ほんとうに誰もセックスしなかった夜

  • 26人登録
  • 2.22評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : 唯野未歩子
  • 小学館 (2011年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863148

ほんとうに誰もセックスしなかった夜の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私のレビューは総じて女性作家の作品は低いのですが、これも駄目でした。
    理解できる部分はあるのですが、ほとんどは無理です。
    ちょっと設定に無理があるのでは??
    そもそも正規雇用でない教員が、このように絵を描き、エレベーターのある部屋に住めるのでしょうか?
    あら探しのようですが、?でした。

  • どこか何か足りない感じ。あのひとが求めていない以上、わたしはここにいるしかない・・・そういうことなのよねぇ。

  • 読んだ時のリズム感は良いと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

唯野未歩子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ほんとうに誰もセックスしなかった夜の作品紹介

わたしは、この世でたったひとりしか愛さない。-年上の妻ある男性を愛しつづける美術教師。女優にして映画監督、ジャンルを超えて活躍する俊英が、繊細で壊れそうな至純の愛を描いた書下ろし長篇小説。

ほんとうに誰もセックスしなかった夜はこんな本です

ほんとうに誰もセックスしなかった夜のKindle版

ほんとうに誰もセックスしなかった夜の文庫

ツイートする