス』『自転車少年記』『セカンドウィンド』を
    読んだ時に感じたような、興奮や高揚がなかったのかな~
    ヒルクラム経験のない人を物語の中にぐいぐいと引き込むほどには、
    完成していないということでしょうか。

  • 目指せ!坂バカ

  • この話の登場人物はプロの自転車選手ではない、アマチュア選手、しかもヒルクライムレースに魅せられたSB(坂バカ)たちです。40過ぎから自転車に乗りはじめ、仕事以外の時間を家族を顧みず自転車に没頭したため、アマチュアトップレーサーになったものの娘に嫌われてしまった大作、元陸上の長距離ランナーだったが、監督と対立し、大学をやめてプーだったところ、自転車選手だった親友が病死し、彼の遺品のロードレーサーを託され、自転車にのるようになった礼二を中心に、自転車にかかる費用をキャバクラで稼ぐ美奈、「おねぇ」キャラの美容師・下丹田などのSBたちのヒルクライムレースにかける思いが伝わってくるような話でした。
    後半は大作と礼二に、大作の娘であるあかりが絡んで進んでいきますが、ラストに感動的な演出が待ってました。実際にこんな演出をされたら感動するし、盛り上がるでしょうね。
    作者の高千穂遥は「ダーティペア」などのSF小説で知られていますが、本人の趣味である自転車を題材にした作品だけに、リアリティがあったのかなと思いました。

  • 私情ですが、昨日まで勉強のために読書断ちをしてたので

    やっと本が読めることに狂喜乱舞しております。

    解禁1冊目が何故この本なのかというと

    16・17・18日の3連休に「CS3日視聴無料」というのをやってたので

    何か面白い番組やってないかなーと

    チャンネルを回してたらツール・ド・フランスがLIVEでやっていて

    ついつい見て興奮したらからです。(笑)

    LIVEですが(深夜1時過ぎまで)連夜見てしまった・・・。

    特に第4S の最後のデッドヒートを見て、

    近藤史恵さんのサクリファイスとエデンより先に

    こちらを読みたいと思い、読みました。(どれも再読です)

    読んでて自転車やってみたくなるのは私だけでしょうか?

    そんなお金はないですけど、

    機会があれば是非挑戦してみたスポーツですよね。

    普段の自転車を考えると、私もきっと坂馬鹿だと思います。

    地元に距離は短いですが勾配が15%を越える坂があり、

    ひぃひぃ言いながら登りました。

    坂には登ったあとのやりきった感があります。

    途中で降りて押して行こうかなって誘惑もあるんですが、

    征服してやる!って気になります。

    まぁダンシングで頑張っても

    頂上付近ではほとんど止まりかけですけど。

    なので坂馬鹿の気持ちは分かります。

    栂池での礼二と大作のレースも面白かったし、

    和解できたのも良かったです。

    ただ、礼二のADHD設定。

    書くならもう少しでいいからちゃんと書いて欲しかった・・・。

    ADHDなのが駅伝やチームで走る事を嫌がる理由なんだと思うけど、

    その設定を活かしきれてない気がする。

    それならただ単にひねくれてるだけのほうが良かったかも。

  • うーん。

    心理描写がぜんぜんなく、ちょっと稚拙な感じ。
    ただセリフを並べれば小説になるとでも作者は思っているのだろうか。。。
    プロットも粗く、展開もベタベタ。ベタなりに楽しめはするんですけど。

    内容は、退学中退した主人公が、遺品であるロードレーサーに乗ってヒルクライムのレースに出るというもの。
    自転車小説でなければ、読まなかっただろうなー。

    あと、これは個人的なんですが、教条的なおじさんがきらいなもので、前半部分はそれが目につき読むのが苦痛でした。

  • とても面白い自転車小説でした。
    高千穂遥は久々に読みました。

  • 自転車レース坂バカのストーリー。わかるような、わかんないような感じかな。自転車は楽に乗りたいな♪主人公のラブホ話はいらない。
    2011.6.16

全47件中 1 - 25件を表示

ヒルクライマーに関連する談話室の質問

ヒルクライマーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヒルクライマーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒルクライマーを本棚に「積読」で登録しているひと

ヒルクライマーの作品紹介

自転車で峠に登る…容赦のない疲労困憊…いったい何が楽しいのか?死ぬほど苦しくてもペダルを漕ぐのを止めない。その面白さに取り憑かれた人々は、自らを「坂バカ」と称する。彼らはプロのレーサーでも何でもない。メタボに悩む中年サラリーマンなど、ごく普通の人々だ。そして本書著者もまた、坂バカの一人。長い坂を登りつめた果てに何があるのか?その答えがここにある。本書はスポーツ冒険娯楽小説"日本初の本格ヒルクライムレース小説"であると同時に、愛すべき坂バカたちそれぞれの人生の疲れと傷みが、歓喜に満ち溢れて癒されていく魂と肉体の再生の物語でもある。

ツイートする