せきれい荘のタマル

  • 278人登録
  • 3.36評価
    • (9)
    • (49)
    • (64)
    • (12)
    • (3)
  • 63レビュー
著者 : 越谷オサム
  • 小学館 (2011年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862974

せきれい荘のタマルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  本書を読み始めたきっかけはシチュエーション。浅川、高幡不動、聖跡
    桜ヶ丘に京王線、多摩都市モノレール、秋川でのバーベキューなど完全
    に地元です。

     越谷オサムさんの本は、陽だまりの彼女に続いて2作目。東京郊外の
    大学に入学した石黒寿史と同郷の法村珠美(のりたま)。 寿史は珠美
    への想いに同じ映画研究部に入るも、そこには単純、一直線、周囲の迷
    惑も省みず、おせっかいな親切のシャワーを浴びせかける先輩のタマル
    が……。3人を中心にドタバタの青春活劇が展開していきます。

     浅川のサイクリングロードを、無駄に元気よく走るタマル君の姿が目に
    浮かびます。郊外の緑豊かなところで野鳥もたくさん、シロサギやらカワ
    セミ、もちろんセキレイもいます。本当に気持ちの良いところですよ。

     高幡不動なら門前の饅頭屋さんを出していただきたかったので★1つ
    減点(smile)。

  • 冒頭───

    「おはよう! 元気?」
    笑顔の中に大きな犬歯を光らせてタマルが片手を挙げた。
    石黒寿史はあくびを噛み殺し、今にも閉じそうな目で相手の格好を眺めた。高校の体育の授業で着るような、水色のジャージの上下を身に着けている。実際、母校のものなのかもしれない。
    こうして玄関の上がり框に立って大学の上級生と向かい合っているのが現実なのか、それとも夢の続きなのか、いまひとつはっきりとしない。しつこいノックに苛まれて布団から這い出した覚えがあるにはあるので、たぶん現実なのだろう。
    「どうも、おはようございます」
    寝起きのかすれ声で挨拶する。下げた頭の芯が揺れるような感じがするのは、ゆうべ隣室で飲まされた日本酒のせいだろう。

    越谷オサム三作目(読むのが)。2011年1月初版。
    静岡から東京の大学に進学してきた石黒寿史は映画研究部に入部し、部の先輩である新潟出身の田丸大介と同じ『せきれい荘』に住むことになった。
    同郷で同じ部に所属する法村珠美に秘かな恋心を持つ寿史だが、なかなか事はうまくはこばない。
    常にマイペースのタマルに振り回される寿史の毎日。
    そのうえ、部室から8ミリカメラが紛失したり、怪しいサークルに勧誘されそうになったりとアクシデントが寿史に降りかかる。

    『階段途中のビッグ・ノイズ』がすごく良かったので、この青春物も読んでみたのだが、これは今一つだったかな。
    どたばたの面白青春物とでもいうべきか、テレビドラマかマンガのような作品だった。
    ちょっと底が浅すぎる。
    越谷オサムは、私にとって当たり外れがありそうだな。

  • 静岡から上京してきた寿史は、好きな女の子 のりたまを追い掛けて映画サークルに入ったが、タマルというお節介な先輩に懐かれてしまう。
    その上、タマルものりたまを好きになり、猛アタックし始めて..というお話。

    「タマルめく」(タマルの影響を受けてタマルの動作を真似てしまうこと)という言葉が気に入りました。

    それと、「そうじゃない」を否定しようとしてタマルが発した「そうじゃある」という言葉もお気に入り。

    タマルがここまでお節介なのは、母親の件があって後でああすればよかったこうすればよかったと後悔したくないからという後天的な理由があるけど、人から取り上げたケータイを思わず投げ飛ばして水没させるあの勢いは生まれついてのもののようでした 笑

    タマルみたいな人が実際に身近にいたら疲れるし面倒なんだろうけど、嫌いだとか憎いという感情は湧かないんじゃないかなと思いました。

  • 相変わらず越谷さんの書く「ちょっとイケてないカッコイイオトコの子」を書かせると天下一品だなー。全く無意識に周りをかき回す天然迷惑オトコだけど、ここまでまっすぐだといっそ清々しい。学生時代が懐かしい。タマルと一緒にわいわいやりたいなー。

  • こんな先輩いる。
    この作者の話は音楽絡みの方が好き。

  • 著者作品の中では全体的にキャラの印象が薄めな感じがしたこともあり★4つにしてしまいましたが。

    傍からはバカって見えるくらいに正直で真っ直ぐってのは、憧れの生き方の1つなんだろうね。読んだことのあるそういうストーリーの幾つかが、読み進める中で頭に浮かんできました。

    ビルドアップ走のようなテンポアップに、今日はこのへんまでと決めていたのに思わず一気読みでした。

  • 舞台は(都内ではあるが)郊外の私立大学。
    いい奴だけど、どうもおせっかいが過ぎる男子大学生・タマルと、タマルに毎度振り回される後輩・寿史が繰り広げるなかなか熱くるしい、ドタバタ学園コメディー。

  • どたばた青春小説。
    楽しかった。
    大学時代を思い出す。
    身近にいたら大変だが、読む分にはタマルは面白い人。メカ好きののりたまや、ダブル鈴木など、周りも楽しい。
    学生時代を思い出す。タマルの全力疾走の理由にはぐっときた。
    個人的には、大学の設定がツボ。
    地理その他の条件が、うちの大学としか思えない。

  • いらっとするけど憎めないのは
    きっとタマルがちょっとだけうらやましくて、
    彼に近づきたいからだと思う。

    なつかしい学生時代。

  • タマルパワーに圧倒されまくり。
    すごくよかった。

    大学1年生の寿史は、
    ボロアパート「せきれい荘」に住んでいる。
    隣人はあの田丸大介だ。
     社交辞令が通用せず、
     場の空気も読まず
     やたらおせっかい。
    サークルの先輩でもあるタマルに、寿史は引っ掻き回されっぱなし。
    さらに寿史の思い人にタマルが恋してしまい…
    寿史のキャンパスライフはどうなってしまうのか??

    自分は空気ばかり読んでしまうので
    お節介な行動はできないタイプ。
    だからタマルは完全に理解の範疇外なのですが
    読み進めていくと、なぜタマルがここまで異常にお節介なのかが明かされていきます。
    非常にポリシーがわかりやすく、納得。

    横道世之介は100人に5人くらいほしい。
    タマルは100人1人くらいでいいや。
    でもそうすれば、絶対世界は平和になる。笑

    のりたまの最後の告白には、「え゛っ」って声が出てしまった。
    身近な人に、この本読ませて、
    「タマルめいてきたね」って言いたい。笑

    展開が早いわ、タマルが強烈だわ、
    あっという間に読み終わってしまった。
    他の越谷作品も読みたい!!

全63件中 1 - 10件を表示

越谷オサムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

せきれい荘のタマルを本棚に登録しているひと

せきれい荘のタマルを本棚に「読みたい」で登録しているひと

せきれい荘のタマルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

せきれい荘のタマルを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする