寂しい写楽

  • 97人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (9)
    • (26)
    • (9)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 宇江佐真理
  • 小学館 (2009年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862509

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
池井戸 潤
三浦 しをん
宇江佐 真理
畠中 恵
畠中 恵
宇江佐 真理
宇江佐 真理
宇江佐 真理
宇江佐 真理
宇江佐 真理
有効な右矢印 無効な右矢印

寂しい写楽の感想・レビュー・書評

  • 「寂しい」という言葉がぴったりくる、読後感になんとも言えない寂寥が滲む
    小説でした。

    夏に浮世絵について勉強したので、それにひかされてこの本を手にしたのです。

    松平定信によって断行された改革によって大打撃を受けた
    浮世絵や戯作の世界で生きる男たちが主人公です。

    版元の蔦屋重三郎も、戯作者の山東京伝や滝沢馬琴も
    絵師である葛飾北斎や東洲斎写楽も実在の人物ですが
    それぞれの関係は史実とフィクションが入っています。

    改革によって打撃を受け、江戸の書肆の中では筆頭であった蔦屋を
    去った歌麿の穴を埋めるべく登場した写楽の大首絵。

    それは様々な戯作や絵画でめしを喰う男たちの力を合わせた
    華やかな時代をもう一度呼び起こそうとするものでした。

    写楽の特異な役者絵は当たらず、彼らは幕府の圧力を感じながら
    こらえきれず去ったり、新しい才能を温めて世に出ようとする。
    そういうお話でした。

    新しい才能が育っても、もうあの華やかな世は帰ってこない。
    確かに時代は移ろってゆくんだ。

    その寂寥感と痛みが、とてもほろ苦く感じる小説で
    宇江佐さんの小説の中では異色のものかもしれません。

    読後感の一抹の重さを考えると、今の気分にはちょっとつらくて
    あまり高い評価はつけていません。

    悪い小説ではないのに、この苦しさはなんでしょう。
    私にもよくわかりません。

  • あらすじ(Amazonより)------------------------------
    寛政3年、改革令に触れて、版元の耕書堂蔦屋重三郎は手鎖50日、身代半減の刑を受けた。
    それでも蔦屋は、幕府の倹約令に反旗を翻すように、多色の雲母摺りで歌舞伎役者の大首絵刊行を試みる。
    絵師に選ばれたのが、東洲斎写楽。本業は能役者で斉藤十郎兵衛という男だった。大量出版のため、
    助っ人に借り出されたのが、山東京伝と、のちの葛飾北斎と十返舎一九。
    世間をあっと言わせようという蔦屋一世一代の大勝負だったが……。

    ---------------------------------------------------------

    写楽の物語というよりは、蔦重や葛飾北斎や十返舎一九といった江戸の出版業界に関わった人たちの物語。

    江戸の人たちの“乙”とか“粋”とかの独特の文化や考え方がかっこいい。
    江戸の、華やかで平和で粋で乙な空気感が好きです。

    山東京伝はわりと濃い目に描かれていたけど、北斎や一九の人物像ももうちょっと深く知りたかったな。

  • 寛政の改革でお上に処罰を受けた板元蔦谷重三郎、劇作者 山東京伝。破門された葛飾北斎、江戸へ逃げてきた十辺舎一九。

    辛酸を舐め、苦難の真っ只中の人々が
    謎の人物写楽に己の人生の再起を賭ける。

    結局写楽で一矢報いることはできなくとも、その失敗を機に皆後世に名を残す人物となりえたところが面白い。

    果たして皆をつないだ写楽とはなんだったのか。
    非常に興味がそそられる。

  • 宇江佐にしては、情緒がない。

  • タイトルに「写楽」がつくが、写楽はメインではなく、むしろ残念な扱い。かといって、当時活躍していた蔦屋などの面々が輝く活躍をしているでもなく、わりと淡々とした内容。北斎はいいキャラしていた。

  • 写楽とは何者ぞ?を探りながらも、
    どちらかというと、とりまく人達の物語が中心だったので、
    ガッツリと写楽に迫ってほしかったとのがっかり感が。

    しかし、
    「寂しい写楽」とは、うまい!
    蔦谷重三郎を筆頭に写楽をとりまく歴史上の大スター達の不思議で運命的な縁、
    その繋がりの中で、各人それぞれの生き方を肯定しつつも写楽と同じ”寂しい”を抱えている自分を感じる点に、
    この物語の面白さを感じました。

    文体が解説的だったのが物足りなく、文章に”艶”が欲しかった。

  • 期待した写楽の謎解きではなく、蔦屋の周辺の人々、山東京伝、十返舎 一九、北斎、歌麿などの物語。才能は才人との交流によって磨かれる。そしてそれらの人々は孤独な運命を何故か自分に引きこんでしまう。ここでは松平定信の改革はボロクソの扱い、少しかわいそう。

  • 何とか読み切った‥もうすぐある美術展には興味わいたけどな。

  • 宇江佐さんはやっぱり短編の方に冴えがあるのかなあ。
    女性がひとりでも登場するともっとふくらんだのに。

    とはいうものの、宇江佐さんの新作は読まずにはいられないのですが。

  • 歌麿とか写楽とか北斎と言った江戸時代の作家達のお話。それぞれの話が淡々と続く。山本一力みたいな波瀾万丈もなく、実に淡白な江戸市井日記といった感じ。ちょっと退屈でした。

  •  閃光のように瞬いた謎多き写楽を巡る時代小説。

    写楽には色々な説がある。欠かせない蔦重を中心に、写楽を成立させるための影の協働者に十返舎一九、北斎、京伝を配し物語りを構成する。写楽は金に不自由している能楽師との設定もなんだかなあ。
    「寂しい」という言葉は、世をすねてちょっと金かぜぎに手助けする売れない戯作者、浮世絵師、そしてアルバイト(写楽)のこと。

    ウエザ世話物を楽しんできた私としては、あまり乗れない時代物でありました。

  • 板元の蔦屋重三郎を中心に、
    写楽の影武者となった伝蔵(山東京伝)、
    春朗(鉄蔵のちの葛飾北斎)、
    幾五郎(のちの十返舎一九)
    の物語。

  • 若かりし日の葛飾北斎、山東京伝、滝沢馬琴達が歌舞伎役者の大首絵刊行の絵師、写楽の助っ人となって版元一世一代の大勝負に加わるのだが…肝心の絵の売れ行きは…???創作に関わる者達のこだわりや現実、人生をほろ苦く描きながら「写楽」に関わる人々を通して江戸時代の洒落や文化に触れることができた作品。何ともいえない諦観のような読後感がまた独得でしんみりと後を引く。

全14件中 1 - 14件を表示

寂しい写楽を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

寂しい写楽を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする