凍原

  • 129人登録
  • 3.29評価
    • (6)
    • (18)
    • (31)
    • (9)
    • (1)
  • 24レビュー
著者 : 桜木紫乃
  • 小学館 (2009年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862646

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
辻村 深月
沼田 まほかる
桜木 紫乃
桜木 紫乃
桜木 紫乃
池井戸 潤
角田 光代
東野 圭吾
湊 かなえ
東野 圭吾
桜木 紫乃
湊 かなえ
横山 秀夫
湊 かなえ
東野 圭吾
米澤 穂信
桜木 紫乃
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

凍原の感想・レビュー・書評

  • 釧路で起こった現代の殺人事件を追う女刑事と、終戦時に樺太から必死の思いをして本土に渡った女性、2つの視点で物語が交互に描かれていく。

    北の寒村が舞台というのは作者の代名詞にもなっていて、そこには幸せとはほど遠い女性が似合う。本作にも、感情を鈍らせることでしか生き延びることのできないような環境に置かれた女性たちが登場する。ミステリーとしてはやや遜色はあるものの、女性の生きざまという点ではやはりうまいと感じた。
    湿原にぽっかりと空いた谷地眼が印象的で、妙に恐ろしかった。

    すでに文庫化していて、それには出版社の都合だろうけれど安易なサブタイトルがついているようで。本書は図書館で借りたが、もし何とかサスペンスのようなサブタイトルの文庫を書店で見かけたら、手を伸ばすのを躊躇したかもね。

  • 幼少時に釧路湿原で失踪した弟を持つ女刑事が追う、青い瞳の日本人青年の殺害事件、そして終戦間際の樺太から留萌、札幌を経て現在の釧路に至る女性たちが綾なす物語。
    ミステリーのようでいて、実際には謎はそれぞれの登場人物をより深く描くための道具にすぎないという気さえする。感想を言葉にする以前にあらすじを書くことさえも難しいものの、読み進めることが快という意味では疑いなく良い読書体験だった。
    『ラブレス』を読んでから遡ること数作、敢えてぽつぽつと既作を追い、新刊を待ちわびる辛さからは逃れたい作家の一人となった。

  • 弟が釧路湿原で行方不明になった。湿原に呑まれて死んだと思われた。
    年が流れ、姉は刑事となり釧路に着任。湿原で発見された青い目の男の他殺事件を担当することになる。
    物語は遡って、終戦時の樺太からの引き揚げの場面に移る。母も妹も失ったキクは従兄に犯されるが、その従兄に促され引き揚げ船に乗る事にする。
    過去と現在が交錯しながら話は進む。
    姉である刑事は、自分が暮らしているのは濁って陽の光の届かない水の中だと思っている。この物語の文体も鬱鬱とした印象ではある。

  • 2015.02.12
    期待を持って読み始めたけど、何だか先に進むのが楽しみでない感じになってやめようかな、と。でもこうやって書き始めると、やっぱり手に取って選んだ縁ある本なのだから読んでみるかと•••。

  • 圧倒的存在感を放つ・キクを軸にしながらも、美しい草花の裏に見え隠れる毒草の陰。章が進むごとに各キャストの生い立ち・生きざまも重みが増し、見事に核心に迫っていく。現在も変わらぬ釧路湿原の風、流れ込む冷たい水が冒頭から一貫し、もの暗さの大きなベールで包む。捜査、人間臭さ、道北の歴史など深みのバランスがとれた良作♪。

  • 文庫化に当たってはサブタイトルがついたようで、そちらはもうタイトルから「警察ミステリーだな」とわかる感じですが、こちらは開いてみるまではわからぬ感じでなかなかいいです。
    装丁も、そしてこのタイトルも読後にしみじみと染みます。

    なかなか構成も考えられているし、下調べなどにも大変な労力を費やしたのだろうなと感じますが、あそこであの人があれを使って殺害を実行するのは無理があるのではと個人的には感じました。ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんがそこに関しては突っ込みたいことが満載です。

