ヒルクライマー

  • 236人登録
  • 3.41評価
    • (13)
    • (40)
    • (46)
    • (4)
    • (8)
  • 49レビュー
著者 : 高千穂遙
  • 小学館 (2009年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862479

ヒルクライマーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 登場人物が多く、皆にそれなりのエピソードを盛り込む為に逆に誰にも感情移入がし難い
    1冊で終わらせるなら大作か礼二のみの視点で書いた方が良かった気がする

  • 中学時代、夢中になったクラッシャージョーの作者。自転車に乗るようになって、オッさんデビューちゃりダーの先駆者として再発見。でもって、自転車、しかもヒルクライムで書いてる事に驚き、早速読んでの感想は、自転車乗り中年は大作の暮らしに憧れ、礼二の若さを懐かしむってとこで満足出来るでしょう。残念ながら自転車に馴染みが無い人は、スペースオペラ以上に無理でしょう。

  • しばらく映画ばっかり見てたので読書から遠ざかっていました。
    久々に読んだ本、
    面白かったです。
    私は自転車に詳しくないので細かい部分はわかりませんが、無性に坂を登りたくなりました。

    自転車好きじゃなくてもそれなりに王道のストーリーなので楽しめると思います。

    まぁ、ストレートな展開です。

  • 自分に重ねて読んだ。いくつか共通点があり身に詰まるような展開も(笑)
    ロードバイクに乗らない人には分からない苦しい楽しさは共感できる。

  • 高千穂遥といえば「クラッシャージョウ」や「ダーティーペア」などの数々のヒット作を手がけた作家ですが、まさか自転車の作品を描いているとは思えませんでした。
    どうやら、40代でメタボになり、その体質改善のために自転車を始め、それが高じてヒルクライム(坂上り)にはまった実体験をベースにフィクション小説を書いたのがこの本のようです。
    どうりで、かなり自転車の専門用語がポンポンと出てくると思いました。
    作品は私の好きな近藤史恵の「サクリファイス」シリーズを彷彿とさせますが、病死した親友に自転車を託された主人公が、いろいろな人と出会い、サポートされながらヒルクライムの世界にどっぷりはまっていき、最後にはトップヒルクライマーに成長する過程を描いている話です。
    登場人物がいろいろな経歴だが皆、ヒルクライムに熱い想いを持っているのが面白いのと、作者のヒルクライムへの思い入れを深く感じる話ですね。
    作者を投影したような登場人物も出てきて、自転車に対する作者の熱い想いが話しに臨場感を与え、ぐいぐい話しに惹きこまれますね!

  • ある青年が自転車に乗り始めて、ヒルクライマーとして大きくなっていく姿を中心に、でもそこには必ず自転車という無機質で無慈悲な相棒がいる、自転車乗りでなければわからない世界が広がってます。
    読み物としては良くも悪くも起伏が無いというか、ベーシックな流れだったと思う。自転車の話も知っていないとちょっとイメージできない内容が多かった気がする。でも、自転車知ってる人、乗っている人なら共感できる部分が多いんじゃないだろうか?
    坂を上る感覚、足が悲鳴を上げる、喉の奥が熱くなる、それでも歯を食いしばってペダルを踏む・・・。
    息遣いもそうだけど、走っている最中のもどかしい気持ちがよく伝わってきました。
    読み終わって自転車に乗りたくなる本です。

  • 物語だったのね。早く自転車乗りたい。

  • 巻末にて、著者自身が語っていたように、ストレートな物語だと思った。
    自転車、特にヒルクライムについて書かかれているので、どうしても一般には馴染みのない言葉がどうしても多くなる。
    自分は、通勤にクロスバイクを使っているので、多少の知識はあったが、それでも知らない単語は多く目にした。
    その分、物語は分かりやすく、ストレートに書かれたのだと思う。
    だがやはり、自転車に興味のない方よりは、自転車に興味のある方へおすすめしたい一冊。

  • 本作を絶賛したくなるのはロードバイクに乗っているせいだろう。物語としてはそれほど凝ったものではないが素直に楽しめた。文章にもスピード感がありよかった。最後は父娘の関係も修復し涙が出るほどのハッピーエンド。それがまたいい。

  • 自転車小説。自転車にちょっと興味を持ち始めてたので読んでみる。自分ちの近くも練習コースとして出てきたりでなかなか楽しかった。まぁストーリーは簡単で深い物ではないけど、自転車テーマという稀有な小説ということでいいんではないかと。自転車ヒルクライムという新しい世界を見せてくる作品。会社にものめりこんでる人がいるけど、ここまでではないかな。でも既婚者が趣味にのめるこむと家庭が崩壊するという妙にリアルで怖い話でもある。。

全49件中 1 - 10件を表示

高千穂遙の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヒルクライマーに関連する談話室の質問

ヒルクライマーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヒルクライマーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒルクライマーを本棚に「積読」で登録しているひと

ヒルクライマーの作品紹介

自転車で峠に登る…容赦のない疲労困憊…いったい何が楽しいのか?死ぬほど苦しくてもペダルを漕ぐのを止めない。その面白さに取り憑かれた人々は、自らを「坂バカ」と称する。彼らはプロのレーサーでも何でもない。メタボに悩む中年サラリーマンなど、ごく普通の人々だ。そして本書著者もまた、坂バカの一人。長い坂を登りつめた果てに何があるのか?その答えがここにある。本書はスポーツ冒険娯楽小説"日本初の本格ヒルクライムレース小説"であると同時に、愛すべき坂バカたちそれぞれの人生の疲れと傷みが、歓喜に満ち溢れて癒されていく魂と肉体の再生の物語でもある。

ツイートする