モンスターU子の嘘

  • 359人登録
  • 2.82評価
    • (3)
    • (22)
    • (85)
    • (41)
    • (8)
  • 73レビュー
著者 : 越智月子
  • 小学館 (2012年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863209

モンスターU子の嘘の感想・レビュー・書評

  • 女性誌の書評を読んで、気になって手にしました。
    確かに、一気に読み進めるほどに面白い。しかし、面白いだけに「最後にものすごい大どんでん返しがありそう」と あらぬ期待をしてしまい、「…終わっちゃった?これで?」という感じでした。
    ちなみに、図書館で借りたので 不評の帯は読んでません。

  • この先に何かあるに違いない、と思い続けたまま、最後までいってしまった。結局何もなかった。。。。
    いったいなんのために書いた小説なのだこれは。
    くっだらねぇ。

  • 読み終わり、何を思えばよいのか。だれにも感情移入できないし、何もスッキリもしない。でも読み進めるのは楽しかった。詩子の、音子の、底をライターの蒲田が解放してくれるかと思い読み進めたのに、けっきょくわからなかったのは、残念だけど。読者も、詩子の闇に絡みとられる気持ちを味わえということなんだろうか。

  • 詩子さんに魅力を感じなかったな~

  • よくわからなかった。

  • ぐんぐんひきつけられる
    騙されている、と分かっているのに抗えないってあるのだろうか

  • いったい詩子のどの部分が本音で本心なのか、どの部分が嘘なのか私はわからなかった。全部嘘にも思えるし、真実っぽくも思える。詩子が悪女すぎてコワイ。ほ〜んと獲物を糸で絡め取るクモみたい。世の中ナメきってるのかなぁ、そりゃそうだよね、これだけ何でも自分の思い通りにできちゃうんだから・・・。肝が据わっているから、たぶんこれからもず〜っと詩子は負け知らずなんでしょ?。

    なぜ人々が彼女に惹きつけられるのか、正直なところ、文字だけでは詩子の魅力というのは感じられなかったけど、とにかく存在感があって影響力のある人だということはわかった。

  • 服役中、出所後、そして若かりし日の詩子。
    本当の彼女は純粋で優しい女性なのだろうか。
    変わってしまった悪女の詩子が最後に呟くひとことに本来の姿が垣間見える。
    中盤が中だるみ気味で飽きてしまったので、もう少しドキドキするようなエピソードが散りばめられていても良かったかな。

  • タイトルが気になって借りて見たが、胸糞悪い作品である。詩子の人心掌握術が末恐ろしい。娘の将来も心配である。詩子のどこに人は魅了されるのかわからないけれども、気付けば、いつの間にか、すっと心に入り込んでくるそんな恐ろしい女なんだろうと思う。そういうのが一番怖いね。2013/100

  • どうしても最後にオチを求めたくなる…。でも詩子ほどヒールだと逆にすがすがしい。

  • プロローグで終わった。

  • えらく最後がやっつけくさい終わり。
    もう少し書き込んで、オチがうまくつけば面白くなりそうなのに。
    この人の本はいつも自己満足の世界か。


    そんなにすごく感じない主人公の造形がいちばんアレかな。

  • これがノンフィクションならまだ良い。
    フィクションだから消化不良。何が言いたいんでしょうか。
    ただただ不快だなと思うだけの内容がツラツラと書かれています。そして盛り上がりもないまま終わります。

  • 出版社の宣伝に乗せられた!ミステリでもなかった!ただただ魅力的なU子に周りが翻弄されると言う話。そして何が嘘なのか私にはわからなかった。そりゃ色々と話を盛っているでしょうけども、私にとってそんなに大した嘘でもないと思った。

  • 品がなく、軽すぎてダメでした。

  • モンスターの詩子を巡る人々の昭和から平成にかけての1年間を描いた作品。
    結構読みやすいと思いました。
    一流銀行員であった幸恵、死んだ刑事から頼まれた週刊誌ライターの蒲田の目からU子像を探っていきます。
    本当のU子は最後の一行に現れているのかもしれません。

  • とても読み易く、最後の1行まで読まないと解らない、U子の嘘。登場人物も、そして読んでいる私も騙され続けました。彼女の本心はどれなのか?情景の描写も分かり易くて、久々に一気読みしました( ^ω^ )

  • それで?・・て作品だった。

  • 文章はとても読みやすく私好み
    すいすい読める感じはgood

    がしかし、U子が何物かは不明のまま。周りの人々は結局U子に絡めとられてる。誰も逃れられません、U子様からは!
    ...てことで納得すればいいのか?

    最後は「これで終わりかい!」と思わずつっこんでしまった。

  • ようはなんやねん。っていう話。
    悪女、妖艶、裏の世界、力のある男を虜にして、魅力がある、、、、事はよーく分かった。

    ゴールが分からない。ストーリーがもうちょっと欲しかった。伏線も回収して欲しかった。特に、死んだ寺本君。。。

  • 服役囚で赤坂にあった高級クラブ・エルドラドの元人気ホステス。
    彼女に捜査情報を漏らしたあげく死んでしまった友人に頼まれた言葉「あの人のことを頼む」。
    仕事や妻を裏切った男に言われた言葉に惹きつけられるように蒲田は彼女に接触する。

    彼女の力がどこからくるのかと迫る週刊誌のライター・寺本と、収監されながらいつの間にか力を持っている詩子と二つの視点を交互に描いていて、これは何かあるぞ、何かあるぞとグイグイと読み進められるのですが……
    んんっ、これだけですか?

    引っ張って引っ張ったけど、詩子自身の怖さが最後まで見えなかったなぁ。
    「超弩弓の悪女エンタテイメント!」と帯で煽るほど楽しめなかったし納得できなかったな。残念。

  • 悪女物語

    ルポライターが追うというのは常道のスタイル。


    面倒な叙述トリックがなかったことは評価

  • 昭和の最後のきらめき?
    バブルの日本の話です。
    その時代を生きてきた人は、ああ、これはあの事件だなとか
    あの人がモデルなんだなと思えて面白いかもしれないです。
    その分、平成生まれは、ふーんで終わってしまうかも?
    今、この時に、この本が出たのは、何か狙いがあるのか。
    訴えたいことがあるのか。
    それが、自分には読み取れなかったです。(世代的にずれてるか?)
    これは、次なる事件の序章扱いなのでしょうか?

全73件中 1 - 25件を表示

モンスターU子の嘘を本棚に「読みたい」で登録しているひと

モンスターU子の嘘を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モンスターU子の嘘を本棚に「積読」で登録しているひと

モンスターU子の嘘の作品紹介

男も女も、なぜ、この女に騙されるのか。超弩級の悪女エンタテインメント。

ツイートする