    しかし、いまや直木賞作家となった著者の過渡期の作品とみれば、官能作家といわれたその部分と、そことは違う路線を開きたい著者の本心との折り合いを模索するべく野心的に書かれた作品なのではないかと見ることも出来そうです。
    そのような見方からこの作品を読むならば一段と興味深く読めるような気がします。

  • 暗重な雰囲気がつきまとってるけど、面白かった。

  • この作者らしい重い雰囲気を持った、けれどそれがとても読んでいてしっくりくる作品でした。ただ刑事モノにしなくてもよかったような気もします。

  • 湿原で起きた殺人事件と、数年前の男児の失踪と、その姉である女性刑事と。背景は重いのに、詩のような美しい文章が心地よかったです。

  • 別の時代を生きるふたりの女性のお話が交互に語られていくが、戦時中の樺太からの引き揚げ者の話がとても臨場感あふれてて面白かった。
    女性の心理描写がうまい作家さんでした。

  • 湿原の話や、隔世遺伝、人探しなど途中までは、興味深い要素で強く惹かれたのですが。個々のキャラクターに統一性がないというか、イメージしにくかったです。彼らの行動に必然性が感じられないというか。

  • 17年前に小学4年生だった弟が行方不明になった湿原で若い男の遺体が発見される。刑事となった姉が事件を追うことでパンドラの箱が開かれ、封印されたはずの過去が溢れ出す。

    この作家さんは、荒涼とした北の大地で苦しい時代を生き抜いた女の描き方が絶妙。
    あいかわらず登場人物には全く共感できないが、気がついたら惹き込まれていた。

  • 樺太から必死の思いで引き上げてきた女性や、戦前の古い価値観のままに嫁を人間として扱わない、酷い夫や姑に虐げられてきた女性の話が、現代の殺人事件である青い目をした日本人の被害者の話とつながっていき、その事件を追う女性刑事の、幼くして釧路湿地の谷地眼で亡くなった弟の事故とも絡み合い、ページを繰る手が止められない。だがその結果、加害者として捕まった青年はやりきれない程に哀しい。

  • 暗い。ちょっと筋がわかりにくい。

    それどうなったの、これからどうなるの。ちょっと中途半端な終わり方だった。

    でも、北海道が空き、釧路が好きな自分には楽しめた。
    しかし、湿原は怖いところなんですね。今年、湿原に行ってみようと思っているのだが、やめようかな。

  • 読み進めるたび、確認の為こんなにページを戻った本は初めて。
    戦後を生き抜いた一人の女性のドラマと現代の殺人事件、2つ話が交互に進みそこに、担当刑事の忘れられない事故が絡んでくる。よく練り上げられた最後には納得。この作者の本は二冊目だが気持ちより頭で読ませるな・・・・

  • 2009年の書き下ろし作品。

    この重たさが好きだ。

    青い眼をした車のセールスマンが、納車先の釧路で殺された。
    事件を追うのは、17年前に湿原で小学生の弟が行方不明になった女性刑事。

    そこに何の脈絡もなく、終戦直前のロシアの対日参戦による樺太からの脱出物語が挟み込まれ、次第に重なっていく。
    後半は意外な展開となり、最初へと戻っていく。

    樺太からの逃避行や、戦後の留萌の農村の生活の物語は、ずっしりと重い。
    『ラブレス』も重たいが、直木賞候補となるのに十分な重さだ。

  • 何だか「つながっている」のか「つながっていない」のかよくわからなかった。
    リンとの話は、要らないような…。

  • 根室などを舞台とした作品です。

  • 題材やそれぞれの内容は面白いけれど、それらの繋ぎ方が少々雑。余りに影が薄い主人公と、舞台になる土地の描写が残念。裏をかこうとして逆に魂胆が透けて見える。

全24件中 1 - 24件を表示

凍原に関連する談話室の質問

凍原を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

凍原を本棚に「積読」で登録しているひと

凍原の作品紹介

湿地に足を取られて死んだ者は、土に還ることも出来ず、永遠に水の中を彷徨っている。釧路湿原で発見されたサラリーマンの他殺死体。被害者が開けてしまったのは、64年も前に封印されたパンドラの箱だった。

ツイートする